2019年09月19日(木)
  
第1回グラストンベリー・フェス開催
(1970年)
第1回グラストンベリー・フェスティヴァルが、英国のBath & West Showgroundで開催された。出演はマーク・ボラン、キース・クリスマス、スタックリッジ、アル・スチュワート、アメイジング・ブロンデルなど。チケット代はたった1ポンド、なんと農場から牛乳がタダでもらえたらしい。今でこそ巨大フェスとなっているが、この時の観客は1,500人だったとか。なお、このフェスは6月末開催が定着しているが、それは第2回からとなっている。
−2006年08月28日作成−
名プロデューサー、ナイル・ロジャースが誕生
ナイル・ロジャース / 1952年)
シックでの活動やプロデューサーとして知られるナイル・ロジャースが、米国ニューヨークに生まれる。セッション・ギタリストとしてキャリアをスタート、セサミ・ストリート・バンドや、アレサ・フランクリン、ベン・E.キングらのバックで演奏した経験を持つ。70年代後半からはシックのメンバーとして活躍し、以降はプロデュースの世界へ。ダイアナ・ロスからマドンナ、ミック・ジャガーやデヴィッド・ボウイなどなど、さまざまなアーティストを手掛けている。
−2007年08月28日作成−
兄弟デュオ狩人の兄・加藤邦彦誕生
狩人 / 1956年)
兄弟デュオ狩人の兄・加藤邦彦誕生
狩人の兄・加藤邦彦が愛知県岡崎市に生まれる。「標的を射止める狩人であれ」と作曲家・都倉俊一によって名付けられた狩人は、「あずさ2号」で新人賞を総ナメにする。過去には太川陽介、未都由、川崎麻世、そしてキャロライン洋子の兄・黒沢浩と「サンデーズ」というグループを結成していたこともある。これはNHKの歌謡番組『レッツゴーヤング』のレギュラー出演者の総称で、「歌って踊れてしゃべれる歌手の育成」をモットーに結成されたらしい。
−2000年08月28日作成−
T.M.Revolutionの西川貴教が誕生
T.M.Revolutionの西川貴教、滋賀県に生まれる。中学時代ハンドボール部に所属しながら、デュラン・デュランなど洋楽のコピーバンドを結成。高校時代は自力でコンサートを企画し、高校中退後は大阪スクールオブミュージック専門学校に。上京後、浅倉大介と出会い、ソロプロジェクトに参加。'95年T.M.Revolutionとしてデビューに至る。
−2002年08月26日作成−
出崎統との名コンビで知られるアニメーターの杉野昭夫が生まれる
杉野昭夫 / 1944年)
アニメーターの杉野昭夫が北海道で生まれる。作画監督を手がけた『あしたのジョー』『エースをねらえ!』『スペースコブラ』など、日本アニメ界の巨匠・出崎統との名コンビによって数多くの名作アニメを生み出す。劇画タッチの作画が特徴で、存在感のあるキャラクター・デザインは、後のアニメーターにも大きな影響を与えた。72年のマッドハウス設立に参加。その後、80年に出崎統らと“あんなぷる”を設立している。
−2008年09月15日作成−
ミニスカ・ブームの火付け役 ツィッギーの誕生日
ツィッギー / 1949年)
女優でモデルのツィッギーがロンドンで生まれる。そのか細い体型からツィッギー(小枝)というあだ名がつけられ、モデルに女優、歌手と幅広く活躍をみせた。1967年10月に来日、天使のように美しい彼女はたちまち人気者になり、日本でもミニスカートが爆発的に流行した。スウィンギング・ロンドンを語る上では欠かせない伝説的人物。
−2007年08月28日作成−
ビートルズ365:ブライアン・エプスタイン生まれる。
ザ・ビートルズ / 1934年)
ビートルズ365:ブライアン・エプスタイン生まれる。
祖父の代にポーランドから移住したユダヤ人家庭で、家具屋を経営するハリー・エプスタインの長男として、リヴァプールのロドニー・ストリート4番地にある病院で誕生。10歳のとき、私立のリヴァプール・カレッジに入学。スポーツ嫌いでやや内向的だったブライアンは学校側とうまくいかず退学処分をうけ、アイズバーグにある学校に入学。その後、サセックス州のビーコンズフィールド・スクールという寄宿制の男子校に入学し、卒業後はリーキンという学校に入学。ここで美術と演劇に図抜けた才能を発揮したブライアンは服飾デザイナーになりたいという内容の手紙を家族に送り、なれなかったら父親の会社で働くと告げていた。当時、伝統的ユダヤ人家庭では、父親の職を引き継ぐ以外に道はないのが現実だった。ブライアンは50年秋、リーキンを退学した。
−2006年08月28日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015