2015年02月20日(金)
  
グレイト・ホワイトのライヴで火災、100人以上が死亡
グレイト・ホワイト / 2003年)
グレイト・ホワイトのライヴで火災、100人以上が死亡
LAメタル・シーンにおいて、ブルージィなサウンドで人気を博したグレイト・ホワイトのライヴで火災が発生、世界中で大きく報じられた。場所は米ロードアイランドのクラブ“The Station”。演出で使用したパイロが会場のカーテンに引火、その勢いは凄まじく、最終的に100人以上の死者を出す大惨事となってしまった。犠牲者の中にはバンドのギタリスト、タイ・ロングリーも含まれている。この後、遺族、バンド、クラブの間での訴訟が何年も続くことに。
−2007年01月29日作成−
ばんばひろふみが誕生
ばんばひろふみ / 1950年)
ばんばひろふみが誕生
フォーク・シンガーのばんばひろふみが京都市に生まれる。本名は馬場弘文。69年にジャッケルズでデビューした後、71年に結成したバンバンで「『いちご白書』をもう一度」を大ヒットさせる。ソロ転向後には79年の「SACHIKO」がミリオン・セラーとなり、人気を確立。『ヤングタウン』(MBS)、『セイ!ヤング』(文化放送)など、軽妙なトークでラジオ・パーソナリティとしても活躍した。俳優活動も行なうなど、常に芸達者ぶりを示している。
−2008年01月28日作成−
ニルヴァーナのカート・コバーンが誕生
カート・コバーン / 1967年)
ニルヴァーナのカート・コバーンが誕生
ニルヴァーナのカート・コバーン、米ワシントン州に生まれる。卒業間近だった高校を中退後、ベースのクリス・ノヴォセリックと出会い、バンドを結成。憤りや憂鬱を切迫感を込めて歌うカートのヴォーカルや焦燥感あふれるギター・サウンドが話題を呼び、91年『ネヴァーマインド』で大ブレイク。全米チャートの上位を占める音楽が激変し、彼らを含むシアトル勢のロックが、そのファッションにちなんで“グランジ”(汚い)と呼ばれるようになる。しかし時代を駆け抜けたカリスマは、94年に猟銃自殺。彼の愛妻コートニー・ラヴもミュージシャンだ。
−2001年01月25日作成−
マッチに楽曲提供も。マーシーこと真島昌利、誕生
真島昌利 / 1969年)
マッチに楽曲提供も。マーシーこと真島昌利、誕生
ドラマ『人にやさしく』の主題曲にブルーハーツ時代の曲が使用されていることから、再び若者から注目を集めたザ・ハイロウズのマーシーこと真島昌利、東京に生まれる。中学の時からバンドをやっていたというマーシーは、中原中也、ブラッドベリなどを読む文学少年でもあったという。「一緒にバンドをやろう」と甲本ヒロトをバンドに誘いヒロト宅に転がり込むが、彼があまりにもテレビ(アニメ)ばかり見ているので、怒ってテレビをどこかへ持っていってしまったという逸話は有名。
−2002年01月28日作成−
ザ・ストーン・ローゼスのイアン・ブラウンが誕生
イアン・ブラウン / 1963年)
ザ・ストーン・ローゼスのイアン・ブラウンが誕生
英ロック界で一時代を築いた、ザ・ストーン・ローゼスのイアン・ブラウンが英マンチェスターに生まれる。同バンドのG.ジョン・スクワイアとは幼なじみで、カレッジ時代にも文化祭や教会のギグなどで演奏。その後'82年に、ジョンと前進バンド「イングリッシュ・ローズ」を結成し、2年後に正式なローゼスの活動が始まる。'97年の解散以降は、ソロとして意欲的なアルバムを立て続けにリリース。番長的な風貌と性格を持ち、スチュワーデスへの侮辱行為で4ヶ月の禁固刑を受けたこともある。
−2003年01月27日作成−
『あずみ』『がんばれ元気』の原作者・小山ゆうが生まれる
小山ゆう / 1948年)
『あずみ』『がんばれ元気』の原作者・小山ゆうが生まれる
