2019年07月24日(水)
  
天は二物を与えた! 柴咲コウが歌手デビュー
柴咲コウ / 2002年)
天は二物を与えた! 柴咲コウが歌手デビュー
柴咲コウが「Trust my feelings」で歌手デビュー。このデビューの話は、番組内でデモ・テープをオンエア、その歌詞を募集するというラジオ企画から始まった。その応募は5,000通を超えたという。歌唱力と表現力は見事なもので、すでに女優としての地位を確立していた彼女をシンガーとしても認知させた。なお、カップリングの「no fear」の作詞は彼女自身が担当。この後、RUI名義での「月のしずく」など、ヒット曲を連発していく。
−2006年06月28日作成−
アイドルからシンガー・ソングライターへ、河合奈保子が誕生
河合奈保子 / 1963年)
アイドルからシンガー・ソングライターへ、河合奈保子が誕生
歌手・女優の河合奈保子が大阪府に生まれる。小学校低学年の頃からピアノを習い、中学・高校時代を通じて音楽に親しんでいた。1980年、“西城秀樹の妹”オーディションで優勝し、デビュー。明るい笑顔と親しみやすい性格で、時代を代表するアイドルのひとりとなった。80年代後半からは自作曲を積極的に発表。ピアノやギターなどの腕前も披露し、すっかり本格派のシンガーに。女優としても、さまざまな映画・ドラマに出演している。
−2007年06月28日作成−
久保田利伸が誕生
久保田利伸 / 1962年)
久保田利伸が誕生
久保田利伸、静岡県に生まれる。大学卒業とともに86年、「失意のダウンタウン」でデビューした久保田は、抜群の歌唱力や卓越したリズム感でたちまち人気に。88年には、オリコン・チャート・ベスト20のなかに彼の楽曲がなんと3つも並んだ。93年から米ニューヨークに生活の拠点を移し、日米両方でヒット曲をリリースしている。そんな彼のモットーは“ちっちゃい事は気にしない”。
−2001年06月26日作成−
ショー・ビズ界デビューは日本公演! ジェニファー・ロペス、誕生
ショー・ビズ界デビューは日本公演! ジェニファー・ロペス、誕生
ジェニファー・ロペス、NYのブロンクスに生まれる。小さい頃からパフォーマーになりたかったジェニファー。そのショー・ビズ界デビューは、なんと日本の大阪万博でのミュージカルであったという。その後、16歳で女優デビュー。そして映画界ではトップの座につきはじめた'98年、俳優業を1年休んでアルバム制作に専念。デビュー作『On The 6』は全世界で6000万枚を売り上げ、歌手としても成功を手に入れた。アメリカではジェニファーのようなセクシーなお尻になりたいという女性が急増したとか。女なら一度は憧れますね〜。
−2002年06月24日作成−
ドリカム、名曲「LOVE LOVE LOVE」をリリース
DREAMS COME TRUE / 1995年)
ドリカム、名曲「LOVE LOVE LOVE」をリリース
'95年の邦楽シングルの売り上げ第1位を記録。TBSドラマ『愛してると言ってくれ』の大ヒットは、役者・脚本、そしてDREAMS COME TRUEによる主題歌「LOVE LOVE LOVE」の魅力が融合してのものだった。5枚目の「笑顔の行方」以降ほとんどのヒット曲にタイアップが付いているように、ドリカムはTV番組のタイアップによって成長してきた。だが、その後はレコード会社を移籍し、自由度の高い音楽を作っているように見える。タイアップの足かせから逃れられたからだろうか。
−2003年06月25日作成−
名監督、今川泰宏の誕生日
今川泰宏 / 1961年)
1961年、熱い漢を描かせれば右に出る者はいない演出・脚本家/監督の今川泰宏が誕生。巨大化、意志の力など、豪快かつ派手な演出が特徴的で、『聖戦士ダンバイン』の演出、『プロゴルファー猿』の脚本や、初監督作『ミスター味っ子』、総監督を務めた『機動武闘伝Gガンダム』といった初期のキャリアからすでにその手腕が発揮されている。彼の魅力が詰まったOVA超大作『ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日』はアニメ・ファン必見の作品だ。
−2008年07月23日作成−
『エレファント』の監督、ガス・ヴァン・サント誕生
『エレファント』の監督、ガス・ヴァン・サント誕生
映画監督のガス・ヴァン・サントが生まれる。米国ケンタッキー州ルイビル出身。ニューヨークのデザイン学校で学んだ後にCM製作の仕事に就き、映画監督としてデビュー。『マイ・プライベート・アイダホ』や『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』では思春期の苦しみをリアルに描き、コロンバイン高校銃乱射事件をテーマにした『エレファント』でその表現は頂点に達した。ハリス・サヴィデスをカメラマンに迎えて、被写界深度の浅い3Dゲームのような視点で映像を構成、単調で退屈な高校生のある一日というものを見事に演出している。この作品でカンヌ国際映画祭のパルムドールと監督賞をダブル受賞という、史上初の快挙を成し遂げている。
−2007年06月20日作成−
ビートルズ365:ビートルズ、ロンドン・タイムスに全面広告を掲載。
ザ・ビートルズ / 1967年)
ビートルズ365:ビートルズ、ロンドン・タイムスに全面広告を掲載。
ロンドン・タイムスにプライベートな場所でのマリファナの喫煙を合法化し、危険薬品リストから取り除くように呼びかける全面広告が掲載される。また、罰則についても触れ、罰を課すにしても罰金は10ポンド(約1万円)に減らすようにと提案した。この広告には61人が署名していたが、うち15人は医師。ちなみにこの広告料はビートルズが負担した。
−2006年06月26日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015