2010年08月18日(水)
  
ロック・シーンを変えたボン・ジョヴィの大ヒット作、全米発売
ボン・ジョヴィ / 1986年)
ロック・シーンを変えたボン・ジョヴィの大ヒット作、全米発売
ボン・ジョヴィの出世作『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ(Slippery When Wet)』が米国で発売となる。この時期、本国での人気は日本ほどではなかったが、今作が日米のみならず世界中で特大ヒット。ポップでキャッチー、洗練されたプロダクションのハード・ロックは、メタル・ブームを決定的にし、ロック・シーンに旋風を巻き起こした。その影響力はファンや後続のバンドのみならず、エアロスミスなどのベテランまでが同じ手法を取るほどだった。
−2006年07月25日作成−
レッチリ、初のライヴ・アルバムを発売
レッチリ、初のライヴ・アルバムを発売
レッド・ホット・チリ・ペッパーズがライヴ・アルバム『ライヴ・イン・ハイド・パーク』を日本でも発売に。すでに20年に及ぶキャリアを誇っていた彼らだが、ライヴ盤のリリースは初めてのことだった。収録されたのは2004年6月、英国はハイドパークでの公演。10万人もの観衆を前にした圧巻のパフォーマンスが、CD2枚にわたりパッケージされている。あのグルーヴは、ライヴでその魅力を倍増することに。さすがの充実ぶりと評判になった。
−2007年07月26日作成−
80年代のカリスマ・吉川晃司、この世に誕生す
吉川晃司 / 1965年)
80年代のカリスマ・吉川晃司、この世に誕生す
広島市生まれ。世界ジュニア水球選手権大会の日本代表に選ばれ、最年少選手として海外遠征に参加。その後、カキの養殖工場でバイトしたお金でギターを購入し、バンド〈はまちバンド〉を結成。そして、吉川自ら「広島にすごい奴がいる!」と、渡辺プロダクションに手紙を出し、芸能界にスカウトされる。冒頭の吉川の大胆な泳ぎっぷりが話題にもなった初主演映画『すかんぴんウォーク』の主題歌にしてデビュー・シングル「モニカ」は、発売早々にヒットを記録した。ちなみに、同じくイニシャルKKの大物・清原和博(プロ野球)もこの日が誕生日(1967年)。
−2000年07月14日作成−
舞台から落ちても這い上がる、不屈の歌姫KEIKO誕生
KEIKO(globe) / 1972年)
舞台から落ちても這い上がる、不屈の歌姫KEIKO誕生
globeのVo.KEIKO、大分県臼杵市の料亭「山田屋」の次女として生まれる。地元のちびっこのど自慢で「帰ってこいよ」で優勝し、この頃から歌手を志す。しかしその後、数々のオーディションを受けるが落選。実家をつぐために歌手をあきらめかけていたがユーミンのコンサートに集まる多くの人々を見て、再び歌手を志す。そして'94年のオーディション。歌っている途中でステージから落ちるも何事もなかったかのように歌い続け、それが小室の目にとまり、見事にデビューを飾った。
−2001年07月25日作成−
SMAPの中居正広が誕生
中居正広 / 1972年)
SMAPのリーダー・中居正広が神奈川県藤沢市に生まれる。3兄弟の末っ子として生まれ、3歳ころからすでに野球を始めていたという中居だったが、ひじのケガのため甲子園を断念。興味本位で受けたジャニーズ事務所に合格し、'88年にSMAP結成。趣味は競馬とパチンコ。自他共に認める巨人ファン…のはずだが、阪神タイガースの始球式を務めたり、「月刊タイガース」にコメントを寄せていたりと、世渡り上手なところを見せている。映画『模倣犯』で主演を務めるなど、歌よりも演技でガンバってます!
−2002年07月25日作成−
3Dライヴ・アニメ『ベクシル ―2077日本鎖国―』が劇場公開される。
曽利文彦 / 2007年)
3Dライヴ・アニメ『ベクシル ―2077日本鎖国―』が劇場公開される。
3Dライヴ・アニメ映画『ベクシル ―2077日本鎖国―』が劇場公開される。すべてをシャット・アウトし、ハイテク技術を駆使した“完全なる鎖国”を強行した未来の日本を舞台にしたSFアクション作品。監督は『APPLESEED』シリーズのプロデューサーで、また映画『ピンポン』の監督も手がけた曽利文彦。劇中の音楽はトップDJのポール・オークンフォールドが手掛けている。なお、公開時、世界129ヵ国での公開が決定していると話題を呼んだ。
−2008年08月14日作成−
ロマン・ポランスキー誕生
ロマン・ポランスキー誕生
映画監督、ロマン・ポランスキーが生まれた日。幼少期にユダヤ人の母親をアウシュヴィッツ強制収容所で失う。さらに悲劇は襲い、女優であり妻であったシャロン・テイトが身ごもっていた胎児とともに惨殺されるという、苦しみがたい経験をしてきた悲劇の映画監督。それらを乗り越えて作られた映画『戦場のピアニスト』は全世界で感動を呼び、アカデミー賞監督賞を受賞した。
−2007年07月10日作成−
ビートルズ365:リンゴが加入して最初のステージが行なわれる。
ザ・ビートルズ / 1962年)
ビートルズ365:リンゴが加入して最初のステージが行なわれる。
ビートルズの新しいドラマーとして加入することになったリンゴは、ジョンに言われて髭を剃り、髪を切ってヘア・スタイルを変え、この日、ついにビートルズの一員となった。2時間ほどリハーサルをこなした後、バーゲンヘッドのヒューム・ホールで午後10時過ぎから行なわれた地元のホーティカルチュラル・ソサエティ(園芸協会)の恒例のダンス・パーティーにトリとしてビートルズは出演。これがビートルズにリンゴが加わって初めての正式なライヴ出演となった。
−2006年07月24日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015