2015年04月02日(木)
  
偉大なるソウル・シンガー、マーヴィン・ゲイが誕生
マーヴィン・ゲイ / 1939年)
偉大なるソウル・シンガー、マーヴィン・ゲイが誕生
誰もが知る名ソウル・シンガー、マーヴィン・ゲイが米国ワシントンに生まれる。父親はキリスト教の牧師で、教会の聖歌隊で歌ったことが最初の音楽経験となった。が、この父親の躾が異常なまでに厳しく、マーヴィンの人格形成に大きな影響を与えたことは有名だ。そのはけ口を音楽に求めた彼は、ピアノやドラムも会得。シンガーとしての才能も開花させ、モータウンの一時代を築くなど、成功を収めるに至った。84年、父親に撃たれて死去。誕生日前日のことだった。
−2007年03月28日作成−
P-MODELの平沢進、誕生
平沢進 / 1954年)
P-MODELの平沢進、誕生
日本を代表するサウンド・クリエイター、平沢進が東京都に生まれる。キャリアのスタートはマイドレイクというプログレッシヴ・ロック・バンドだったことは有名だが、その後はテクノ・ポップのP-MODELを率い、テレビのドキュメンタリー番組用からゲームやアニメのサウンドトラック盤に至るまで、様々な音楽を作り続けている。ちなみにデビュー間もないP-MODELはヴァン・ヘイレン来日公演の前座を務め、ハード・ロック・ファンにも衝撃を与えたそうだ。
−2006年03月29日作成−
GLAY、秋葉原の街頭をジャックする
GLAY / 2000年)
GLAY、秋葉原の街頭をジャックする
GLAYがビデオ『VIDEO GLAY4』のプロモーションで、秋葉原駅前の巨大ビジョン、スーパーライザ秋葉原に約20分出演。同電気街のモニター約1,000台でも終日放映された。ファンの前に姿を現したのが99年末以来というだけあり、1万人を超えるファンが集結、熱狂した。電波ジャックを行なったアーティストといえば、宇多田ヒカル、安室奈美恵、hitomi、ラルク・アン・シエル、桑田佳祐などが有名だが、秋葉原ジャックは珍しい。
−2001年03月26日作成−
PUFFY由美&TM西川、電撃結婚
吉村由美、西川貴教 / 1999年)
PUFFYの吉村由美と、T.M.Revolutionの西川貴教が電撃結婚。マスコミにツーショットの結婚記念写真と直筆コメントをバイク便で送付し、世間をあっと驚かせた。キューピット役は、二人と同じ関西出身の相川七瀬。相川の自宅に友人たちが集まっているうちに、二人の仲が深まっていたという。しかし、お似合いのカップルと言われていた二人だが、2001年11月には早くも破局説が浮上、2002年7月に離婚。由美は西川の留守中に生活道具をまとめ、飼っていたオスのネコを連れてマンションから“夜逃げ同然に”出ていったとか…。
−2002年03月27日作成−
'70年代のヒットメーカー、レオン・ラッセル、誕生
レオン・ラッセル / 1942年)
'70年代のヒットメーカー、レオン・ラッセル、誕生
シェルター・レーベルを立ち上げたレオン・ラッセル、米オクラホマにて生まれる。小さな頃からピアノを習い、16歳からスタジオ・ミュージシャンとして数多くのミュージシャンのバックを務める。その後、作曲、編曲の技術を磨き、裏方の活動に力を入れる。多くのアーティストのプロデュースを手掛け、ジョー・コッカーが歌った「デルタ・レディー」が大ヒットし、一躍注目の人となる。代表曲は、カーペンターズがカヴァーした「スーパー・スター」、ジョージ・ベンソンがカヴァーした「ディス・マスカレード」など。
−2003年03月25日作成−
TVアニメ『ドラえもん』の放送がスタート
藤子・F・不二雄 / 1979年)
TVアニメ『ドラえもん』の放送がスタート
藤子・F・不二雄原作のTVアニメ『ドラえもん』(テレビ朝日/第2作)の放送が1979年4月2日より、月曜〜土曜の10分枠の帯番組としてテレビ朝日(関東ローカル)でスタート。同年4月8日より放送が開始された全国ネットの30分番組(当初は日曜の朝8時30分?)は、当初その10分枠番組の再放送であった。以後、2005年のリニューアルを挟み、現在(2009年)も放送が続いている。世代を超えて愛されている、まさに国民的アニメ。
−2009年03月31日作成−
映画『コーヒー&シガレッツ』日本公開
ジム・ジャームッシュ監督が1986年から18年にわたって撮りためたコーヒーとタバコをテーマにした11本の短編映画集が日本で公開。彼の作品には常連のロベルト・ベルーニはもちろん、トム・ウェイツ、イギー・ポップ、そしてホワイト・ストライプスの二人も出演している。白と黒、そしてその中間色で表わされたありきたりな日常風景には、タバコの煙が何とも映えて美しい。
−2007年03月30日作成−
ビートルズ365:アルバム『レット・イット・ビー』完成。
ザ・ビートルズ / 1970年)
ビートルズ365:アルバム『レット・イット・ビー』完成。
グリン・ジョンズの手によって、2度のミックスを終えたものの未発表のままに終わっていたアルバム『ゲット・バック』。そのセッション・テープをジョンとジョージがフィル・スペクターに託した。3月23日から編集作業が行なわれ、この日、すべての作業が終了。完成の現場にはジョージとアラン・クラインだけが立ち会っていたそうだ。この編集でフィル・スペクターはストリングスやコーラスを重ねるなどし(ポールやジョージ・マーティンはこの作業を知らなかった)、原点回帰という制作開始当初のコンセプトとは違った形で、アルバム『レット・イット・ビー』を完成させた。
−2006年04月01日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015