2011年04月11日(月)
  
『ドラクエ』でお馴染み、すぎやまこういち誕生
すぎやまこういち / 1931年)
『ドラクエ』でお馴染み、すぎやまこういち誕生
作曲家のすぎやまこういちが東京都に生まれる。高校時代から作曲をはじめていたというが、その後に進んだ道は文化放送の報道部。その後、フジテレビの開局からディレクターを務め、番組用に作曲活動も開始、60年代後半からは作曲家に専念した。なんといっても有名なのは人気ゲーム・ソフト『ドラゴン・クエスト』のテーマ・ソング。ひとつのゲーム音楽がオーケストラによって演奏され、バレエにまでなるとは驚くべきことだと言っていいだろう。
−2006年03月29日作成−
最強のアイドル、“あやや”がCDデビュー
松浦亜弥 / 2001年)
最強のアイドル、“あやや”がCDデビュー
“あやや”こと松浦亜弥が「ドッキドキ! LOVEメール」でCDデビュー。前年にモーニング娘。&平家みちよ妹分オーディションに合格し、一足早くテレビでその姿を見せていたとはいえ、待望のデビューだった。当時、彼女は14歳。なんともキュートなPV、ハロー!プロジェクトやモー娘。のステージで見せた堂々たる歌いっぷりなど、この時点で後に最強のアイドルとなる片鱗を充分に見せている。ちなみにオリコン最高位は10位。新人アイドルにしては立派だ。
−2007年03月28日作成−
坂本龍一、日本人初の快挙を成し遂げる!
坂本龍一 / 1987年)
坂本龍一、日本人初の快挙を成し遂げる!
坂本龍一が映画『ラストエンペラー』の音楽で、アカデミー賞を受賞。オリジナル作曲賞としては、日本人初の快挙を成し遂げた。この映画に向けて、伝統的な映画音楽と中国音楽を改めて勉強したという、“教授”(高橋幸宏が命名)こと坂本。「キャッチーという点では、それ以前に手がけた映画『戦場のメリークリスマス』の方が勝るかもしれない」とのことだが、本作品でその才能を遺憾なく発揮し、映画と音楽との見事な調和を見せてくれた。
−2001年03月26日作成−
LOVE PSYCHEDELICOのシンガー、KUMIが誕生
KUMI(LOVE PSYCHEDELICO) / 1976年)
LOVE PSYCHEDELICOのシンガー、KUMIが誕生
LOVE PSYCHEDELICOのシンガー、KUMIが千葉県に生まれる。幼少期をサンフランシスコで過ごし、青山学院大のサークルで佐藤直樹とバンドを結成。2000年4月に「LADY MADONNA〜憂鬱なるスパイダー」でデビュー。70年代ロックのノリと、日本語と英語の境がよくわからない独特の節回しが、幅広い年齢からの支持を受ける。1stアルバム『グレイティスト・ヒッツ』は軽々とミリオンを突破。メディアへの露出が極端に少なく、顔の詳細さえよくわからないミステリアスな彼女。日常はどんな生活を送っているのだろう……。
−2002年03月27日作成−
ホール&オーツのあのヒット曲がビルボード1位に!
ホール&オーツ / 1981年)
ホール&オーツのあのヒット曲がビルボード1位に!
ロック史上最高のデュオと呼ばれるホール&オーツの「キッス・オン・マイ・リスト」がビルボード1位に輝く。'72年デビュー。'77年、「リッチ・ガール」でヒットを放ったものの、それ以降、人気はパッとせず。しかし、この曲で全米チャート1位を獲得したところから、二人の黄金時代が始まる。タイトルの「リスト」は〈一覧・名簿〉の意で、直訳すると〈君のキスはボクのリストに入っている〉。曲中でも何度もリフレインされるが、実は当時リップス(=唇)と勘違いされていたとか。
−2003年03月25日作成−
劇場版アニメ『タッチ3 君が通り過ぎたあとに』公開
あだち充 / 1987年)
劇場版アニメ『タッチ3 君が通り過ぎたあとに』公開
1987年4月11日、前年公開の2作に続く劇場版最終作となる『タッチ3 君が通り過ぎたあとに』が公開される。総監督の杉井ギサブローをはじめTVアニメ版のスタッフとキャストによる制作だが、あだち充の原作漫画に忠実であったTVアニメ版に比べ、劇場版ではオリジナル要素を織り交ぜて再構成しているのが特徴。高校3年を迎えた達也と南のクライマックスを描いている。
−2009年03月31日作成−
若大将 加山雄三、生まれる!
加山雄三 / 1937年)
若大将 加山雄三、生まれる!
1960年代東宝映画の看板スターであり、「若大将」シリーズでも知られる俳優の加山雄三が上原謙の長男として誕生。黒澤明、成瀬巳喜男、岡本喜八といった昭和の名監督による作品にも多数出演。映画『エレキの若大将』の主題歌「君といつまでも」のヒット、アメリカのMosrite社からファズを搭載したシグネチャー・モデルのギター発売……と音楽関連のエピソードも尽きない日本を代表する名優のひとり。
−2007年03月30日作成−
ビートルズ365:シングル「フロム・ミー・トゥ・ユー」発売。
ザ・ビートルズ / 1963年)
ビートルズ365:シングル「フロム・ミー・トゥ・ユー」発売。
シングル「フロム・ミー・トゥ・ユー」英国で発売(米国ではヴィージェイから5月27日、日本では64年4月5日)。英国では7週連続の1位を記録した。また、当初はB面に収録されている「サンキュー・ガール」がA面の候補に挙がっていた。また、米国ではヴィージェイ・レコーズが64年1月に「プリーズ・プリーズ・ミー」とのカップリングで再発売。最高位は3位であったものの、100万枚を突破した。この再発売されたシングルはキャッシュボックス誌の年間チャート37位にランクインした。
−2006年04月01日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015