2019年11月24日(日)
  
キッスの2代目ドラマー、エリック・カーが死去
エリック・カー / 1991年)
キッスの2代目ドラマー、エリック・カーが死去
キッスの2代目ドラマー、エリック・カーが41歳の若さで死去した。死因は心膜炎に起因する合併症。絶大な人気を誇ったピーター・クリスに代わるメンバーとして加入したため、難しい立場であったことは想像に難くない。が、その後はメイクを落としたキッスをバックでしっかりと支え、ファンにも受け入れられていく。ドラマーとしてはもちろん、シンガーとしての才能にも恵まれており、クリスの持ち歌だった「ベス」を見事に歌いこなす姿も印象的だった。
−2006年10月30日作成−
英のテノール歌手、ラッセル・ワトソンが誕生
ラッセル・ワトソン / 1966年)
英のテノール歌手、ラッセル・ワトソンが誕生
英国のテノール歌手、ラッセル・ワトソンがマンチェスターに生まれる。幼い頃はサッカーに親しむ普通の英国の少年だったが、地元ラジオ局のタレント・コンテストで優勝を飾るなど、華はあったようだ。エンジニアとして働く傍らパブなどでポップスを歌っていた彼は、ある日、プッチーニの「誰も寝てはならぬ」を歌うよう勧められる。クラシックのレッスンを受けていなかったが、これを機にテノール歌手の道へ。デビュー後は瞬く間に人気を得た。
−2007年10月30日作成−
公式発表から約24時間後、F.マーキュリーがエイズで死去
公式発表から約24時間後、F.マーキュリーがエイズで死去
クイーンの唯一無二の魅力である4オクターブもの歌声を聴かせてくれたフレディ・マーキュリーが、エイズであることを公式の場で発表した直後、肺炎を併発させ死去。早すぎる死であった。その死の衝撃は大きく、デヴィッド・ボウイやエルトン・ジョンなどビッグ・アーティストによる様々な追悼コンサートが行なわれた。後になってもフレディのカリスマ性は衰えることがないが、〈フレディの従兄弟〉を名乗る熱烈なファンがストーカー殺人を犯すなど、残念な現れ方をすることもあった。
−2000年10月30日作成−
ラグタイムの王、スコット・ジョプリン誕生
ラグタイムの王、スコット・ジョプリン誕生
曲名は知らずとも、聞けばだれもが「あ〜、あれ」と大きくうなずく、映画『スティング』でもおなじみの楽曲「エンターティナー」のスコット・ジョプリン、テキサス州に生まれる。彼の大きな功績は、同曲のように左手が規則的な和音のリズム、右手がシンコペーションで展開していく軽妙なピアノ音楽、ラグタイムを確立させたこと。その後このラグタイムは19世紀末の南部の酒場を席巻していった。ちなみに、「エンターティナー」は、スコットの死後も映画の影響で、全米チャートのトップ10に入る快挙を成し遂げている。
−2001年10月24日作成−
ラルクのドラマー、yukihiro、誕生
yukihiro(L'Arc-en-Ciel) / 1968年)
ラルクのドラマー、yukihiro、誕生
ラルク アン シエルの3代目ドラマー、yukihiro生まれる。シングル「虹」からサポート・メンバーとしてラルクに参加(前バンドDIE IN CRIESは95年に解散)。その後正式メンバーとしてバンドに参加する。2000年の『REAL』以降、バンドとしてのアルバム・リリースが滞った時期にも、2001年『Fault』でのソロ名義デビュー、ソロ・プロジェクトacid androidでのアルバム発表(2002年/インターネット先行発売)と精力的に活動して注目を集めた。
−2002年10月29日作成−
タフな声でおなじみ、大塚明夫の誕生日
大塚明夫 / 1959年)
1959年、声優/俳優の大塚明夫が東京都に生まれる。アニメでは“攻殻機動隊”シリーズのバトー、ゲームでは“メタルギアソリッド”シリーズのスネーク、洋画吹替えではアーノルド・シュワルツェネッガー、スティーヴン・セガールなどを演じ、漢臭く、渋いタフな役柄を得意とする。その一方で、“ムーミン”シリーズのムーミンパパのような役も難なくこなす演技派。父・大塚周夫、妻・沢海陽子も共に声優として活躍。
−2008年11月21日作成−
単独犯なのかは2039年に明らかに!? オズワルドが死去
ジョン・F.ケネディ / 1963年)
単独犯なのかは2039年に明らかに!? オズワルドが死去
“20世紀最大の謎”とも言われる、アメリカ合衆国第35代大統領ジョン・F・ケネディの暗殺事件。その事件の実行犯とされるリー・ハーヴェイ・オズワルドが、事件の2日後となる11月24日、ダラス警察の地下でジャック・ルビーによって射殺される。映画『JFK』でも描かれていたように、オズワルドの単独犯ではないという説(または暗殺犯でない説)は未だ根強い。現在非公開の関連資料がオープンになる2039年には、すべてが明らかになるのだろうか……。
−2007年11月02日作成−
ビートルズ365:ピート・ベスト生まれる。
ザ・ビートルズ / 1941年)
ビートルズ365:ピート・ベスト生まれる。
リンゴの前任ドラマーだったピート・ベストが、インドのマドラスにて生まれた。本名ランドルフ・ピーター・ベスト。海軍勤務の父ジョン・ベストと赤十字の看護婦の母モナ・ベストとの間に長男として生まれた。ピートを含むベスト家はイギリスのリヴァプールに帰国。11歳でリヴァプールの名門校であるカレジエイトに進学。カレジエイト時代の成績は優秀で、ラグビー部では主将を務めていた。また、整った風貌で女の子からの人気が高く、ビートルズ在籍時も女の子に一番人気があったとされ、地元の音楽誌での扱いもメンバーの中で一番大きかった。頭脳明晰で温厚だが、ビートルズのメンバーで唯一マッシュルーム・カットを受け入れず、最後までリーゼントで通していることなどから、やや協調性に欠ける性格だったのではとも言われている。
−2006年10月30日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015