2016年04月27日(水)
  
ゴードン・ハスケル(元キング・クリムゾン)誕生
ゴードン・ハスケル / 1946年)
ゴードン・ハスケル(元キング・クリムゾン)誕生
英国のシンガー・ソングライター、ゴードン・ハスケルが生まれる。キング・クリムゾンの『リザード』(71年)に参加したものの、メインのタイトル曲をイエスのジョン・アンダーソンに唄われてしまったという、不遇の男。が、もともとフォーク畑の人で、クリムゾンに参加したこと自体にムリがある。日本ではソロの作品はほとんど話題にならないが、2001年には全英チャート2位の「How Wonderful You Are」というヒット曲を出していたりする。
−2006年03月29日作成−
シーナ・イーストンが誕生
シーナ・イーストン / 1959年)
シーナ・イーストンが誕生
「モーニング・トレイン (9to5)」などのヒットで知られる女性シンガー、シーナ・イーストンがスコットランドに生まれる。6人兄妹の末っ子。初めて人前で歌ったのは5歳の時で、叔父と叔母の銀婚式の席だったという。バーブラ・ストライサンドの映画に触発されて歌手を目指すようになり、演劇学校を経てEMIのオーディションに参加。ここから彼女のキャリアがはじまった。ちなみにイーストンという名前は、79年に結婚した最初の夫の姓である。
−2007年03月30日作成−
くるりの岸田繁、誕生
岸田繁(くるり) / 1976年)
くるりの岸田繁、誕生
「ワンダーフォーゲル」「ばらの花」とヒットを連発中のくるりのシンガー兼ギタリスト、岸田繁が京都府に生まれる。典型的な京都弁を話し、小柄で細身でメガネ(吉本興行の芸人、バッファロー吾郎の竹若に激似!?)の岸田は、くるり唯一の既婚者でもある。立命館大学のサークルで96年に誕生したくるり。そのバンド名の由来は、京都の地下鉄の案内矢印が“くるり”となっていたからだとか。自他共に認める鉄道(&昆虫)オタクの岸田を核に、独自のサウンドを創り上げた。
−2001年03月26日作成−
元KISSのリード・ギタリスト、エース・フレーリー誕生
元KISSのリード・ギタリスト、エース・フレーリー誕生
元KISSのギタリスト、エース・フレーリーが米ニューヨークのブルックリンに生まれる。もともと電子機器に興味のあったエースは、友人の持っていたエレキ・ギターの音に衝撃を受け、真剣に練習を開始。その後、雑誌の募集広告を見てオーディションを受け、KISS加入に至った。よろめきながらステージを歩き、ギターから煙と火が噴き出すという彼のギミックは、彼が“重力の弱い惑星から地球にやってきた宇宙人”というキャラ設定だったからだとか。
−2002年03月27日作成−
ポルノグラフィティのベーシスト、TAMA誕生
ポルノグラフィティのベーシスト、TAMA誕生
「アポロ」で鮮烈デビューを果たしたポルノグラフィティのベーシスト、TAMAが広島県因島にて生まれる。小・中学校時代の同級生ハルイチ、ハルイチの同級生アキヒトでバンドを結成、高校卒業後、大阪の城天で活動を開始したポルノ。その頃は派手なラメラメ〜キラキラのファッションだった。TAMAの口癖「さり気に」などはファンの間でもタマ語と呼ぶらしい。また、昔サンフランシスコにホームステイをし、その家族の子供と汚い言葉対決で盛り上がったとか。04年、バンドを脱退した。
−2003年03月25日作成−
漫画家、冨樫義博が生まれる。
冨樫義博 / 1966年)
1966年、漫画家の冨樫義博が山形県に生まれる。「週刊少年ジャンプ」(集英社 刊)にて連載された代表作『幽☆遊☆白書』及び『HUNTER×HUNTER』はどちらもアニメ化され、人気を博す。氏の代表作であるだけでなく、「週刊少年ジャンプ」を代表する作品のひとつでもあるだろう。特に『幽☆遊☆白書』は少年漫画の女性人気に先鞭を付けた作品であり、連載終了後も根強い人気を誇っている。
−2009年04月20日作成−
初エッセイは『あんころもちべえ』、鈴木杏が生まれる
鈴木杏 / 1987年)
鈴木杏が東京都に生まれる。豊川悦司/夏川結衣と共演を果たしたTBSドラマ『青い鳥』など、子役としてキャリアをスタート。10代にして早くも“実力派女優”と評される演技力は若手随一。北野武監督映画『監督・ばんざい! 』(2007年6月公開)、主演:織田裕二×監督:森田芳光のコンビでリメイクされた『椿三十郎』(2007年12月公開)など話題作への出演が続く。
−2007年03月30日作成−
ビートルズ365:リンゴ、女優バーバラ・バックと結婚。
ザ・ビートルズ / 1981年)
ビートルズ365:リンゴ、女優バーバラ・バックと結婚。
リンゴ、映画『おかしなおかしな石器人』での共演をキッカケに出会ったバーバラ・バックと結婚。ロンドンのメリルボーン登記所で行なわれた式にはポール夫妻、ジョージ夫妻ともに出席。リンゴ、ポール、ジョージの3人で「シー・ラヴズ・ユー」を演奏した。 また同日、ウイングス結成時からのメンバーであったデニー・レインがウイングスからの脱退を発表。結果、ウイングスは解散へと駒を進めることになった。
−2006年04月01日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 自己の確立とムードの追求――KIKUMARU『711』[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』
[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現
[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』
[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015