2013年04月03日(水)
  
ゴスペラーズの黒沢薫が誕生
ゴスペラーズの黒沢薫が誕生
ゴスペラーズで美しいハイトーンを響かせる黒沢薫が、東京都に生まれる。高校在学中、村上てつやに誘われてゴスペルの世界に足を踏み入れたのがキャリアのスタート。その後、大学に進学するも音楽活動に専念するという理由から中退した。デビュー後はその卓越した歌唱力によってソロでも活動、他アーティストへの楽曲提供など、才能を発揮している。大のカレー好きとして有名で、カレーに関する著書も発表。また、甘いマスクとは裏腹に“天然ボケ”としても知られている。
−2007年03月28日作成−
リチャード・マニュエル(ザ・バンド)誕生
リチャード・マニュエル(ザ・バンド)誕生
ザ・バンドのリード・シンガー兼キーボード奏者として活躍したリチャード・マニュエルが、カナダのオンタリオに生まれる。教会の聖歌隊で歌うことをはじめた彼は、カントリー・ミュージックやR&Bから多大な影響を受けたという。61年にザ・バンドに加入、エモーショナルなファルセットとブラック・フィーリング溢れるシャウトでバンドに貢献した。しかしその後、ドラッグとアルコールに耽溺、86年には自ら命を絶ち、この世を去った。
−2006年03月29日作成−
下町コンプレックスのブラームス、死去
下町コンプレックスのブラームス、死去
「ハンガリー舞曲第5番」などで有名な、作曲家ブラームスが死去。原因は不摂生による肝臓ガン。ドイツの貧民街に生まれたブラームスは、10歳頃から家計を助けるためにバーなどで演奏を開始。しかし、このことが後に彼の性格を歪ませ、普通の子女とは関係が持てず、性生活の対象は売春婦に限られていたらしい。偏屈で友人の少なかったブラームスだったが、唯一尊敬していた音楽家シューマンとはお互いに惹かれ合い、シューマンが自殺を企てたときも、死亡したときも側にいたという。
−2001年03月26日作成−
ジャズ界の女王、サラ・ヴォーン死去
サラ・ヴォーン / 1990年)
ジャズ界の女王、サラ・ヴォーン死去
実力・人気ともに女王の座に君臨していたジャズ・ヴォーカリスト、サラ・ヴォーンが肺ガンのため死去。ブルーノート東京での公演を同月16日に控えた、その直前であった。18歳の時に、ニューヨーク・ハーレムのアポロ劇場のアマチュア・コンテストに優勝して以来、トップを走り続けたサラ。圧倒的な歌唱力はもちろん、ボサ・ノヴァをジャズ・ヴォーカルに取り入れるなどの精神も高く評価されていた。“サッシー”という愛称でも親しまれたが、“生意気な”と言う意味もあるこの呼び名、呼ばれた当人はあまり好きではなかったとか。
−2002年03月27日作成−
『夜のヒットスタジオ』パワーアップして復活!
フジテレビ『夜のヒットスタジオ Deluxe』放送開始。ヒットスタジオ終了から半年、司会者に芳村真里と三波伸介から井上順に交代して復活。その後、『夜のヒットスタジオSUPER』となり、'90年まで放送される。歴代の司会者には、前田武彦、古館伊知郎、柴俊夫らがいた。Deluxe1回目の出演者は、西城秀樹、チェッカーズ、菊池桃子、加山雄三、小柳ルミ子、中森明菜、五木ひろし、ラッツ&スター、ザ・スクェア。また、'88年までは、ファッションショーのコーナーもあった。
−2003年03月25日作成−
声優の冨永みーなが生まれる
冨永みーな / 1966年)
声優の冨永みーなが生まれる
1966年4月3日、声優の冨永みーなが広島県に生まれる。5歳の時に映画『鯉のいる村』で芸能界デビュー。以後、子役として児童劇団で活躍する一方、70年代からは声優として活躍。歌手デビューを果たすなど、80年代半ばにかけて声優界でアイドル的な存在ともなった。代表作は『サザエさん』の磯野カツオ(3代目)、『めぞん一刻』の七尾こずえ、『タッチ』の新田由加、『それいけ!アンパンマン』のロールパンナ、『ビックリマン2000』のタケル、『機動警察パトレイバー』の泉野明など。
−2009年03月31日作成−
Tシャツ姿が男前、マーロン・ブランド誕生
マーロン・ブランド / 1924年)
Tシャツ姿が男前、マーロン・ブランド誕生
マーロン・ブランドが米国ネブラスカ州に生まれる。『欲望という名の電車』では、当時下着として扱われていたTシャツ姿で熱演、たちまち若者にヒットし、後世に残るTシャツ文化を形成する火付け役の一人となった。また、ハリウッドでも札付きのトラブル・メーカーとして知られ、1973年のアカデミー賞では『ゴッドファーザー』で主演男優賞を獲得するも、それを拒否。私生活でのトラブルやゴシップ欄を賑わすスキャンダルが絶えなかったが、それも一流俳優の定め。
−2007年03月30日作成−
ビートルズ365:ABCテレビ『サンク・ユア・ラッキー・スターズ』に出演。
ザ・ビートルズ / 1965年)
ビートルズ365:ABCテレビ『サンク・ユア・ラッキー・スターズ』に出演。
ABCテレビ『サンク・ユア・ラッキー・スターズ』が午後5時50分から放送された。63年1月にビートルズを全国ネットで初出演させたこの番組への出演は、この放送分が最後となった。3月28日にバーミンガムのアルファ・テレビジョン・スタジオにて、熱狂的なスタジオ見学者たちを前に、「エイト・デイズ・ア・ウィーク」「イエス・イット・イズ」「涙の乗車券」の3曲を擬似演奏。また、ポールとリンゴの2人は番組司会のブライアン・マシューからインタビューを受けた。
−2006年04月01日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015