2010年11月17日(水)
  
すっかり“おっさん”キャラ、TOKIOの城島茂が誕生
城島茂 / 1970年)
TOKIOのギタリスト、城島茂が生まれる。出身は奈良県。TOKIOの最年長であり、リーダーだが、そのキャラクターは“おっさん”そのもの。オヤジ・ギャグをかまし、口調もアイドルらしからぬもので、時には自虐的な話題も。日本が誇る男性アイドル・プロダクション、ジャニーズ事務所の中では異彩を放っているが、それが個性として成立しているのだから、時代は変わったモノである。80年代だったら絶対に考えられないことだったよねぇ……。
−2006年10月30日作成−
ジェフ・バックリィが誕生
ジェフ・バックリィ / 1966年)
ジェフ・バックリィが誕生
米国のシンガー・ソングライター、ジェフ・バックリィがカリフォルニアに生まれる。父親はやはりミュージシャンのティム・バックリィ。が、生前の父には幼い頃に1度会っただけだそうだ。ピアノやチェロを演奏していた母親の影響もあり、幼い頃から音楽に親しんだ彼は、ミュージシャンを志すも苦戦。90年代に入り、父親のトリビュート・コンサートに出演したことでデビューのきっかけを掴んだのだった。97年、30歳の時に溺死している。
−2007年10月30日作成−
中島みゆきの〈夜会〉、初公演
中島みゆき / 1989年)
中島みゆきの〈夜会〉、初公演
中島みゆきのファンなら、毎年恒例の出来事として楽しみにしていたであろう「夜会」が渋谷Bunkamuraシアターコクーンで初めて行なわれる。「夜会」とは、コンサートでも演劇でもミュージカルでもない不思議な空間で彼女の歌が繰り広げられるちょっと特異な〈言葉の実験劇場〉。Vol.1〜6まではすでにある歌をアレンジし、Vol.7からは全曲新曲で試みられている。1998年以降は不定期開催ということになっている。
−2000年10月30日作成−
内田裕也が誕生
内田裕也 / 1939年)
ミスター・ロケンロールこと内田裕也、兵庫県に生まれる。中学生の頃は生徒会副会長を務め、勉強と不良を両立。だが、高校に入りエルヴィス・プレスリーに衝撃を受け、一日中ホウキでロケンロール三昧。夜間高校に転校し、音楽でメシを食うことを決意する。その後、寺内タケシとブルージーンズなどで歌手として活躍する一方、若手アーティストの発掘(沢田研二などはその一例)、またニューイヤー・ロック・フェスティバルなど多くのイベントのプロデュースも主宰。日本が誇る真のロケンローラーだ。
−2001年10月24日作成−
CHEMISTRYの堂珍嘉邦が生まれる
堂珍嘉邦 / 1978年)
CHEMISTRYの堂珍嘉邦が生まれる
CHEMISTRYの堂珍嘉邦が広島県に生まれる。実家の手伝いをしながら歌手を目指していた堂珍(相棒の川畑要は工事現場でアルバイト)は、モーニング娘。を輩出したテレビ番組『ASAYAN』の男子ヴォーカリストオーディションに参加。1年以上にも及ぶ長い審査の末、見事合格することになる。好みのタイプはおしとやかで古風な女性。ちなみに、人前で初めて歌った曲が尾崎豊の「十五の夜」だったとか(聞いてみたいっ!)。CHEMISTRYという名の由来“(その組み合わせ以外からは生まれない)化学反応”は、堂珍を見事開花させた。
−2002年10月29日作成−
「ガンダム」“赤い彗星”シャア・アズナブル誕生
(宇宙世紀0059年)
「ガンダム」“赤い彗星”シャア・アズナブル誕生
宇宙世紀0059年11月17日、“赤い彗星”シャア・アズナブルことキャスバル・レム・ダイクンが、ジオン共和国創始者、ジオン・ズム・ダイクンの長男として生まれる。『機動戦士ガンダム』『機動戦士Ζガンダム』『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する架空人物で、「ガンダム」シリーズの最重要人物の一人。エドワゥ・マスやクワトロ・バジーナと名乗っていた時期もある。なお、セイラ・マスことアルテイシア・ソム・ダイクンは実妹。
−2008年11月14日作成−
演技指導者、リー・ストラスバーグ生誕。
1901年、オーストリアに生まれる。幼少時に渡米。演技を学び舞台演出などを手がける。1949年、ニューヨークのアクターズ・スタジオ芸術監督に就任し、演技指導を行う。ジェームズ・ディーン、ジャック・ニコルソン、スティーブ・マックイーン、ダスティン・ホフマン、ロバート・デ・ニーロ等ハリウッド映画史に名を残す錚々たる面々が彼の下で学ぶ。自身も俳優としていくつかの映画に出演しており、『ゴッドファーザー PART II』ではアカデミー賞助演男優賞にノミネートされている。1982年心臓発作のため死去。
−2007年11月02日作成−
ビートルズ365:ジョン、『ダブル・ファンタジー』発売。
ザ・ビートルズ / 1980年)
ビートルズ365:ジョン、『ダブル・ファンタジー』発売。
前作『ロックンロール』から5年9ヵ月ぶりのアルバムとなった、ジョンの復帰第1弾アルバム『ダブル・ファンタジー』が英国発売(米国では15日、日本は12月5日)。ワーナー・ブラザース傘下のゲフィン・レコードからの発売となったこのアルバムは、ジョンの生前最後のアルバムとなってしまい、全英ではチャートで9位止まりだったのだが、ジョンの死後、翌81年の1月に2週連続1位を記録。全米では8週連続1位、日本でも最高2位を記録した。
−2006年10月30日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015