2019年04月12日(金)
  
ピンク・フロイドの『ザ・ウォール・ライヴ』日本発売
ピンク・フロイド / 2000年)
ピンク・フロイドの『ザ・ウォール・ライヴ』日本発売
80年からピンク・フロイドは、79年に発表したコンセプト作『ザ・ウォール』を完全再現するツアーを敢行した。演奏中にバンドとファンの間に壁を築いていき、クライマックスでその壁を破壊するという演出は有名。その中から、英アールズ・コートでのパフォーマンスを収めたライヴ盤『ザ・ウォール・ライブ:アールズ・コート1980〜1981』が日本でも発売に。輸入盤は豪華なロング・ボックスだったのに、国内盤はなぜか普通のジュエル・ケースでした。
−2006年03月29日作成−
メタリカ、ナップスターを訴える
メタリカ / 2000年)
メタリカ、ナップスターを訴える
メタリカが音楽配信サービス会社「ナップスター」と3校の大学を相手に訴訟を起こした。理由は著作権の侵害とデジタル音楽ソフトの違法使用。バンド側は違法な配信は音楽を“盗んでいる”とし、ラーズ・ウルリッヒはこれを強く非難した。ミュージシャン仲間からは多くの賛同を得たものの、ファンの一部はこれに反発。“ヤツらは金の亡者だ”として不買運動を起こすなど、社会問題と化していく。翌年、双方が歩み寄る形でこの問題は決着した。
−2007年03月28日作成−
ハービー・ハンコックが誕生
ハービー・ハンコックが誕生
フュージョンの先駆者、ハービー・ハンコック、シカゴに生まれる。マイルス・デイヴィスのバンドから大きく羽ばたいた彼であるが、幼少の頃からその才能は開花。11歳でシカゴ交響楽団と共演し、62年には「ウォーターメロン・マン」がジャズ・ロックの傑作として大ヒットとなる。その後もスタイルにとらわれないジャズ・ピアニストとしての地位を確立し、83年の『フューチャー・ショック』では、電子音のダンス・ミュージックまでも発表。この作品はヒップホップの先駆的作品とも呼ばれている。
−2001年03月26日作成−
BUMP OF CHICKENの藤原基央が誕生
BUMP OF CHICKENの藤原基央が誕生
3rdシングル『天体観測』で大ブレイクした、BUMP OF CHICKENの藤原基央(vo,g)、千葉県佐倉市に生まれる。幼稚園のころからの幼なじみ4人で結成された同バンドの作詞・作曲をほぼ全部手がけ、さらに歌詞カードの絵なども手がける藤原。その才能と、あの華奢な容姿を女子がほうっておくわけもなく、メンバーによるとバンドの中で一番のモテ男。だがそれと同時に、エロの知識もメンバーイチだそうで、他のメンバーはいろいろな知識を伝授されたという。
−2002年03月27日作成−
ビーチ・ボーイズ、レコード会社相手に訴訟!
ビーチ・ボーイズ / 1970年)
ビーチ・ボーイズ、レコード会社相手に訴訟!
アメリカが生んだ偉大なポップ・ロックグループ、ビーチ・ボーイズがキャピトル・レコードを相手に印税不払いの訴訟を起こす。'61年のデビュー以来、サーフィン・ミュージックという新しいスタイルを確立し絶大な人気を得たが、あまりのハードスケジュールのため〈天才〉ブライアン・ウィルソンが精神に破綻をきたし、ドラッグやアルコールに溺れ、廃人同様に。また、この訴訟でも過去のレコードを全て廃盤にされるなど、彼らにとって散々だった'70年代だが、その後、見事に復活している。
−2003年03月25日作成−
TVアニメ『ふしぎの海のナディア』放送終了
庵野秀明 / 1991年)
TVアニメ『ふしぎの海のナディア』放送終了
前年4月よりNHK総合にて放送されていたTVアニメ『ふしぎの海のナディア』の最終話(第39話)が1991年4月12日に放送される。ジュール・ヴェルヌによるSF小説『海底二万マイル』を原案とした作品で、総監督を庵野秀明が、監督を樋口真嗣が、キャラクター・デザインを貞本義行がそれぞれ担当。またアニメーション制作協力としてGAINAXも参加するなど、後に『新世紀エヴァンゲリオン』を生み出したスタッフが集結した“エヴァの原点”とも言える作品。
−2009年03月31日作成−
ホントの顔はトラブル・メイカー?! “ミネソタの双子の妹”誕生!
TVシリーズ『ビバリーヒルズ高校白書』のブレンダ役でおなじみのお騒がせ女優シャナン・ドハーティーが生まれる。『新大草原の小さな家』や『頑固じいさん孫3人』〜『ビバヒル』、そして映画『ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲』まで世界中にその成長過程を見守られてきた彼女。最近ではセレブ・ゴシップでその名を聞くことのほうが多く、映画ファンとしては少し残念。
−2007年03月30日作成−
ビートルズ365:ジョン、インドから帰国。
ザ・ビートルズ / 1968年)
ビートルズ365:ジョン、インドから帰国。
リンゴ、ポールに続いて、ジョンがインドでの修行から帰国。それはマハリシのミア・ファローに対するセクハラ疑惑に嫌気がさしての帰国であった。そんなジョンがインドで書いた最後の曲は、アルバム『ザ・ビートルズ』に収録された「セクシー・セディー」。マハリシに対しての幻滅をストレートに綴ったものだった。この曲の仮タイトルは「マハリシ」だったが、ジョージはタイトルを変更するように説得。ジョンは生前最後のインタビューでもこの曲に触れていて、自分の気持ちを表現したまでだ、と発言している。
−2006年04月01日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015