2012年07月04日(水)
  
愛の伝道者、バリー・ホワイトが死去
バリー・ホワイト / 2003年)
愛の伝道者、バリー・ホワイトが死去
ソウル・シンガーのバリー・ホワイトが腎不全による合併症で死去。58歳だった。低音の魅力に溢れる歌声、その深い声で語られる愛の囁き……。“愛の伝道者”によって結ばれたカップルも数多いとか。73年のデビュー以降、精力的に作品をリリースし、90年代末には日本でも大人気となったドラマ『アリー my Love』にも登場。毎回のように「マイ・エヴリシング」が劇中で使用され、新たなファンを獲得した直後のことだった。
−2006年06月28日作成−
ジョン・ウェイトが誕生
ジョン・ウェイト / 1952年)
ベイビーズやバッド・イングリッシュに在籍したことで知られるヴォーカリスト、ジョン・ウェイトが英国ランカスターに生まれる。ベイビーズ以前には、ロンドンでの活動を経て、米国にも渡るのだが短期間で帰国するなど、苦労を重ねた人である。80年代に入るとソロとして成功、いくつものヒット曲・ヒット作を生み、88年にはバッド・イングリッシュ結成へ。特にメロディを好むロック・ファンから支持を得る実力派のシンガーだ。
−2007年06月28日作成−
家の中ではいつも全裸。Gackt、誕生
Gackt / ?年)
家の中ではいつも全裸。Gackt、誕生
Gackt、沖縄県に生まれる。幼い頃からクラシックピアノと声楽の勉強を受け、'95年MALICE MIZERの2代目Vo.としてメジャーデビュー。カリスマ的な人気を集めるも、'98年Gacktが失踪騒ぎを起こし、翌年バンドを脱退。ソロとして活動を開始し、中性的なルックスに加え、その特異なキャラクターで人気を得る。ちなみに氏は家の中ではいつでも全裸で、彼の熱狂的なファンも彼がメディア出演する際、必ず全裸になるという決まりもあるとか。ほんと?
−2002年06月24日作成−
ビートルズ“イメルダ夫人すっぽかし”事件
ビートルズ / 1966年)
ビートルズ“イメルダ夫人すっぽかし”事件
人気アイドルとして絶頂期にあったビートルズ。彼らがなんとフィリピン公演後に招待されていた、イメルダ夫人の昼食会を欠席! 3,000足もの靴を所有していたと言われるイメルダ夫人は、当時の大統領マルコスの妻。マルコスの当選は“100万票はイメルダの力”と言われたほど、凄まじい人気だった。彼女の招待をすっぽかしたビートルズを、新聞は“侮辱”と糾弾。2日後、空港でビートルズは逆上した暴徒から、袋だたきに。さて、彼らが招待を断った理由は、招待状が届いていなかったから……ウソかマコトか!?
−2003年06月25日作成−
TVアニメ「シャーマンキング」の放送開始
(2001年)
TVアニメ「シャーマンキング」の放送開始
武井宏之による漫画が原作のTVアニメ。霊能者(シャーマン)である主人公・麻倉葉が、500年に一度あるというシャーマンの頂点を決める戦い「シャーマンファイト」に参加し、全知全能の力を持つシャーマンキングとなるための戦いを描いた作品。2001年7月4日から2002年9月25日まで、全64話を放送。後半からはアニメオリジナルのストーリーが展開された。最終回の予告でも語られているとおり、1年でも1年半でもない中途半端な時期に終了している。
−2008年07月03日作成−
アメリカ独立記念日に生まれた主人公、映画『7月4日に生まれて』
7月4日はアメリカ独立記念日。『7月4日に生まれて』は、ベトナム帰還兵の青年が心の傷を抱えながらも、反戦運動に身を投じていく姿を描いた映画だ。実話を基にして書かれたロン・コーヴィックの同小説を、オリヴァー・ストーンが製作・監督・脚本で映画化。『プラトーン』『天と地と』に並ぶ、オリヴァーのベトナム戦争三部作の一つでもある。徹底的な役作りで挑んだトム・クルーズの好演に注目。
−2007年06月20日作成−
ビートルズ365:プラスティック・オノ・バンド「平和を我等に」発売。
ザ・ビートルズ / 1969年)
ビートルズ365:プラスティック・オノ・バンド「平和を我等に」発売。
ジョン、プラスティック・オノ・バンド名義でシングル「平和を我等に」英国で発売(米国では7日、日本では21日発売)。英国では3週連続2位、米国では最高14位を記録。レコーディングにはアレン・ギンズバーグやティモシー・リアリーなども参加している。またこのとき、カリフォルニア州知事選挙に出馬していたティモシー・リアリーにジョンはキャンペーン・ソングを依頼され、即興で書き上げた。しかし、ティモシーが麻薬不法所持で投獄されてしまったため、その後、まったく関係のない曲に作り変えた。それで出来上がった曲が『アビイ・ロード』に収録されている「カム・トゥゲザー」。獄中で「カム・トゥゲザー」を聴いたティモシーはやんわりとジョンに抗議をしたそうだ。
−2006年06月26日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015