2013年05月16日(木)
  
ロバート・フリップ(キング・クリムゾン)、誕生
ロバート・フリップ / 1946年)
ロバート・フリップ(キング・クリムゾン)、誕生
キング・クリムゾンの総帥、ロバート・フリップが英国ドーセットに生まれる。学生時代にはロックンロールはもちろんジャズも好み、クラシック・ギターまでも習得したという。クリムゾンで颯爽と登場したイメージがあるが、前身のジャイルズ、ジャイルズ&フリップはほとんど売れなかったそうだ。“偏屈”、“独裁者”というイメージが付きまとう彼だが、それも明確なサウンド・コンセプトがあるからこそ。それはクリムゾンの歴史を見れば明らかだ。
−2006年04月24日作成−
ジャズ界の名ドラマー、ビリー・コブハムが誕生
ビリー・コブハム / 1944年)
ジャズ界の名ドラマー、ビリー・コブハムが誕生
ジャズ・シーンで名を馳せるドラマー、ビリー・コブハムがパナマに誕生。3歳の時に米ニューヨークへ移住、8歳で初めてのステージを踏んでいる。その後、真剣にドラムを会得しようと考えた彼は、音楽学校へ進学。軍隊のバンドでも腕を磨き、60年代後半以降、マイルス・デイヴィスらと共演を重ねた。彼のルーツはパナマの従兄妹が叩くスティール・ドラムやコンガだったとのことで、幼い頃はそれに合わせてシンバルを叩いていたそうだ。
−2007年04月26日作成−
ジャクソン音楽一家に、末娘ジャネット誕生
ジャクソン音楽一家に、末娘ジャネット誕生
ジャネット・ジャクソン、インディアナ州に生まれる。7歳のときにファミリーの一員として舞台に立ち、16歳でレコード・デビュー。'96年には兄マイケルを上回る史上最高の約85億6000万円でレコード会社と契約を結んだことも話題に。ヒットした「ダズント・リアリー・マター」は、日本では島谷ひとみが「パピヨン〜papillon〜」の曲名でカバー。♪マラミン タマラッ ダンニャバード〜などユニークな歌詞がジャネットのお気に召さなかったらしく、一時はお蔵入りになりかけたとか。
−2001年04月23日作成−
ビーチ・ボーイズの『ペット・サウンズ』発売
ビーチ・ボーイズ / 1966年)
ビーチ・ボーイズの『ペット・サウンズ』発売
ビーチ・ボーイズの傑作と名高い『ペット・サウンズ』が発売。しかし、それまでの陽気なサーフィン・ミュージックとは正反対の内省的な内容に、ファンはがっかり。評論家は絶賛するも、あまり売れなかった。そもそも、ビートルズの『ラバー・ソウル』にショックを受けたブライアン・ウィルソンが、ほぼ1人で作ったこの作品。はじめメンバーも絶句し、「犬にでも聴かせるのか!」とマイク・ラヴが言い捨てたのが、このタイトルの由来だとか(その後マイクは同アルバムを「最も好き」といっているらしい)。
−2002年04月24日作成−
安全地帯の名ギタリスト、武沢豊誕生
武沢豊(安全地帯) / 1958年)
安全地帯の名ギタリスト、武沢豊誕生
玉置浩二率いる安全地帯のギタリスト武沢豊、北海道旭川にて生まれる。10歳の時、ビートルズ「ヘイ・ジュード」を聴いて音楽に目覚め、翌年から「東京音楽アカデミー」の通信講座でギターを本格的に始める。中学2年の時に玉置浩二に出会い、翌年、安全地帯を結成(武沢・玉置以外はデビュー時とは別メンバー)。'83年には、「ワインレッドの心」が大ヒット。武道館公演も果たし、注目を集めるバンドに成長する。'88年の安全地帯の活動休止後は、ギタリストやプロデューサーとして活躍している。
−2003年04月25日作成−
『サイボーグ009』島村ジョーが生まれる
(????年)
5月16日、島村ジョーが日本人の母と国籍不明の外国人の父との間に生まれる。誕生年は不明。差別を受けながら育つうちに不良少年となり、少年鑑別所に入れられる。鑑別所から脱走を図った直後に“ブラック・ゴースト”に捕らえられ、サイボーグ戦士へと改造されられる。ゼロゼロナンバーサイボーグの開発で培われた技術を1体に集約させた万能型で、コードナンバーは009。サイボーグ能力は、歯の奥にあるスイッチを押すことで、一定時間攻撃力とスピードが大幅に上昇する加速装置。(漫画/アニメ『サイボーグ009』より)
−2009年05月01日作成−
これこそ日本のモダニズム、溝口健二誕生
溝口健二 / 1898年)
これこそ日本のモダニズム、溝口健二誕生
映画監督・溝口健二が東京都に生まれる。1925年に恋人に背中を剃刀で斬られるという体験をして以来、女性をテーマにした作品に力を入れる。1952年の『西鶴一代女』はあまりヒットしなかったが、ヴェネツィア国際映画祭で国際賞を得たため、流れが変わる。翌年『雨月物語』で銀獅子賞、またその翌年には森鴎外の小説を映画化した『山椒大夫』で同じく銀獅子賞と、3年連続のヴェネツィア国際映画祭入賞という快挙を達成する。かのゴダールも好きな監督に彼の名を挙げるほど、世界中の映画作家に多大な影響を与えた巨匠。
−2007年04月25日作成−
ビートルズ365:ポール、アルバム『マッカートニーII』発売。
ザ・ビートルズ / 1980年)
ビートルズ365:ポール、アルバム『マッカートニーII』発売。
ポール、2枚目のソロ・アルバム『マッカートニーII』英国で発売(米国では26日、日本では6月5日)。英国では2週連続1位、米国では5週連続3位を記録。日本での最高位は8位であった。すべての楽器をポールが手がけ、自宅スタジオにて録音された。ニューウェイヴやテクノの香りが漂い、シンプルかつ、いい意味でチープな仕上がりとなっているこのアルバム。もともとは気分転換のような感覚で作られたもので、ポール自身は当初、発表しようとは考えていなかったようだ。
−2006年04月24日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー!
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015