2018年01月24日(水)
  
「恋人よ」の五輪真弓が誕生
五輪真弓 / 1951年)
「恋人よ」の五輪真弓が誕生
歌手の五輪真弓が東京都に生まれる。デビューは1972年で、1stアルバム『少女』は米国でレコーディングされ、キャロル・キングが参加したことから“和製キャロル・キング”と称された。80年、後に代表曲となるシングル「恋人よ」をリリース。感情を込めた熱唱が素晴らしいこの悲しげなナンバーが大ヒットを記録、日本レコード大賞でも金賞を受賞し、一般層にまで彼女の名前を浸透させた。日本のみならず、フランスや東南アジアでも活動を行なう。
−2006年12月26日作成−
ドリーム・シアターのジョン・マイアングが誕生
ドリーム・シアター / 1967年)
ドリーム・シアターのジョン・マイアングが誕生
米国のプログレッシヴ・メタル・バンド、ドリーム・シアターのベーシストであるジョン・マイアングが、コリアン・アメリカンの子としてシカゴに生まれる。ニューヨークで育った彼は、ベースを手にするや没頭。バークリー音楽院へと進み、腕を磨いていった。そのテクニックは誰もが認めるところだ。口数が非常に少なく、インタビューでも必要以上に喋ることがない。ミステリアスな人物とされているが、アジア系ということもあり、日本では親近感を持つファンも多い。
−2007年12月18日作成−
ザ・タイガースが解散コンサート
ザ・タイガース / 1971年)
ザ・タイガースが解散コンサート
日本武道館でザ・タイガースの解散コンサートが開かれる。内田裕也に見いだされ、すぎやまこういちに命名された同グループだが、69年にメンバーの加橋かつみ失踪事件が起こり脱退。替わりに急きょアメリカから帰国させられた岸辺シローが加入するも、メンバーのソロ活動、下火になりつつあったGSブームなどの要因が重なり、惜しまれつつも解散に至った。このコンサートの様子はアルバム『フィナーレ』として発売されているが、メンバーのソロを入れるために割愛された曲も多い。が、当時のファンの熱狂はよく伝わってくる。
−2000年12月22日作成−
BUCK-TICK「悪の華」発売
BUCK-TICK / 1990年)
BUCK-TICK「悪の華」発売
ビジュアル系ロック・バンドの先駆け、BUCK-TICKが「悪の華」を発売。オリコン初登場1位となる。また。その約1ヶ月後に発売された同名アルバムもオリコン初登場1位、そしてその約2ヶ月後に発売された同名ビデオもオリコン1位。世にB-Tブームが吹き荒れる。デカダンチックな歌詞と、逆立てた色とりどりの髪、そして、宝塚も吃驚のド派手メイク&衣装が非常に印象的であったが、実のところはビジュアルからの脱却も早く、新たな取り組みを見せるバンドとして確実にファンの心を掴んでいる。
−2001年12月25日作成−
プレスリーなどにもカヴァーされたニール・ダイアモンド誕生
プレスリーなどにもカヴァーされたニール・ダイアモンド誕生
メロディ・センスあふれる楽曲を数多く生みだしたシンガー・ソングライター、ニール・ダイアモンドが米ニューヨークに生まれる。モンキーズの「アイム・ア・ビリーバー」の提供者として注目され、シンガー・ソングライターとして念願のデビューを果たす。古き良きロックの伝統を引き継ぎながら、カントリーやゴスペルをミックスし、「スウィート・キャロライン」「ホーリー・ホーリー」などの名曲を生み出す。フランク・シナトラ、エルヴィス・プレスリー、UB40など、大御所アーティストにカヴァーされているのも納得だ。
−2002年12月25日作成−
Apple、初代Macintoshを発売
(1984年)
Apple、初代Macintoshを発売
1984年、米Apple Inc.(当時はApple Computer, Inc)が初代Macintoshを発売。Motorola製MC68000(8MHz)CPU搭載、メモリ128KB DRAM。販売価格は当時$2,495。現在のパーソナルコンピュータへと受け継がれるグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を前面に押し出し、普及させることに成功。後続へ与えた影響は計り知れない。グラフィック処理能力の高い同コンピュータの進化が、アニメーション制作の現場を大きく変えることとなったのは言うまでもない。
−2009年01月22日作成−
アナウンサーから女優へ、野際陽子が生まれる
野際陽子 / 1936年)
アナウンサーから女優へ、野際陽子が生まれる
NHKアナウンサーとして活躍後、フリーランスを経て、女優業へ本格的に転身。ドラマ『キイハンター』で全国区の人気を得た、女優・野際陽子が生まれる。実生活では『キイハンター』で共演した千葉真一と結婚し一女をもうけるも、1994年に離婚している。オーラのごとく漂う知性と凛々しい立ち振る舞い、誰もが思い描く“お姑さん”のイメージにピッタリ。『TRICK』では、仲間由紀恵の母親役としてもお馴染み。あの柔らかな声を堪能したい方は、NHK『しばわんこの和のこころ』のナレーションに注目!
−2008年01月07日作成−
ビートルズ365:ブライアン・エプスタイン、正式にマネージャーとなる。
ザ・ビートルズ / 1962年)
ビートルズ365:ブライアン・エプスタイン、正式にマネージャーとなる。
61年12月21日に、キャヴァーン・クラブのDJ、ボブ・ウーラーの仲介によって、ビートルズのマネージャーとして契約したブライアン・エプスタインが、62年1月24日、ピート・ベストの家でマネージャーとして5年契約を結び、正式にマネージャーに就任した。その契約でエプスタインはサインをせず、契約をいつでも解除できるオプションをビートルズに与えた。この契約でエプスタインの取り分は25%とされた。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015