2012年07月25日(水)
  
サーストン・ムーア(ソニック・ユース)、誕生
サーストン・ムーア / 1958年)
ソニック・ユースのギタリスト、サーストン・ムーアが米国フロリダ州に生まれる。コネチカット州で育った彼は、地元の大学に合格したにもかかわらず、ニューヨークへと移り住んだという。ソニック・ユースの発起人でもある、グレン・ブランカからギターを学んだのはその頃だったとのことで、ミュージシャンとしての始動は比較的遅かったと言えるかもしれない。そのノイジーなギター・プレイは、バンドのみならずソロ活動でも高い評価を得ている。
−2006年06月28日作成−
Tommy february6がデビュー
Tommy february / 2001年)
Tommy february6がデビュー
Tommy february6がシングル「EVERYDAY AT THE BUS STOP」でデビュー。the brilliant greenのシンガー、川瀬智子の別名プロジェクトだが、川瀬がプロデュースをする女性シンガーという設定である。ブリグリのどこか影のあるメロディとは異なり、80年代のテクノポップを彷彿とさせるキャッチーな楽曲を聴かせ、アイドルちっくなPVも話題に。なお、CD+DVDという形態でリリースされたのは、今作が業界初だった。
−2007年06月28日作成−
実は大御所シンガーなんです!? 所ジョージがデビュー
所ジョージ / 1977年)
実は大御所シンガーなんです!? 所ジョージがデビュー
所ジョージ(本名・芳賀隆之)が「ギャンブル狂騒曲」でデビュー。バラエティ番組やドラマ、CM出演に雑誌の編集長……と多彩な面を見せる所さんも、本業は歌手。パチンコや競馬、競輪などを歌ったこのデビュー曲は、27曲入りと凄いボリュームの1st『現金に手を出せ』に収録されている。しかし「まったくやる気がございません」「世田谷のアラブ人」と、その風体まんまの飄々とした曲名の多きことよ。アルバム数は軽く20を超えてるのでした。
−2001年06月26日作成−
俳優・声優としても活躍。KONTA、誕生
KONTA / 1960年)
元バービー・ボーイズのVo.兼サックス奏者、KONTAこと近藤敦、東京に生まれる。地道なバンド活動の後オーディションに合格し、'84年バービー・ボーイズとして「暗闇でDANCE」でデビュー。KONTAと杏子の掛け合いが絶妙なツインVo.、いまみちともたかのエッチできわどい歌詞などが人気を呼び、「目を閉じておいでよ」など数々の曲がヒット。'92年に解散するも、'99年に『STAR BOX 』、'01年『STAR BOX EXTRA』といったベスト盤が発売され、若い世代には伝説のバンド的な見方もされているとか。
−2002年06月24日作成−
女の子に大人気。a〜ha「テイク・オン・ミー」リリース
a〜ha / 1985年)
女の子に大人気。a〜ha「テイク・オン・ミー」リリース
明るくロマンチックなシンセポップで一世を風靡したa〜ha。大ヒットしたデビュー・シングルの「テイク・オン・ミー」をリリース。この頃、彼らはMTV大賞7部門を受賞し、ノリにノッていた。93年のアルバム『メモリアル・ビーチ』は、シンセポップを卒業、ぐっと渋めの音作りをし、評価される。この後メンバーのモートンとポールはソロ活動に、マグスは画家に転身したが、2000年にアルバム『遥かなる空と大地』を発表し、古くからのファンを喜ばせた。
−2003年06月25日作成−
“か、母ちゃん……”ジャイアンでおなじみ、たてかべ和也が誕生
たてかべ和也 / 1934年)
1934年、ドラえもんの剛田武(初代)、タイムボカン・シリーズ“三悪”のデカい方など、“根は優しい力持ち”にぴったりの声を持つ声優、たてかべ和也が誕生。多く抜擢される役柄同様、頼りになる親分的人柄で、後進の育成にも力を注いでいる。ドラえもんの劇中で皆を苦しめるソニック・ウェポン、ジャイアンの歌は、彼の作詞によるもの。
−2008年07月23日作成−
艶のある女優、高島礼子が生まれた日
高島礼子 / 1964年)
高島礼子が横浜に生まれる。和服が似合う美人女優としてCMやドラマで活躍、映画『極道の妻たち』では文字通り極道の妻を迫真の演技で魅せ、義理と人情の世界で生きるたくましい女性像を熱演した。ドラマ「結婚できない男」では夫の高知東生と共演も果たしている。
−2007年06月20日作成−
ビートルズ365:BBCテレビ『ジュークボックス・ジュリー』に出演。
ザ・ビートルズ / 1964年)
ビートルズ365:BBCテレビ『ジュークボックス・ジュリー』に出演。
ロンドンのハマースミス地区にあるホワイト・シティ・スタジアムで公開放送されたBBC1のテレビ番組『ジューク・ボックス・ジュリー』に、ジョージとリンゴが審査員として出演(前年の6月22日にジョンが出演し、ビートルズの4人でも前年12月7日に審査員として出演している)。収録はロンドンのテレビジョン・センター(第4スタジオ)で行なわれ、ジョージが出演した回は生出演として放送された。また、リンゴが出演する回は録画され、1週間後の8月1日に放送された。
−2006年06月26日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015