2019年06月12日(水)
  
ジェントルな喉の持ち主、ジョン・ウェットンが誕生
ジョン・ウェットン / 1949年)
ジェントルな喉の持ち主、ジョン・ウェットンが誕生
キング・クリムゾンやエイジアでの活動で知られるベーシスト/シンガーのジョン・ウェットンが、英国ダービーに生まれる。彼の最初の音楽体験は教会音楽。兄が教会のオルガン奏者で、その低音部をジョンに弾かせていたらしい。この体験がベースを弾きながら歌うという、後のスタイルに繋がったと本人は語っている。10代になるとラジオから流れるロックに目覚め、その後の活躍はご存知の通り。深みのあるジェントルな声は、多数の名曲群に光を与えている。
−2006年06月28日作成−
ジャズ・ピアニスト、チック・コリア誕生
チック・コリア / 1941年)
ジャズ・ピアニスト、チック・コリア誕生
ジャズ・ピアニストのチック・コリアが米国マサチューセッツ州に生まれる。4歳からピアノをはじめ、ホレス・シルヴァーやバド・パウエルから影響を受けたという。ジュリアード音楽院で学んだ彼は、20歳の頃からさまざまなジャズ・ミュージシャンと共演。その中にはマイルス・デイヴィスやスタン・ゲッツといった超大物も含まれており、経験を積んでいった。リターン・トゥ・フォーエヴァーでは商業的に大成功、形態に捕われない活動を見せる、精力的なピアニストだ。
−2006年05月26日作成−
チープ・トリックのドラマー、バン・E.カルロスが誕生
チープ・トリック / 1951年)
チープ・トリックのドラマー、バン・E.カルロスが誕生
チープ・トリックのドラマーであるバン・E.カルロスが、米国イリノイ州ロックフォードに生まれる。本名はブラッド・カールソン。ギタリストのリック・ニールセンとともに、バンドの“三枚目”担当でもある。なんでも、彼はもともと左利きなのだが、長年ドラムをプレイしているうちに左右関係なく叩けるようになったそうだ。あまり表情を変えずに飄々と演奏するのが持ち味で、以前はステージで常にタバコをくわえていたが、禁煙に成功、その姿も見納めに。
−2007年05月29日作成−
計量不能なカリスマ男児・宮本浩次誕生
宮本浩次 / 1966年)
計量不能なカリスマ男児・宮本浩次誕生
エレファントカシマシの宮本浩次、東京都に生まれる。'81年に中学&高校の同級生とともに現在のエレカシを結成。デビュー直後からライヴでの挑発的なパフォーマンスや文語調の詞、とにもかくにも宮本のカリスマ性で注目を得る。が、いわゆるブレイクまでの冬の時代も短くはなかった。しかしレコード会社移籍後、アルバム『ココロに花を』が大ヒット。宮本は連ドラにまで出演した。そんな彼が過去にハマったものは浮世絵&急須集めだとか。
−2001年05月25日作成−
視聴率は47.6%! ひろみ&リー、結婚
郷ひろみ / 1987年)
視聴率は47.6%! ひろみ&リー、結婚
郷ひろみと二谷友里恵が霊南坂教会で挙式をあげ、フジTVが独占中継。視聴率47.6%という結婚式らしからぬ高視聴率をはじき出し、話題となる。総費用3億5千万円。これは、'80年に同教会で行なわれた山口百恵・三浦友和の2億円、視聴率30.7%を大きく上回った。結婚に至るまでの道のりは友里恵著『愛される理由』、そして離婚にいたるまではひろみ著『ダディ』に詳しい。ここまで結婚〜離婚が話題になるカップルもある意味凄いかも。
−2002年05月27日作成−
キング・クリムゾン、デビュー・アルバムの録音開始で大揉め
キング・クリムゾン / 1969年)
キング・クリムゾン、デビュー・アルバムの録音開始で大揉め
当時キング・クリムゾンの中心人物、ロバート・フィリップは23歳。ロンドンでトニー・クラークによるプロデュースのもと、ファースト・アルバムの録音を開始した。しかし6日後の18日に全ての録音を破棄してしまう。7月7日に再開するが、9日後にまた中断し、すべての録音を完全消去。バンドはセルフ・プロデュースに切り替えて、7月17日に作業を開始し、8月21日に終了した。結局、開始した日から2ヶ月と9日かけて作られたのが『クリムゾン・キングの宮殿』。なお、このアルバム後のツアー中に、メンバーのうち2人が脱退した。
−2003年05月27日作成−
『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のメイリン・ホークが生まれる
(C.E.57年)
『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のメイリン・ホークが生まれる
アニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の人物。ザフト軍の戦艦ミネルバに所属する軍人。赤服を着用するエリートパイロットであるルナマリア・ホークの実妹。ミネルバの有能な管制官として働く縁の下の力持ち的存在で、歳は若いが高度なハッキング能力を有する。普段は無邪気だが、いざというときは優れた機転と度胸を見せる。
−2008年06月04日作成−
映画『海猿』公開
伊藤英明 / 2004年)
映画『海猿』が公開。佐藤秀峰の同名コミックスが原作。人命救助のエキスパート、潜水士を目指す若き海上保安官たちが、過酷な訓練の中で成長していく姿を描いた青春映画。海上保安庁の全面バックアップにより、実際に潜水士の訓練を行う海上保安大学校でのロケ、巡視船やヘリコプターの出動などリアリティあふれる作品となった。
−2007年05月22日作成−
ビートルズ365:リヴァプールで行なわれたチャリティ・コンサートに出演
ザ・ビートルズ / 1963年)
ビートルズ365:リヴァプールで行なわれたチャリティ・コンサートに出演
リヴァプールのグラフトン・ルームズで行なわれた慈善団体NSPCC(全国児童愛護会)のための特別チャリティ・コンサートに出演。このコンサートへの出演は2月の時点でブッキングされていた。チャリティ・コンサートであるため、ビートルズはギャラなしでの出演だった。翌13日はストック・ポートのパレス・シアターで演奏した後、16キロ離れたマンチェスターのサザン・スポーティング・クラブというキャヴァレー風のナイト・クラブで演奏している。
−2006年05月26日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015