2019年03月22日(金)
  
ヤードバーズなどで知られる、キース・レルフ誕生
ヤードバーズ / 1943年)
ヤードバーズなどで知られる、キース・レルフ誕生
英国のロック・シンガー、キース・レルフがロンドンに生まれる。彼と言えばヤードバーズで有名な訳だが、シンガーとして名声を得たとは言えない。レルフが下手だからジミー・ペイジは新しいシンガーを探したと言われ、ルネッサンスは彼がいなくなってからの方が人気があり、アルマゲドンではヴォーカルが弱点などと、その評価は散々だ。しかし、彼がヤードバーズを結成しなければ、後のロック・シーンは大きく変わっていただろう。76年、33歳で死去している。
−2006年03月02日作成−
アンドリュー・ロイド・ウェッバーが誕生
アンドリュー・ロイド・ウェッバーが誕生
ミュージカルの作曲家として著名なアンドリュー・ロイド・ウェッバーが、英国ロンドンに生まれる。父親は同じ作曲家のウィリアム・ロイド・ウェッバー。幼い頃から作曲を行なっていたそうで、9歳の時には6つのパートからなる組曲を作り上げたとか。60年代から本格的に活動をはじめ、『ジーザス・クライスト・スーパースター』や『エビータ』は特に高評価。80年代には『キャッツ』や『オペラ座の怪人』などを手掛け、ミュージカルの世界では知らぬものはいない。
−2007年02月28日作成−
ジョージ・ベンソンが誕生
ジョージ・ベンソン / 1943年)
ジョージ・ベンソンが誕生
ジャズ・ギタリスト/シンガーのジョージ・ベンソンが米国ペンシルヴァニアに生まれる。幼い頃からプロのミュージシャンを夢見ていたとのことで、高校をドロップアウトした後、本格的な活動に足を踏み入れる。はじめはジャック・マクダフ・グループの一員としてプレイ。その後、21歳の時に初のリーダー・アルバム『ザ・ニュー・ボス・ギター』を発表した。70年代以降はフュージョンの世界に進出し、シンガーとしての評価も高めていく。
−2008年02月27日作成−
奥田民生らのユニコーンが結成
ユニコーン / 1986年)
奥田民生らのユニコーンが結成
数々の名曲を生み出したバンド、ユニコーン結成。大学の後輩や仲間で集まった手島いさむ、西川幸一、EBI、向井美音里。残るはヴォーカルだけ……と、そこで目を付けたのが“READY”というバンドを解散させようとしていた奥田民生。だが奥田はその誘いを断り、西川たちは別のヴォーカルを迎えて“メシア”(救世主)というバンドを結成。しかしどうもしっくりこない。そこで再び奥田に……。かくして奥田は、このバンドの“救世主”となったのである。
−2001年02月21日作成−
関西発のストリート凸凹コンビ、コブクロがメジャーデビュー
コブクロ / 2001年)
関西発のストリート凸凹コンビ、コブクロがメジャーデビュー
192cmの黒田俊介と、168cmの小渕健太郎による男性デュオ、コブクロが「YELL〜エール〜/Bell」でメジャー・デビュー。2人が出会ったきっかけは、地元である大阪府堺市の商店街の路上。当時から路上ライヴをしていた黒田に対し、自称・関西イチの営業マン(害虫駆除の会社だったとか)であった小渕は、仕事の息抜きとして週一回歌っていただけだっだという。お互いに「歌の上手いヤツだ」と思った2人は意気投合。初デュオ作の歌詞カードに「こぶちとくろだで『コブクロ』でええか」と書いていたユニット名がそのまま続いたという。
−2002年02月25日作成−
岡ひろみでおなじみ、高坂真琴が生まれる
高坂真琴 / 1950年)
1950年、声優の高坂真琴が大阪府に生まれる。代表作は『エースをねらえ!』の主人公、岡ひろみ。『新オバケのQ太郎』『家なき子』といったアニメや、『ペットントン』『宇宙刑事シャリバン』などの特撮吹き替えでサブキャラクターを演じているほか、2006年には大日本除虫菊株式会社の除虫剤“コンバット”のCMに実写で出演。特異なおばちゃんキャラクターで好評を博す。
−2009年03月20日作成−
千葉真一主演『新・影の軍団』が公開される
千葉真一 / 2003年)
2003年3月22日、18年ぶりのシリーズ復活作となった『新・影の軍団 序章』が劇場公開される(制作・配給:シネマパラダイス)。80〜85年放送の人気シリーズ『影の軍団』(CX系列)と同じく、千葉真一が再び服部半蔵に扮し、超絶なる忍たちによるアクション時代劇を21世紀に甦らせている。なお、『新・影の軍団』はシリーズとして劇場用とオリジナル・ビデオ用に第5弾まで制作、竹内力、松方弘樹、菅原文太らとの共演でも話題を集めた。
−2008年03月20日作成−
ビートルズ365:デビュー・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』イギリスで発売。
ザ・ビートルズ / 1963年)
ビートルズ365:デビュー・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』イギリスで発売。
英国でファースト・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』が発売。このアルバムは3月29日付のチャートに9位で初登場し、7週間後の5月8日付のチャートで1位を獲得。以来29週間にわたってその座を守った。そして、このアルバムを1位から引きずり落としたのが、セカンド・アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』であった。日本でこの英国盤と同じ曲目で構成されたレコードが初めて発売されたのは66年5月、来日記念盤として発売された「ステレオ!これがビートルズ vol.1」。曲順やジャケットは英国盤とは異なっていた。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015