2015年05月13日(水)
  
PUFFY、「アジアの純真」でデビュー
PUFFY / 1996年)
PUFFY、「アジアの純真」でデビュー
大貫亜美、吉村由美の2人によるPUFFYがデビューを飾った。奥田民生の作曲・プロデュース、井上陽水の作詞という「アジアの純真」がデビュー曲。豪華な制作陣とは裏腹に、本人たちは朴訥というか、ノホホンというか、やる気があるのかないのか、よくわからない独特の味を当時から醸し出していた。90年代は女性アイドル不遇の時代だったが、アイドルなの?という微妙な立ち位置だったから成功したのかも(失礼?)。2000年代には米国でも大人気に。
−2006年04月24日作成−
T.M.Revolutionがデビュー
T.M.Revolution / 1996年)
西川貴教のプロジェクト“T.M.Revolution”がシングル「独裁 -monopolize-」でデビュー。浅倉大介のプロデュースのもと、それまでにもライヴ活動などを精力的に行なっていたが、いきなりの大ヒットとはなっていない。それどころか、“バンドじゃないの?”というのが一般人の反応だったような気がする。それでもめげることなく突き進んだ西川は、そのド派手なパフォーマンスと軽妙なトークで、ブレイクするのにそれほど時間は掛からなかった。
−2007年04月26日作成−
スティーヴィー・ワンダーが誕生
スティーヴィー・ワンダーが誕生
世界的スーパー・スター、スティーヴィー・ワンダーが米ミシガン州に生まれる。生まれてすぐに盲目となるが、幼少の頃からピアノ、ハーモニカに加えドラムス、ボンゴなどをマスター。友人の家でその腕前を披露していたところ、音楽関係者であった友人の兄が聞きつけ、あれよあれよという間にモータウン・レコードと契約に至る。弱冠12歳の時であった。日本では、缶コーヒー「FIRE」のCM曲なども手掛けた。あれだけのスターにして、意外にもCMソングは「FIRE」が初めてだとか。
−2001年04月23日作成−
当時は爽やかポップ路線。平井堅、デビュー
平井堅 / 1995年)
当時は爽やかポップ路線。平井堅、デビュー
平井堅がシングル「Precious Junk」でデビュー。ドラマ『王様のレストラン』主題歌であったこの曲は、オリコンチャート最高50位となるものの、その後5年間は鳴かず飛ばず。“これが売れなければ契約を更新しない”と言われた「楽園」で起死回生、一躍ブレイクに至った。デビューのきっかけは、ソニーで行なわれたオーディション。その当時は、今のようなセクシーR&B系な歌い方ではなく、爽やかでポップな歌声であった。
−2002年04月24日作成−
『幻魔大戦』シリーズで知られる作家の平井和正が生まれる
平井和正 / 1938年)
1938年5月13日、小説家/SF作家の平井和正が神奈川県に生まれる。大学在学中の61年に作家デビュー。63年には『8マン』の漫画原作を担当、のちに自らがシナリオライターのチーフを務めたTVアニメ版も作られ人気を博した。また67年には、石ノ森章太郎との共作で「週刊少年マガジン」誌上にて『幻魔大戦』を発表。79年からは小説版『幻魔大戦』の刊行もスタートさせ、世に“ハルマゲドン”旋風を巻き起こした。『幻魔大戦』は83年に劇場アニメ化されている。
−2009年05月01日作成−
爆笑問題の太田光誕生
爆笑問題 / 1965年)
爆笑問題の太田光誕生
太田光が埼玉県にて生まれる。日本大学芸術学部中退後、田中裕二とお笑いコンビ爆笑問題を結成。毒を吐く芸風に定評があり、知識も豊富で頭の回転が速い。オムニバス映画『バカヤロー!』シリーズでは監督を務めたこともある。意外にも木村拓哉の大ファンで、コンサートにも足を運ぶほどの熱狂ぶり。本人の目の前に立つと、赤面してうまく喋れないというお茶目な一面も。
−2007年04月25日作成−
ビートルズ365:BBCラジオ『サイド・バイ・サイド』放送。
ザ・ビートルズ / 1963年)
ビートルズ365:BBCラジオ『サイド・バイ・サイド』放送。
4月1日に収録が行なわれたBBCのラジオ番組『サイド・バイ・サイド』が放送された。番組のレギュラーであるカール・デンバー・トリオと「サイド・バイ・サイド」(ハリー・ウッズ作曲、1927年にポール・ホワイトマン・オーケストラによって初めてレコーディングされた)を一緒に演奏。ビートルズは「フロム・ミー・トゥ・ユー」「ロング・トール・サリー」「密の味」「チェインズ」「サンキュー・ガール」「ボーイズ」の6曲を演奏した。ちなみに4月1日の収録では4月22日放送分も収録され、「プリーズ・プリーズ・ミー」「ミズリー」などを演奏した。
−2006年04月24日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015