2019年03月27日(水)
  
ジェネシスのキーボード奏者、トニー・バンクス誕生
トニー・バンクス / 1950年)
ジェネシスのキーボード奏者、トニー・バンクスが英国サセックスに生まれる。兄弟は彼を含めて5人。少年の頃はギターもプレイしていたが、鍵盤楽器に天才的な能力を発揮したという。ジェネシスのメンバーの中ではもっとも地味な印象がなきにしもあらずだが、幻想的なプログレッシヴ・ロックをプレイしていた時期も、ポップになった後期も、彼のキーボードがなければあのサウンドは成し得なかっただろう。煌びやかで繊細なプレイは確かに天才肌だ。
−2006年03月02日作成−
『ベストヒットUSA』でお馴染み、小林克也が誕生
小林克也 / 1941年)
『ベストヒットUSA』でお馴染み、小林克也が誕生
DJとしてお馴染みの小林克也が広島県に生まれる。幼少期からラジオの英語放送に興味を持ち、FENなどで洋楽と英語に親しんでいたという。実に流暢な英語を話すことで知られているが、彼がそれを身につけたのは独学によってだった、というのは有名な話。『スネークマンショウ』も素晴らしいが、80年代を体験した者には『ベストヒットUSA』のVJとしてのイメージが強いだろう。この番組で洋楽の洗礼を受けた、というファンも少なくないはずだ。
−2007年02月28日作成−
高中正義が誕生
高中正義 / 1953年)
高中正義が誕生
日本を代表するギタリストのひとり、高中正義が生まれる。70年代後半以降はフュージョンの世界を中心に活動しているが、もともとはロック・シーンで活躍していた。古くからのロック・ファンならばご存知だろうが、デビューはフライド・エッグの一員として、それもベーシストとしてだった。サディスティック・ミカ・バンドからギタリストとなり、以降はその確かなテクニックによって常に高い評価を得ている。派手なファッション・センスも知られるところ。
−2008年02月27日作成−
B'zの松本孝弘、誕生
松本孝弘 / 1961年)
B'zの松本孝弘、誕生
B'zの松本孝弘が大阪府豊中市に生まれる。高校時代にロックに目覚めた松本は、浜田麻里やTMネットワークなどさまざまなアーチストのサポートで活躍後、88年にソロデビュー。自分自身のバンドを作りたいという意志の元、稲葉浩志をヴォーカルに迎えて「B'z」を結成した。デジタルでは表現できない、ギターとヒューマンボイスの編成は圧倒的な存在感を放つ。松本のギター技術には定評があり、99年にはGibsonから日本人としては初のシグネチャーモデルが発売された。
−2001年02月21日作成−
紆余曲折ありました・・・。マライア・キャリー誕生
マライア・キャリー / 1970年)
紆余曲折ありました・・・。マライア・キャリー誕生
7オクターブの歌姫マライア・キャリー、NYに生まれる。'90年アルバム『マライア』で衝撃のデビュー。その音域の広い歌声とキュートで健康的な容姿で、一躍トップ・スターの座に上り詰める。その後、約100億円という巨額の契約金でレコード会社を移籍。しかし……自殺未遂騒動、神経衰弱による入院、初主演映画『グリッター』の惨敗、新作がアメリカで50万枚も売れず約13億の赤字。そして、その責任問題でレコード会社をお払い箱……。本格的な復活までには数年を要した。
−2002年02月25日作成−
ミッシェルガンのウエノコウジ、誕生
ウエノコウジ / 1968年)
THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのベーシスト、ウエノコウジ誕生。'96年のデビュー以来、日本のロックシーンを揺るがしてきたTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT。ウエノコウジは、大のバイク好きでブリティッシュ・カスタムされたSRを乗り回しているという。バンド名の由来は、ダムドの3rdアルバム『machine gun etiquette』をミッシェル・ガン・エレファントと読み違えたのをそのまま採用した。THEではなくTHEEなのは、ビリー・チャイルディッシュのバンドである「thee milkshakers」「Thee Headcoats」を真似たため。
−2003年02月27日作成−
ナレーター、窪田 等が生まれる
窪田 等 / 1951年)
ナレーター、窪田 等が生まれる
1951年、ナレーターの窪田 等が山梨県に生まれる。各種報道番組やバラエティ、CM、アニメなど数多くのメディアでナレーションを担当。日本テレビ系にて2004年より放映された浦沢直樹の人気漫画を原作とするTVアニメ『MONSTER』では、ハルトマン役で声優としても活躍。耳あたりのよい適度に深みある声で、テレビには欠かせない存在の重鎮ナレーター。
−2009年03月20日作成−
メガテンの原点を映像化、『デジタル・デビル物語 女神転生』が公開
西久保瑞穂 / 1987年)
大ヒット・ゲーム「女神転生(メガテン)」シリーズの原点である、西谷史の小説を映像化した『デジタル・デビル物語 女神転生』が、OVAでの制作後、1987年3月27日に劇場公開される。小説を軸にしたメディア・ミックスを推進していた当時の徳間書店が制作を手がけたアニメーション映画で、監督・脚本は西久保瑞穂、キャラクター・デザインは北爪宏幸、作画監督は恩田尚之という日本アニメ界を代表する制作陣が参加。召喚、悪魔、転生といった「女神転生」シリーズならではの要素が盛り込まれたSF伝奇ロマンを描いている。
−2008年03月20日作成−
ビートルズ365:リンゴ、初のソロ・アルバム『センチメンタル・ジャーニー』発売。
ザ・ビートルズ / 1970年)
ビートルズ365:リンゴ、初のソロ・アルバム『センチメンタル・ジャーニー』発売。
リンゴ初のソロ・アルバム『センチメンタル・ジャーニー』発売(米国では4月24日、日本では6月25日発売)。最高位は全英7位、全米22位。日本では最高59位だった。 ジョージ・マーティンのプロデュースによるこのアルバムは全編スタンダード・ナンバーのカヴァー。レコーディングはビートルズ解散前の69年10月27日にスタート。このアルバムでリンゴはヴォーカルに徹し、演奏には参加していない。また「スターダスト」のアレンジはポールが手がけている。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015