2011年11月16日(水)
  
ボーイッシュな魅力を振りまく内田有紀、誕生
内田有紀 / 1975年)
ボーイッシュな魅力を振りまく内田有紀、誕生
女優の内田有紀が東京都に生まれる。10代はじめからモデルをこなし、93年にユニチカ水着キャンペーンモデルに選出されたことをきっかけに人気を獲得。ドラマはもちろん、CDデビューも果たすなど、90年代を代表するアイドルとなった。2002年、ドラマ『北の国から』で共演した吉岡秀隆と結婚。芸能界を引退したが、05年の離婚を機に復帰する。ショートカットのイメージが強く、年齢を重ねてもボーイッシュな若々しさは健在だ。
−2006年10月30日作成−
ダイアナ・クラールが誕生
ダイアナ・クラール / 1964年)
ダイアナ・クラールが誕生
女性ジャズ・シンガーのダイアナ・クラールがカナダのブリティッシュ・コロンビアに生まれる。音楽に触れるようになったのは、4歳でピアノを習い始めてから。15歳からレストランなどで歌うようになり、高校時代にはジャズ・グループを結成したという。その後、バークリー音楽院で学ぶため、米国へと移住。93年にデビューを果たすと着実にその評価を高め、才色兼備のシンガーとして人気を獲得した。2003年、エルヴィス・コステロと結婚している。
−2007年10月30日作成−
B'zが自身の事務所を設立
B'z / 1990年)
B'zが自身の事務所を設立
稲葉浩志+松本孝弘=B'zがBMGビクターから独立し、事務所〈B.U.M.〉を設立する。ビーイングは一括お抱え管理かと思われがちだが、織田哲郎もWANDSもT-BOLANも、みんな個人で事務所を持っている。この年「太陽のKomachi Angel」で初めてチャート1位を記録し、4thアルバム「RISKY」を198万枚を売り上げたB'zは、押し寄せる税金の波から逃れるために個人事務所を設立した……かどうかは定かでない。ちなみに「B.U.M.」は3rdアルバム中の曲のタイトルでもある。
−2000年10月30日作成−
林檎もリスペクト、作曲家の来生たかお誕生
来生たかお / 1950年)
林檎もリスペクト、作曲家の来生たかお誕生
薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」、中森明菜の「スローモーション」など、さまざまなアーティストへの楽曲提供で知られる作曲家、来生たかおが東京都大森に生まれる。高校在学中、ビートルズの『ラバーソウル』から影響を受け、作曲に興味を持つ。大学中退後、出演していたライヴ・スポットで、アンドレ・カンドレ(井上陽水)と知り合い、一緒にラジオなどに出演。後に陽水のディレクターを通じて、作曲家としての仕事をもらいはじめたという。
−2001年10月24日作成−
衝撃! 再結成したセックス・ピストルズ、武道館公演
衝撃! 再結成したセックス・ピストルズ、武道館公演
パンクのカリスマ、セックス・ピストルズが日本武道館に初来日。といっても、来日したのは結成20周年を記念しての再結成後のピストルズ。再結成しただけでも大きな衝撃だったのに、'70年代の黄金期には実現できなかった来日までも果たし、ファンの間に衝撃が走った。ステージのオープニング・アクトを務めたのは、彼らの大ファンであるハイロウズ。会場には若いパンク・ファンから、頭頂部が薄くなりかけた元「パンクス」の姿までもあったという。ちなみにこの時のライヴ映像は、DVDとしても発売されている。
−2002年10月29日作成−
『伊賀野カバ丸』漫画家の亜月裕が生まれる
亜月裕 / 1951年)
『伊賀野カバ丸』漫画家の亜月裕が生まれる
1951年11月16日、漫画家の亜月裕が埼玉県で生まれる。75年に『洋介クンの事情!?』でデビュー。初連載となった『伊賀野カバ丸』がアニメや実写映画化されるほどの大ヒットとなり、普段『別冊マーガレット』を読まない男性層にも支持された。なお、アニメ化は『昭和アホ草紙あかぬけ一番!』もされている。90年代以降は男性誌でも連載を行なっており、幅広い層に向けての作品を発信し続けている。
−2008年11月14日作成−
「何かがしっくりこない……」メグレ警視、逝く
ジャン・ギャバン / 1976年)
フランス映画を代表する名優、ジャン・ギャバンが逝去。恵まれた容姿と、渋い演技で数多くのギャング映画に出演。絶大な人気を誇った。代表作は『望郷』。老いてからはジョルジュ・シムノンによる推理小説“メグレ・シリーズ”の映画版で“メグレ警視”としても活躍。マレーネ・ディートリッヒと浮名を流したことでも知られる、フランスが世界に誇るハンサムな俳優であった。
−2007年10月31日作成−
ビートルズ365:ポール、シングル「ワンダフル・クリスマスタイム」発売。
ザ・ビートルズ / 1979年)
ビートルズ365:ポール、シングル「ワンダフル・クリスマスタイム」発売。
ポール、シングル「ワンダフル・クリスマスタイム」英国発売(米国では26日、日本では12月1日)。全英では最高6位、日本では最高69位、米国ではチャート・インを果たせなかった。79年7月にレコーディングされたこの曲は、久々にポールのソロ名義でのシングルとなった。演奏のすべてをポールが担当しているが、79年に行なわれたウイングスのツアーでも披露され、ビデオ・クリップにもウイングスのメンバーが総出演している。
−2006年10月30日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015