2019年05月22日(水)
  
横浜銀蝿の弟分でした。嶋大輔が誕生
嶋大輔 / 1964年)
横浜銀蝿の弟分でした。嶋大輔が誕生
俳優の嶋大輔が神奈川県に生まれる。1981年に横浜銀蝿の弟分として、とんでもないヴォリュームのリーゼント頭で芸能界に登場した。ホンモノの不良だったそうで、武勇伝は多数。TBS系ドラマ『茜さんのお弁当』でもイメージそのまま、でも実は優しいという役柄で出演していた。翌82年リリースのシングル「男の勲章」が大ヒット。当時の少年たちは、歌い出しの歌詞にグッと来たモノです。
−2006年04月24日作成−
エルトン・ジョンの相棒、バーニー・トーピンが誕生
バーニー・トーピン / 1950年)
エルトン・ジョンの相棒、バーニー・トーピンが誕生
エルトン・ジョンの楽曲の作詞家として知られる、バーニー・トーピンが英国に生まれる。NME誌に掲載されたLiberty Recordsの作詞家募集に応募し、見事に採用。以降、エルトンの名曲のほとんどに関与している。「ユア・ソング」の詞などから想像できるのは、優しげでロマンティックな男性像だが、そんな彼もかつては相当にムチャをしたようである。一説によると、農場で育った彼は学生の頃、ロクに勉強もせずに飲んだくれていたらしい。
−2007年04月26日作成−
〈シャンソンの父〉アズナブール、誕生
俳優としても活躍する、シャンソン歌手シャルル・アズナブール誕生。小柄なうえに、若いころからふけ顔であった容姿ゆえ、彼が歌う愛や悲しみの唄はより一層リアルに胸に響くとも言われる。彼の名バラード「She」は、映画『ノッティングヒルの恋人』の中で聴くこともできる(しかもオリジナル版とエルヴィス・コステロによるカヴァーの2バージョン!)。ちなみに、『機動戦士ガンダム』世代にはどこか聞き覚えのあるこの名前。そう、彼こそがあの“赤い彗星”シャア・アズナブルの名前の元ネタなのだ。
−2001年04月23日作成−
強靱な体にデリケートな心。ワーグナー、誕生
強靱な体にデリケートな心。ワーグナー、誕生
オペラ「タンホイザー」や歌劇「ニーベルングの指輪」で有名な作曲家リヒャルト・ワーグナー、ライプチヒに生まれる。警察書記官の父親は生後間もなく死んでしまい、母親は親しかった画家と再婚。ワーグナーは後々、自分はこの画家の息子だったのではないかと疑いを持っていたという。また、最初の妻が新婚まもなく駆け落ちしたりもした。強靱な体で精力的に仕事をしたワーグナーだが、このような事件が彼のデリケートな一面を作り上げたと言われている。
−2002年04月24日作成−
少年隊のニッキ誕生
錦織一清(少年隊) / 1965年)
少年隊のトーク担当、錦織一清、東京都世田谷にて生まれる。彼が小6の時、姉が雑誌の広告を見て、ジャニーズ事務所に履歴書を送ったことから芸能活動が始まる。'81年、少年隊を結成。'85年「仮面舞踏会」でデビュー。たのきんトリオ、シブがき隊の後を受け、歌って踊れるグループとして大人気に。また彼は大の相撲好きで大関の武双山とは親友だとか。他にもゲーム好きで知られる彼はゲーム雑誌『週刊ザ・プレイステーション2』で、新しいゲームを紹介する「錦織一清のGAMEなんか大好きだ♪」を月1回連載したこともある。
−2003年04月25日作成−
“タンタン”の生みの親、エルジェの誕生日
エルジェ / 1907年)
“タンタン”の生みの親、エルジェの誕生日
1907年ベルギーの漫画家/画家、エルジェ(Herge)が生まれる。本名はジョルジュ・レミ(Georges Remi)。代表作は、著者の死後も世界中に熱烈なファンを持つ人気作品『タンタンの冒険旅行』(Les aventures de Tintin)。ルポライター少年“タンタン”と白いテリア犬“スノーウィ”の冒険譚は、著者存命時より各国で多数のアニメーション作品が制作され、日本でも『チンチンの冒険』として1964年よりフジテレビ系にて放映されていた。
−2009年05月20日作成−
アニメーター、庵野秀明誕生
庵野秀明 / 1960年)
庵野秀明が山口県に生まれる。『超時空要塞マクロス』のエフェクト・アニメーションを手がけたのち、『新世紀エヴァンゲリオン』でその名を一躍世に広めた。妻で漫画家、エッセイストの安野モヨコが夫婦生活を赤裸々に描いた『監督不行届』によると、サンドウィッチはハムを抜いて食べ、豚骨ラーメンを食べる時にはチャーシューを同席者にあげるほどの肉嫌い。本人曰く、菜食主義者ではなくただの偏食家とのこと。
−2007年04月25日作成−
ビートルズ365:ジョンとヨーコ、公の場に二人一緒に姿を現す。
ザ・ビートルズ / 1968年)
ビートルズ365:ジョンとヨーコ、公の場に二人一緒に姿を現す。
ジョンとヨーコ、ロンドンのチェルシー地区、キングス・ロードに翌23日にオープンする「アップル・テーラリング」の開店記念パーティに出席。67年にオープンしたベイカー・ストリートの「アップル・ブティック」に続く、アップル・マーチャンダイジング社が管理する店舗であった。この開店記念パーティでジョンとヨーコは、初めて公の場に2人揃って現れた。
−2006年04月24日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015