2018年02月16日(金)
  
デュラン・デュランでお馴染みのアンディ・テイラーが誕生
アンディ・テイラー / 1961年)
デュラン・デュランのギタリストとして知られるアンディ・テイラーが、英国に生まれる。彼がギターを手にしたのは11歳の時で、ほどなくしてローカル・バンドで活動をはじめたという。10代の頃からさまざまなバンドに在籍し、デュラン・デュランで成功したのはご存知の通り。が、もともとロック志向が強いため、86年と2006年の2度に亘り脱退。彼のソロ・アルバム『サンダー』(87年)は、完全なハード・ロック・アルバムだったから、致し方ないところか。
−2007年01月29日作成−
スレイヤーの激速ドラマー、デイヴ・ロンバードが誕生
スレイヤー / 1963年)
スレイヤーの激速ドラマー、デイヴ・ロンバードが誕生
スラッシュ・メタル四天王のひとつ、スレイヤーのドラマーとして知られるデイヴ・ロンバードがキューバに生まれる。2歳の時にカリフォルニアに移住、ボンゴをきっかけに打楽器に興味を持ち、後にドラムスへ手を伸ばすことになる。キッスのピーター・クリスやレッド・ツェッペリンのジョン・ボーナムから影響を受け、スレイヤーではロック史上最速ドラマーとして話題に。数少ないドラム・ヒーローのひとりとして、メタル界で高い人気を誇っている。
−2008年01月28日作成−
相川七瀬が大阪に誕生
相川七瀬 / 1975年)
相川七瀬が大阪に誕生
相川七瀬、大阪府に生まれる。中学三年の時に応募したオーディションで織田哲郎に見い出され、95年に「夢見る少女じゃいられない」でデビュー。その後シングルは連続12枚トップ10入り、アルバムはすべて初登場1位を獲得などのヒットを記録する。その後しばらく、ヒットチャートに姿を見せなかったが、2000年以降、“洋楽の殿堂”ハードロックカフェで日本人初のライヴを行なったり、書き下ろしの絵本を上梓(2002年)したりと、それまでとは違うアプローチの“攻め”を見せている。
−2001年01月25日作成−
宇多田ヒカル、「Can You Keep A Secret?」を発売
宇多田ヒカル / 2001年)
宇多田ヒカル、「Can You Keep A Secret?」を発売
当時、この曲を街角や着メロでどのくらい聴いただろう。宇多田ヒカルの「Can You Keep A Secret?」が発売。主題歌となったドラマ『HERO』の超高視聴率とあいまって、大ヒットとなる。木村拓哉本人が直接ラヴ・コールを送り、このタイアップが決定したといわれている同曲。「曲がほとんど出来上がってから主題歌の話がきたの。検事のストーリーって聞いて、悩んでた最後の2、3行の歌詞をあてはめた。それがどこかは、歌詞カードを見れば分かるよ」というヒッキーらしいエピソードもある。
−2002年01月28日作成−
元ホンモノのギャングです。アイス・T誕生
アイス・T / 1958年)
元ホンモノのギャングです。アイス・T誕生
大御所ラッパー、アイス・T誕生。幼い頃に両親を失い、やがてギャング団に加わったという過去を持つ。'83年に「The Coldest Rap」でデビュー。俳優としても'84年に映画『ブレイクダンス』の端役でスクリーンデビューを果たす。当然といえば当然だが、暴力やドラッグなどを描いた彼のリリックのリアルさには定評があり、'91年の『ロラパルーザ』内の「コップキラー」は、その過激な内容が当時話題となった。余談だが、映画『ニュー・ジャック・シティ』内での、アイス・Tの役柄は警官。
−2003年01月27日作成−
音楽担当は元ソフト・バレエの森岡賢!『KAIKANフレーズ』サントラ発売
森岡賢 / 2000年)
音楽担当は元ソフト・バレエの森岡賢!『KAIKANフレーズ』サントラ発売
2000年2月16日、新條まゆの少女漫画『快感・フレーズ』を原作にしたTVアニメ『KAIKANフレーズ』のオリジナル・サウンドトラックが発売される。アニメ内のヴァーチャル・バンド「Λucifer」(リュシフェル)が現実のバンドとなり登場したことでも話題となった本アニメ。サントラで作曲/プログラミング/プロデュースを手がけたのは、元ソフト・バレエの森岡賢。時にハードに時にムーディにアレンジの才を駆使し、彼ならではの都会的感覚が満載されている。
−2009年02月13日作成−
クイーン・オブ・ホラー、佐伯日菜子の誕生日!
佐伯日菜子 / 1977年)
クイーン・オブ・ホラー、佐伯日菜子の誕生日!
1977年、佐伯日菜子が奈良県に生まれる。1994年に大島弓子の漫画を原作とした映画『毎日が夏休み』でデビュー。ヒロイン・林海寺スギナを好演し、第18回日本アカデミー賞新人賞を受賞。ハマりすぎの黒井ミサ役を熱演した『エコエコアザラク』をはじめ、『らせん』『うずまき』『蛇女』とホラー作品での演技は人気が高く、“ホラー・クイーン”と呼ばれた時期もあるが、役柄を問わず高い演技力で魅せる。
−2008年02月18日作成−
ビートルズ365:『プリーズ・プリーズ・ミー』がイギリスにて初の1位を獲得。
ザ・ビートルズ / 1963年)
ビートルズ365:『プリーズ・プリーズ・ミー』がイギリスにて初の1位を獲得。
1月11日に発売されたセカンド・シングル「プリーズ・プリーズ・ミー」がメロディ・メイカー、NME両紙で初の1位を獲得。 1月30日付のヒット・チャートに17位で初登場してから、3週間後のことだった。このように1位を獲得したのにもかかわらず、アルバム『ザ・ビートルズ1』に収録されなかったこの曲。その理由は英国オフィシャル・チャートにあたるミュージック・ウィーク誌やレコード・ミラーなどでの成績が2位止まりであったことが原因のようだ。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴動祭』[インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』[インタビュー] マンチェスターから世界へ羽ばたいた“2010年代UKジャズの先駆者” ゴーゴー・ペンギンのサウンド方法論
[インタビュー] chelmicoのマイペースな“無敵感”が詰まったメジャー・デビュー・アルバム『POWER』[インタビュー] “いつ聴いてもハッピーになれる曲”を目指して 京都在住シンガー・ソングライター、竹内アンナのデビュー作『at ONE』
[インタビュー] 熟成とフレッシュネス BTB改め“BTB特効”初のオリジナル・アルバム『SWEET MACHINE』[インタビュー] 南 佳孝が語る、ショーボート・レーベル第1弾作品『摩天楼のヒロイン』
[インタビュー] 素晴らしい演奏家のみなさんと出会い、サントラを作れたのは本当に幸せ――作曲家、富貴晴美が語る『西郷どん』の音楽[インタビュー] 絶望を掻き消す――“今やりたいこと”を追求してきたLM.Cが導き出す未来とは
[インタビュー] 楽器と理解し合って音楽を作っていく――東儀秀樹、“篳篥で歌う”映画音楽集をリリース[インタビュー] 自分なりの“B面的世界” 大西ユカリによるソウル・カヴァー作『BLACK BOX』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015