2017年07月05日(水)
  
アメリカン・ロックの良心、ヒューイ・ルイスが誕生
ヒューイ・ルイス / 1950年)
「パワー・オブ・ラブ」などで知られるヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのヒューイ・ルイスが米国ニューヨークに生まれる。本名はヒュー・アンソニー・クレッグ。とにかくこの人は苦労人。70年代初頭からミュージシャンとしての活動を開始、クローヴァーというバンドではニック・ロウに気に入られ、エルヴィス・コステロのバックも務めたのだが、アルバム1枚で解散。ザ・ニュースで最初のヒットを飛ばすまでに10年以上の下積みがある。その経験は声に刻まれている?
−2006年06月28日作成−
ザ・バンドのギタリスト、ロビー・ロバートソンが誕生
ザ・バンドのギタリストとして知られる、ロビー・ロバートソンがカナダのトロントに生まれる。子どもの頃から音楽に興味を持っていたようで、ギターを覚えるとともに曲も書き、人前に演奏していたそうだ。50年代後半からは地元でいろいろなグループに在籍、ロニー・ホーキンスのバックで演奏しはじめ、プロとしてのキャリアをスタートさせたのは59年のこと。ザ・バンドでは中心メンバーのひとりとして活躍、多大な貢献をしたのはご存知の通りだ。
−2007年06月28日作成−
LOVE PSYCHEDELICO、2ndシングル発売
ラブ・サイケデリコ / 2000年)
LOVE PSYCHEDELICO、2ndシングル発売
LOVE PSYCHEDELICOの2ndシングル「Your Song」が発売。同年4月のデビューシングル「LADY MADONNA〜憂鬱なるスパイダー〜」(オリコン88位)を大きく上回るスマッシュヒットを記録する(オリコン最高17位)。ちなみにタイトル「Your Song」はエルトン・ジョンの名曲と同名(さらに「LADY MADONNA」はビートルズの名曲と同名)。初アルバムに『THE GREATEST HITS』と名付けた、彼らのネーミングセンスがここにもチラリと。
−2001年06月26日作成−
“怨歌”歌手であり宇多田の母。藤圭子、誕生
藤圭子 / 1951年)
“怨歌”歌手であり宇多田の母。藤圭子、誕生
歌手・藤圭子、岩手県に生まれる。父は浪曲師・母は曲師。生後間もなく北海道に移り、10歳頃からステージで歌い始める。その後上京し、'69年4月「新宿の女」でデビュー。3枚目のシングル「圭子の夢は夜ひらく」が大ヒットし、作家五木寛之が彼女の歌を〈怨歌〉と絶賛するなど、一大ブームとなる。その後、歌手・前川清との結婚&スピード離婚、ポリープ手術といった紆余曲折を経て、'79年突然の引退表明。自分のやりたいのは演歌ではないとNYに留学し、音楽プロデューサーの宇多田照実と結婚。娘・光が誕生したのであった。
−2002年06月24日作成−
ストーンズ、ブライアン・ジョーンズ追悼公演
ストーンズ、ブライアン・ジョーンズ追悼公演
'69年7月3日に溺死した、脱退直後のブライアン・ジョーンズ。2日後に、ローリング・ストーンズは追悼公演を行なった。このライヴは新加入したミック・テイラーのために企画されていたが、急きょ追悼ライヴも兼ねることに。会場はロンドンのハイド・パークで、初のフリー・コンサート。ミック・ジャガーによる、ブライアンに捧げる詩も朗読され、観客25万人が涙した。このライヴ映像に加え、ミックが当時のストーンズの状況を語る姿を収録した『ハイド・パーク・コンサート』はビデオ・DVD化されている。
−2003年06月25日作成−
元祖ねずみ男、大塚周夫誕生
(1929年)
元祖ねずみ男、大塚周夫誕生
1929年7月5日生まれ。日本の男性俳優、声優。青二プロダクション所属。ニヒルで重厚な演技が要求されるものからコミカルで柔和な面をあわせ持つキャラクターまで幅広く演じ分ける、卓越した演技力の持ち主である。なかでも『ゲゲゲの鬼太郎』(第1作・第2作)でのねずみ男は有名。本人はねずみ男を気に入っており、人間の本質でもあるいい加減さを体現したキャラクターに共感を覚えると語っている。
−2008年07月03日作成−
映画『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』公開
深作健太 / 2003年)
映画『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』公開
映画『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』が公開される。「BR法」なる新法の下、中学生が無人島で殺し合いをさせられるバイオレンス・アクションの続編。製作発表時に深作欣二監督が前立腺がんの脊椎転移を告白、撮影開始直後に帰らぬ人となってしまう。代役に息子の深作健太を起用し、「I」の地獄絵図を生き延びた少年たちが、すべての大人に宣戦布告する物語を描ききった。
−2007年06月20日作成−
ビートルズ365:フィリピン出国時に暴行を受ける。
ザ・ビートルズ / 1966年)
ビートルズ365:フィリピン出国時に暴行を受ける。
イメルダ・マルコスのパーティに招待されていたものの、連絡の行き違いで昼食会を欠席。それが国民の反感を買うことになった。前日の昼食会欠席は国民的な問題となり、ブライアン・エプスタインがテレビを通して声明を発表するも脅迫、嫌がらせの数々を受けることになってしまった。ビートルズとその一行は出国を妨害され、空港では暴動騒ぎとなり、4人は幸い無傷であったが、ブライアン・エプスタインとマル・エヴァンスは暴行を受け、負傷した。飛行機に乗り込んだあとも、嫌がらせは続き、午後4時45分にマニラ国際空港を離陸。バンコク経由でインドのニューデリーに向かった。このインド滞在でジョージはシタールを購入した。
−2006年06月26日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] ロイ-RöE-が描く『ストロベリーナイト・サーガ』の世界[インタビュー] “まるで13本立てのカルト映画祭”ROLLYが新曲入りセルフカヴァー・アルバム『ROLLY
[インタビュー] クールス対談 ジェームス藤木×近田春夫[インタビュー] 君はひとりじゃないよ Karavi Roushi『清澄黒河』
[インタビュー] 山口美央子×松武秀樹 〜1983年作の『月姫』以来となる新作『トキサカシマ』をハイレゾ音源で聴く[インタビュー] 自然に感じたまま表現すればいい――荘村清志、デビュー50周年の集大成『シャコンヌ』
[インタビュー] 活動11年目のTSUKEMENが“いい大人”へのスタートとなる新作『時を超える絆』をリリース[インタビュー] 世にも美しい“切れ目の戯言”――ATOSONE(RC SLUM / Boutique Strange Motel)
[インタビュー] ローカルな個性とグローバルな普遍性 FOUR HORSEMEN『FOUR HEAVENLY KINGS』[インタビュー] リストのあらゆる側面を伝えたい――金子三勇士『リスト・リサイタル』
[インタビュー] 追い求めていくことと打ち砕かれてしまうこと ドキュメンタリー映画「STANDARD」[インタビュー] 音で聴く回想録 KERA『LANDSCAPE』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015