2018年05月30日(水)
  
トム・モレロ(元レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)、誕生
トム・モレロ(元レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)、誕生
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンで名を馳せ、オーディオスレイヴでも活躍するギタリスト、トム・モレロが米国ニューヨークに生まれる。父親はケニアの元ゲリラ、母親は反検閲団体に所属と、幼少の頃から政治的な要素の強い環境で育った。ギターやロックンロールとともに、政治問題に興味を持つのも当然と言えるだろう。名門ハーヴァード大学を優秀な成績で卒業するなど、その頭脳は明晰。もちろんギタリストとしても一流で、そのグルーヴ感は独特のものだ。
−2006年04月24日作成−
ロクセットのマリー・フレデリクソン、誕生
ロクセットのマリー・フレデリクソン、誕生
80年代後半から人気を博した男女デュオ、ロクセットの女性シンガーであるマリー・フレデリクソンがスウェーデンに生まれる。5人兄妹の末っ子で、両親が共働きだったこともあり、幼い頃は一人で過ごす時間が多かったという。そんな彼女はスターになることを夢見て、毎日イマジネーションを働かせていたそうだ。70年代後半、ペール・ゲッスルとの出会いから本格的に音楽活動をはじめ、後に世界的人気を博すことに。想像力は創造力を生んだようだ。
−2007年04月26日作成−
hitomi、初のワンマン・ライヴ
hitomi / 1995年)
hitomi、初のワンマン・ライヴ
hitomi、初のワンマン・ライヴ“LIVE PUMP UP”を渋谷ON AIR WESTにて開催する。彼女がVJをつとめていた番組『PUMP UP』によって行なわれたこのライヴは、同年4月に発売された3rdシングル「CANDY GIRL」の小ヒットの後であったが動員数は500人だった。しかし、それから時を経るごとにヒット曲は増え、2000年末に行なわれた渋谷の街全体を会場に見立てた異色ライヴでは、約10万人がライヴを体感するほどの人気を見せつけた。
−2001年04月23日作成−
GSからアニソンまで。井上大輔、自殺
井上大輔 / 2000年)
GSからアニソンまで。井上大輔、自殺
'60年代に一世を風靡したGSグループ「ジャッキー吉川とブルーコメッツ」のVo.で、作曲家でもあった井上忠夫が、首吊り自殺を図る。原因は自分自身の病気と、病気がちだった妻の看病への疲労。〈当たり屋〉の異名をも持つ彼の手がけた曲は幅広く、「ブルー・シャトウ」に始まり、郷ひろみの「2億4千万の瞳」やシブがき隊の「NAI・NAI16」、また自らVo.も手がけた機動戦士ガンダム「哀戦士」、そしてコカ・コーラのCM曲などなど、若い世代に馴染み深いものも多かった。
−2001年04月23日作成−
人種の壁を乗り越えたベニー・グッドマン、誕生
ベニー・グッドマン / 1909年)
人種の壁を乗り越えたベニー・グッドマン、誕生
ジャズ・クラリネット奏者のベニー・グッドマン、シカゴの貧しいユダヤ人の仕立屋に生まれる。早くから音楽の才能を発揮していたグッドマンは12歳で大人顔負けのプレイを披露、25歳で自分の楽団を持つ。当時はまだ黒人芸能の一種であったジャズ。しかし、グッドマンのゴージャスなビッグバンド編成のダンス・ナンバーは白人に受け、そのことが後のジャズ・シーンを大きく変える結果となった。また、ユダヤ人として差別されて育ったグッドマンは、黒人メンバーとも一緒のステージに立った白人ジャズ・マンでもある。
−2002年04月24日作成−
大滝詠一、幻の『ナイアガラ・ムーン』発売
大滝詠一 / 1975年)
大滝詠一、幻の『ナイアガラ・ムーン』発売
大滝詠一のアルバム『ナイアガラ・ムーン』が発売。'73年、はっぴいえんど解散後、自身のレーベル〈Niagara〉を設立、同アルバムが発表された。自宅のスタジオで制作、滝の音に始まり、滝の音で終わる45分間は全編がノヴェルティ・タイプの音楽で貫かれており、一部を除いて自作自演。そのうえ全曲の詳細な解説まで書き添えるという、ユニークな作品。バックには細野晴臣、松任谷正隆、上原裕、伊藤銀次、山下達郎らが参加、日本のポップス史上に残る傑作として名を馳せている。大滝自身の自己ベスト3に入る1枚でもあるという。
−2003年04月25日作成−
“ツンデレの女王”釘宮理恵が生まれる
釘宮理恵 / 1979年)
1979年、声優の釘宮理恵が大阪府に生まれる。1998年に声優としてデビュー、バイプレイヤーとして数多くのアニメ/ゲーム作品で活躍。2003年には『鋼の錬金術師』アルフォンス・エルリック役、2004年には『マリア様がみてる〜春〜』松平瞳子役と立て続けに主役級キャラクターを演じ、2000年代を代表する声優の一人に。『ゼロの使い魔』ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール、『ハヤテのごとく!』三千院ナギ等、所謂ツンデレ・キャラクターを多く演じ、“ツンデレの女王”の異名も。
−2009年05月20日作成−
ボーイズ&ガールズに絶大な人気、矢口史靖誕生
矢口史靖 / 1967年)
映画監督の矢口史靖が神奈川県伊勢原市に生まれる。2001年、男子シンクロの青春を描いた映画『ウォーターボーイズ』(出演:妻夫木聡、玉木宏)が大ヒット。2004年には女の子版の青春映画『スウィングガールズ』(出演:上野樹里、貫地谷しほり)が日本アカデミー賞で5部門を受賞。両作品とも現役高校生に多大な影響を与えたに違いない、21世紀における青春映画の金字塔。
−2007年04月25日作成−
ビートルズ365:アルバム『ザ・ビートルズ(通称、ホワイト・アルバム)』のレコーディング開始。
ザ・ビートルズ / 1968年)
ビートルズ365:アルバム『ザ・ビートルズ(通称、ホワイト・アルバム)』のレコーディング開始。
7月26日まで続いた、アルバム『ザ・ビートルズ』のレコーディング・セッションで最初に取り掛かったのはジョンの「レヴォリューション」であった(後にリメイク版がシングルに収録されることになり、このヴァージョンは「レヴォリューション1」というタイトルに変更されアルバムに収録)。午後2時半から12時間近く続いたセッションでリズム・トラックを18テイク録音。そのOKテイクとなったテイク18は10分17秒もあった。この10分に及ぶテイク18の後半部分は、フィードバック・ノイズやジョンの叫び声などで混沌としたジャムセッションとなり、「レヴォリューション9」のベースとなった。
−2006年04月24日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015