1948年2月20日、漫画家の小山ゆうが静岡県に生まれる。さいとうプロダクションでのアシスタントを経て、73年に『おれは直角』でデビュー。代表作である『がんばれ元気』『おれは直角』『お〜い!竜馬』はTVアニメ化もされ、また『あずみ』は上戸彩主演で映画化、黒木メイサ主演で舞台化もされた。なお、77年には『がんばれ元気』で第22回小学館漫画賞少年少女向け部門を受賞。また『あずみ』では、第43回小学館漫画賞一般向け部門と、第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞している。
−2009年02月13日作成−
志村けんとは誕生日が一緒、石野陽子が生まれる。
石野陽子 / 1968年)
志村けんとは誕生日が一緒、石野陽子が生まれる。
1968年2月20日、女優の石野陽子が兵庫県芦屋市で生まれる。姉は石野真子。小・中学生の時、フィギュアスケートの選手として活躍していたという彼女は、17歳の時にTBS系ドラマ『セーラー服通り』で本格的な女優活動を開始。以来、ドラマ、舞台、映画、バラエティと多岐にわたる活躍をみせている。ちなみに、コント番組での息の合ったコンビネーションぶりが話題を呼んだ志村けんも同月同日生まれ(1950年)。
−2008年02月18日作成−
ロバート・アルトマンの誕生日
1925年、ロバート・アルトマンが米国ミズーリに生まれる。TVシリーズ『コンバット!』の演出を手がけた後、1956年『The Delinquents』で映画監督としてデビュー。同映画を見たアルフレッド・ヒッチコックに依頼されTVシリーズ『ヒッチコック劇場』の演出を手がけるなどしながら数本の映画を監督し、1970年の『M★A★S★H マッシュ』でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。その後も1976年『ビッグ・アメリカン』でベルリン国際映画祭金熊賞を、1993年『ショート・カッツ』ではヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞。3大映画祭を制覇する名監督となった。俳優陣からの信頼が最も厚い監督と謳われたが、2006年、永眠。
−2008年02月18日作成−
ビートルズ365:ポールとジェーン、リンゴ夫妻もインドに到着。
ザ・ビートルズ / 1968年)
ビートルズ365:ポールとジェーン、リンゴ夫妻もインドに到着。
マハリシの元でのメディテーション修行のために、2月16日からインド入りしていたジョージ夫妻やジョン夫妻に続いて、ポール、ジェーン・アッシャー、リンゴ夫妻の4人がインドに到着。しかし、食事が口に合わないことからリンゴ夫妻は1週間で離脱、ポールは予定通り1ヶ月で帰国。ジョンはマハリシの女優ミア・ファローへのセクハラ疑惑に幻滅し4月にインドを離れる。ジョージはよりインドへ傾向していくのだが。この期間中に作られた楽曲は『ホワイト・アルバム』に多く収録されることになる。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”
[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る
[インタビュー] “わたし”から“私”へ 吉澤嘉代子『女優姉妹』[インタビュー] 孤独を歩こう――2018年の日本を描いた、中村 中『るつぼ』
[インタビュー] “黒い春”と一緒に“死者の日”を楽しもう エル・ハル・クロイの世界とは[インタビュー] 泣けて笑えて、また泣けて、また笑えて――近田春夫×児玉雨子
[インタビュー] ビートで紡ぐストーリー――CRAM『The Lord』[インタビュー] 進化し続けるCOLOR CREATION 新たなチャレンジや発見も詰まった「I
[インタビュー] カズオ・イシグロが歌詞を提供した“ジャズ・ソングバード” ステイシー・ケントがジム・トムリンソンと描く美しい歌[インタビュー] 新しい自分を見つけることができる作品だった――指揮者アンドレア・バッティストーニ×東京フィルハーモニー交響楽団によるセッション録音プロジェクト第2弾に女優のんが登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015