2013年10月14日(月)
  
アイドルから実力派女優へ、永作博美が誕生
永作博美 / 1970年)
アイドルから実力派女優へ、永作博美が誕生
女優の永作博美が茨城県に生まれる。89年にフジテレビの『パラダイスGoGo!!』から生まれた“乙女塾”の1期生として芸能界デビュー。その後はアイドル・グループ、ribbonの中心メンバーとして活躍する。正直に言って、ribbonは大成功したとは言い難いが、彼女が頭角を表したのは95年のグループ解散以降。女優としてさまざまなドラマ、映画、CMなどに起用され、その存在感が高く評価された。非常に童顔で、いくつになっても若々しい。
−2006年09月28日作成−
レナード・バーンスタインが死去
レナード・バーンスタインが死去
米国の作曲家・指揮者であるレナード・バーンスタインが、ニューヨークの自宅で死去。72歳だった。引退表明からわずか4日後のことで、多くのファンがその死を悼んだ。死因は肺癌。若い頃からヘヴィ・スモーカーとして有名で、1日に5箱=100本の煙草を吸っていた、という逸話が残っている。一時は酒の量も相当なものだったらしい。病に犯されながら、死の4ヶ月前には来日。8月19日の米タングルウッド音楽祭が最後の舞台になってしまった。
−2007年09月27日作成−
ゆずの岩沢厚治が誕生
ゆず / 1976年)
ゆずの岩沢厚治が誕生
フォーク・デュオ・グループ、ゆずの向かって右(だいたい)のサブ・リーダー岩沢厚治、神奈川県横浜市に生まれる。パートナー北川悠仁とともに伊勢佐木町商店街松坂屋前で路上ライヴを成功させ、1998年ゆずとして「夏色」でデビュー。岩沢はマンガ論を語ることを趣味としているからか、2人組イラストレーター、アランジアロンゾの「しろうさ・くろうさ」では、〈カッパくん〉としてその素行を描かれたりもしている。
−2000年09月26日作成−
ゆずが2ndアルバム『ゆずえん』発売
ゆず / 1999年)
ゆずが2ndアルバム『ゆずえん』発売
1stアルバム『ゆず一家』で大ブレイクしたゆず、待望の2ndフル・アルバム『ゆずえん』が発売される。同年の2月からレコーディングに入った彼らが、途中、路上ライブで客の反応をうかがったりしつつ、じっくり産みの苦しみを味わいながら作り上げたというこの2ndアルバム。「サヨナラバス」「友達の唄」など、明るいけれどもセンチな気分になってしまう曲がギッシリで、オリコン・チャート1位を獲得した。ちなみに同日は岩沢厚治の誕生日でもある。
−2001年09月26日作成−
“イギリスのプレスリー”、クリフ・リチャードが誕生
クリフ・リチャード / 1940年)
“イギリスのプレスリー”、クリフ・リチャードが誕生
英国を代表するシンガー、クリフ・リチャードがインドで生まれる。8歳で英国に渡ったクリフは、ハイスクール時代にドリフターズを結成。その後、有名プロデューサーに認められ「ムーブ・イット」でデビューする。「ヤング・ワン」「サマーホリデイ」「ラッキィリップス」などのヒット曲だけでなく、映画出演も数知れず。オリビア・ニュートン・ジョンのような逸材も発掘し、ついにはナイトの称号までゲットした偉大なロックンローラーだ。
−2002年09月27日作成−
TVアニメ『うる星やつら』の放送が開始される
高橋留美子 / 1981年)
1981年10月14日、高橋留美子の人気漫画を基にしたTVアニメの放送が開始される。1986年3月19日まで、4年半という長期にわたってフジテレビ系にて放送される(全218話)。“浮気者の主人公・諸星あたると彼を愛する一途な宇宙人のラムを中心にしたラブコメ”という原作の設定を下敷きに、アニメ版では初代チーフディレクターを務めた押井守を中心にしたスタッフが、アニメーションとしての独自の世界を構築。原作ファンからは賛否両論であったが、原作の枠から飛び出した稀有な作品として一般的には認知されている。なお、TVシリーズのほか、劇場版やOVAも制作された。
−2008年10月10日作成−
『ブラック・ダリア』日本公開
『ブラック・ダリア』日本公開
ブライアン・デ・パルマ監督作品『ブラック・ダリア』が日本公開される。ジェイムズ・エルロイの同名小説が原作。1940年代のロサンゼルスを舞台にした猟奇殺人事件をめぐる物語で、ジョシュ・ハートネットとセクシーな元娼婦にふんしたスカーレット・ヨハンソンが“恋に落ちた”ことでも知られる映画。
−2007年09月28日作成−
ビートルズ365:リンゴ、休暇をとりイタリアへ向かう。
ザ・ビートルズ / 1968年)
ビートルズ365:リンゴ、休暇をとりイタリアへ向かう。
アルバム『ザ・ビートルズ』の最終ミキシングと曲順決定を他のメンバーと制作チームに任せたリンゴは、2週間の休暇を取ってイタリアのサルジニア島に旅立った。EMI第2スタジオで午後7時から午前7時30分まで行なわれたこの日のセッションが、アルバム『ザ・ビートルズ』のレコーディングの最後となり、「サヴォイ・トラッフル」にエレクトリック・ピアノとクリス・トーマスによるオルガンをオーヴァーダビング。他にエレキ・ギター、タンバリン、ボンゴをオーヴァーダビングして完成させた。残りの時間はミキシング作業に費やされ、「アイ・ウィル」「バースデイ」「ヤー・ブルース」などのステレオ・ミックス、「サヴォイ・トラッフル」「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」のモノおよびステレオ・ミックス、「ロング・ロング・ロング」のモノ・ミックスを仕上げた。
−2006年09月28日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015