2011年11月16日(水)
  
ボーイッシュな魅力を振りまく内田有紀、誕生
内田有紀 / 1975年)
ボーイッシュな魅力を振りまく内田有紀、誕生
女優の内田有紀が東京都に生まれる。10代はじめからモデルをこなし、93年にユニチカ水着キャンペーンモデルに選出されたことをきっかけに人気を獲得。ドラマはもちろん、CDデビューも果たすなど、90年代を代表するアイドルとなった。2002年、ドラマ『北の国から』で共演した吉岡秀隆と結婚。芸能界を引退したが、05年の離婚を機に復帰する。ショートカットのイメージが強く、年齢を重ねてもボーイッシュな若々しさは健在だ。
−2006年10月30日作成−
ダイアナ・クラールが誕生
ダイアナ・クラール / 1964年)
ダイアナ・クラールが誕生
女性ジャズ・シンガーのダイアナ・クラールがカナダのブリティッシュ・コロンビアに生まれる。音楽に触れるようになったのは、4歳でピアノを習い始めてから。15歳からレストランなどで歌うようになり、高校時代にはジャズ・グループを結成したという。その後、バークリー音楽院で学ぶため、米国へと移住。93年にデビューを果たすと着実にその評価を高め、才色兼備のシンガーとして人気を獲得した。2003年、エルヴィス・コステロと結婚している。
−2007年10月30日作成−
B'zが自身の事務所を設立
B'z / 1990年)
B'zが自身の事務所を設立
稲葉浩志+松本孝弘=B'zがBMGビクターから独立し、事務所〈B.U.M.〉を設立する。ビーイングは一括お抱え管理かと思われがちだが、織田哲郎もWANDSもT-BOLANも、みんな個人で事務所を持っている。この年「太陽のKomachi Angel」で初めてチャート1位を記録し、4thアルバム「RISKY」を198万枚を売り上げたB'zは、押し寄せる税金の波から逃れるために個人事務所を設立した……かどうかは定かでない。ちなみに「B.U.M.」は3rdアルバム中の曲のタイトルでもある。
−2000年10月30日作成−
林檎もリスペクト、作曲家の来生たかお誕生
来生たかお / 1950年)
林檎もリスペクト、作曲家の来生たかお誕生
薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」、中森明菜の「スローモーション」など、さまざまなアーティストへの楽曲提供で知られる作曲家、来生たかおが東京都大森に生まれる。高校在学中、ビートルズの『ラバーソウル』から影響を受け、作曲に興味を持つ。大学中退後、出演していたライヴ・スポットで、アンドレ・カンドレ(井上陽水)と知り合い、一緒にラジオなどに出演。後に陽水のディレクターを通じて、作曲家としての仕事をもらいはじめたという。
−2001年10月24日作成−
衝撃! 再結成したセックス・ピストルズ、武道館公演
衝撃! 再結成したセックス・ピストルズ、武道館公演
パンクのカリスマ、セックス・ピストルズが日本武道館に初来日。といっても、来日したのは結成20周年を記念しての再結成後のピストルズ。再結成しただけでも大きな衝撃だったのに、'70年代の黄金期には実現できなかった来日までも果たし、ファンの間に衝撃が走った。ステージのオープニング・アクトを務めたのは、彼らの大ファンであるハイロウズ。会場には若いパンク・ファンから、頭頂部が薄くなりかけた元「パンクス」の姿までもあったという。ちなみにこの時のライヴ映像は、DVDとしても発売されている。
−2002年10月29日作成−
『伊賀野カバ丸』漫画家の亜月裕が生まれる
亜月裕 / 1951年)
『伊賀野カバ丸』漫画家の亜月裕が生まれる
1951年11月16日、漫画家の亜月裕が埼玉県で生まれる。75年に『洋介クンの事情!?』でデビュー。初連載となった『伊賀野カバ丸』がアニメや実写映画化されるほどの大ヒットとなり、普段『別冊マーガレット』を読まない男性層にも支持された。なお、アニメ化は『昭和アホ草紙あかぬけ一番!』もされている。90年代以降は男性誌でも連載を行なっており、幅広い層に向けての作品を発信し続けている。
−2008年11月14日作成−
「何かがしっくりこない……」メグレ警視、逝く
ジャン・ギャバン / 1976年)
フランス映画を代表する名優、ジャン・ギャバンが逝去。恵まれた容姿と、渋い演技で数多くのギャング映画に出演。絶大な人気を誇った。代表作は『望郷』。老いてからはジョルジュ・シムノンによる推理小説“メグレ・シリーズ”の映画版で“メグレ警視”としても活躍。マレーネ・ディートリッヒと浮名を流したことでも知られる、フランスが世界に誇るハンサムな俳優であった。
−2007年10月31日作成−
ビートルズ365:ポール、シングル「ワンダフル・クリスマスタイム」発売。
ザ・ビートルズ / 1979年)
ビートルズ365:ポール、シングル「ワンダフル・クリスマスタイム」発売。
ポール、シングル「ワンダフル・クリスマスタイム」英国発売(米国では26日、日本では12月1日)。全英では最高6位、日本では最高69位、米国ではチャート・インを果たせなかった。79年7月にレコーディングされたこの曲は、久々にポールのソロ名義でのシングルとなった。演奏のすべてをポールが担当しているが、79年に行なわれたウイングスのツアーでも披露され、ビデオ・クリップにもウイングスのメンバーが総出演している。
−2006年10月30日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015