2018年02月02日(金)
  
グラハム・ナッシュが誕生
グラハム・ナッシュ / 1942年)
ホリーズやクロスビー・スティルス&ナッシュで知られるグラハム・ナッシュが、英国に生まれる。マンチェスターで育った彼にとっての音楽体験は、小学校でのコーラス隊が最初。そこで出会ったアラン・クラークとは長きに亘って友情を築き、ホリーズへの成功に繋がっていく。カヴァー曲の演奏を強いられることなどに嫌気が差し、ホリーズを脱退したナッシュは米国へ。CS&Nで成功を収めるのだが、原点であるヴォーカル・ハーモニーは失わなかった。
−2007年01月29日作成−
スタン・ゲッツが誕生
スタン・ゲッツ / 1927年)
スタン・ゲッツが誕生
ジャズ・サックス奏者のスタン・ゲッツが米国フィラデルフィアに生まれる。両親はウクライナ系ユダヤ人の移民。なんでも、小学生の頃は常にトップクラスの成績を残していたとか。音楽にも強い興味を持っており、13歳の時にクラリネットとともに父親が与えたサックスにのめり込み、その腕を磨いていく。1940年代からトップ・クラスのプレイヤーとして活躍、麻薬やアルコールの問題に悩まされるものの、常に精力的な活動を行なっていた。91年に死去。
−2008年01月28日作成−
パンクのカリスマ、シド・ヴィシャスが死去
シド・ヴィシャス / 1979年)
パンクのカリスマ、シド・ヴィシャスが死去
パンク・ムーヴメントの中心人物、シド・ヴィシャスが21歳で死亡。セックス・ピストルズの親衛隊だったシドは、楽器もロクに弾けないまま二代目ベーシストとして加入。この頃すでに最愛の女性ナンシーと出会い、ヘロインを始めていた。その後アルバム一枚で解散したピストルズを後目に、シドはニューヨークでソロ活動を開始。ドラッグ漬けの生活のなか、ナンシーの刺殺疑惑が。保釈後すぐに暴力事件で服役した彼は、その出所パーティの晩に多量のヘロインを服用して死亡した。シドの母親はナンシーの墓を探し、その上にシドの灰をまいたとか。
−2001年01月25日作成−
メンバーからも“謎の人”。GLAYのHISASHI、誕生
HISASHI(GLAY) / 1972年)
メンバーからも“謎の人”。GLAYのHISASHI、誕生
GLAYのメンバーの中で最もミステリアスなHISASHI(本名・外村尚)、青森県弘前市に生まれる。ステージ演出を愛機のmacを使って行なったり、みずからのホームページを立ち上げたりもしているが、その機械好きは幼少の頃から。人見知りで、一人遊びが好きだった(印象変わらず?)というHISASHIは、小学生の時にパソコンにハマったり、また、よくラジカセを分解したり、モデルガンを作ったりしていたという。
−2002年01月28日作成−
ラテン界の歌姫シャキーラ、誕生
シャキーラ / 1977年)
ラテン界の歌姫シャキーラ、誕生
コロンビア出身のシンガー、シャキーラが誕生。シャキーラとはアラビア語で「優美な者」。8歳で作曲をはじめ、13歳でデビュー。アラニス・モリセット的なサウンド、マライア・キャリーのデビュー当時を彷彿とさせるルックスで、'96年『裸足のままで』が大ヒット。その後、より一層ワールドワイドな活躍を意識してか、黒髪を金髪に変え、母国語スペイン語でなく英語でアルバム『ランドリー・サーヴィス』もリリース。来日も果たした。ちなみに、日本でのお気に入りは、日本茶、サーモンのお寿司、和菓子だとか。
−2003年01月27日作成−
「バルキリー」の生みの親、河森正治が生まれる
河森正治 / 1960年)
「バルキリー」の生みの親、河森正治が生まれる
1960年2月2日、マルチクリエイターの河森正治が富山県に生まれる。大学在学中からメカ・デザイナーとして頭角を現し、82年にはTVアニメ『超時空要塞マクロス』の主役ロボット“可変戦闘機バルキリー”をデザイン、その斬新な変形機構で一躍脚光を浴びる。84年には24歳にして劇場アニメ『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』で監督デビュー。以後も、数々の作品にデザイナー、原作者、監督とさまざまな角度で参加。また“ビジョンクリエーター”として、ゲームや玩具などの分野でも活躍している。
−2009年01月31日作成−
『陰日向に咲く』映画化、劇団ひとりが生まれる
劇団ひとり / 1977年)
『陰日向に咲く』映画化、劇団ひとりが生まれる
さまざまなキャラクターを演じ分けることで“劇団”を意味する、お笑い芸人・劇団ひとりが千葉県に生まれる。ブレイク後は俳優業もスタートさせ、『嫌われ松子の一生』『ドラえもんのび太の恐竜2006』『どろろ』『バブルへGO!』など多くの映画に出演しているほか、月9ドラマ『ファースト・キス』でも主要キャストとして活躍。自身の小説家デビュー作『陰日向に咲く』は、岡田准一と宮崎あおいら豪華キャストが集結し、2008年1月に映画化された。
−2008年01月31日作成−
ビートルズ365:ヘレン・シャピロとともに初のイギリス・ツアーがスタート。
ザ・ビートルズ / 1963年)
ビートルズ365:ヘレン・シャピロとともに初のイギリス・ツアーがスタート。
当時イギリスで大人気だった女性シンガー、ヘレン・シャピロをメインにした初のイギリス国内ツアーに参加。ツアー当初は出演者中一番下の扱いで前座のトップバッターだった。しかし、「プリーズ・プリーズ・ミー」がチャートの1位になると、大きな反響を呼び、最終日の3月3日にはヘレン・シャピロと並ぶ人気を獲得、前座のトリを務めるようになった。このツアーでのビートルズの持ち時間は20分。「ラヴ・ミー・ドゥ」「プリーズ・プリーズ・ミー」のほか、公式発表されなかった「 キープ・ユア・ハンズ・オフ・マイ・ベイビー」「ビューティフル・ドリーマー」を含めた全6曲が演奏された。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015