2016年10月26日(水)
  
ジェシカ・シンプソンとニック・ラシェイが結婚
ジェシカ・シンプソンとニック・ラシェイが結婚
米国の女性シンガー、ジェシカ・シンプソンと、ヴォーカル・グループの98°でメインを張っていたニック・ラシェイが結婚。人気絶頂のアイドル同士のロマンスとあり、全米中の注目を集めた。その結婚生活はリアリティ番組『新婚アイドル:ニックとジェシカ』としてテレビ放送され、“世間知らずのジェシカと、惚れた弱みで振り回されるニック”という関係が大ウケ。その後、シリーズ化されるほどの人気番組となった。しかし2006年、結婚4年目を待たずに離婚。
−2006年09月28日作成−
アイドルからギター・マニアへ、野村義男が誕生
野村義男 / 1964年)
アイドルからギター・マニアへ、野村義男が誕生
野村義男が東京都に生まれる。デビューはジャニーズ事務所のアイドルとしてであり、TBS系ドラマ『3年B組金八先生』への出演や、たのきんトリオとしての活動はあまりにも有名だ。本格的なバンドであるThe Good-Byeでの活動を開始した頃からギター・マニアとして知られるようになり、公の場ではほとんどギターを手にしている。ロックに対する造詣も深く、ギターの腕前も確か。顔が似ていることもあり、和製エディ・ヴァン・ヘイレンの声もある。
−2007年09月27日作成−
クイーンの前身〈スマイル〉ライヴ・デビュー
クイーン / 1968年)
クイーンの前身〈スマイル〉ライヴ・デビュー
クイーンの前身バンド〈スマイル〉が、ピンク・フロイドの前座としてライヴ・デビュー。フレディ・マーキュリーはまだ加入していなかった。〈スマイル〉は1969年にマーキュリー・レーベルと契約したが、アルバム1枚のみを残して解約。クイーンがすっかり有名になった82年、未発表曲を集めたミニ・アルバム「ゲッティン・スマイル」で再び注目を浴びる……が、メンバーは録音したこと自体忘れていたという。この希少なアルバムには超プレミアがついたが、後に『ゴースト・オブ・ア・スマイル』でその音源に触れることができるようになった。
−2000年09月26日作成−
元m-floのシンガー、LISAが誕生
LISA(m-flo) / 1974年)
元m-floのシンガー、LISAが誕生
元m-floの紅一点・コロンビア系ハーフのLISAが東京都に生まれる。ドナ・サマーらを慕う彼女は、インターナショナル・スクール時代からの友人Taku、韓国人ラッパーVerbalと'98年にm-floを結成。1stマキシ・シングル「the tripod e.p.」がいきなりオリコン9位を記録する。その後ヒット曲を連発。公私ともに充実したLISAは'01年TRICERATOPSのライヴに飛び入り。「チョー緊張するよ!」という言葉とともに夢のコラボレートを実現させた。
−2001年09月26日作成−
“ノンタン”、千秋の誕生日
千秋 / 1971年)
1971年、タレントの千秋が京都府に生まれる。1991年、オーディション番組『ゴールドラッシュ』で芸能界入り。その後、子供向け番組『ウゴウゴルーガ』に準レギュラーとして出演。番組内で放映されていたアニメ版『ノンタンといっしょ』では主人公ノンタンの声も務め、子供たちの人気者に。2006年より声優陣を一新してスタートした第2期“ドラえもん”シリーズでは、ドラえもんの妹(後継機)、ドラミの声を担当。
−2008年10月24日作成−
その強さは横綱クラス、チャック・ウィルソン誕生
同志社大学に柔道留学としてやって来たのも今や昔、“株式会社チャックウィルソンエンタープライズ”代表取締役としてその辣腕をふるうチャック・ウィルソンが米国ボストンに生まれる。毎年恒例のTBS系特番『オールスター感謝祭』では、日本の芸能史に残る死闘(相撲)繰り広げた彼、映画『ゴジラvsキングギドラ』では未来人“ウィルソン”として出演を果たしている。
−2007年09月28日作成−
ビートルズ365:ビートルズ、MBE勲章を授与される。
ザ・ビートルズ / 1965年)
ビートルズ365:ビートルズ、MBE勲章を授与される。
エリザベス女王からバッキンガム宮殿にてMBE勲章を授与。勲章授与の理由は外貨獲得の功績が認められたこと。このことについて、リンゴは「俺たちはイギリスのためにこれだけ尽くしてお金をもうけたのに、もらったのは戦争でたくさん人を殺した奴らと同じものだった」と発言し、ジョンはビートルズが勲章を授与されたことに反論し、勲章を返還する人に対して、「多くの叙勲者は戦争でたくさんの人を殺したことで栄誉を得ている。音楽で世界中のたくさんの人を楽しませて、勲章をもらうんだ。どちらが正しいか分かるだろう」と述べた。ポールにいたっては「マネージャーのエプスタインこそ勲章をもらうべき人物(「Mr.Brian Epstain」にひっかけた駄洒落)」と発言した。
−2006年09月28日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015