2020年06月26日(金)
  
ミック・ジョーンズ(ザ・クラッシュ)、誕生
ミック・ジョーンズ / 1955年)
三大パンク・バンドのひとつ、ザ・クラッシュのミック・ジョーンズが英国の南ロンドンはブリクストンに生まれる。本名マイケル・ジェフリー・ジョーンズ。祖母によって育てられたという彼は、MC5などに影響を受け、ギターを覚えてバンドを結成する。レゲエ、スカ、ロカビリーなど、さまざまな音楽的要素を取り入れたクラッシュだが、キャッチーとも言えるメロディは彼の手によるところが大きい。ロックンローラーとしても実にクールな男である。
−2006年05月26日作成−
ジョージィ・フェイムが誕生
ジョージィ・フェイムが誕生
モッズのシーンで活躍した鍵盤奏者、ジョージィ・フェイムが英国ランカシャーに誕生。本名はクライヴ・パウエル。16歳からプロのミュージシャンとして活動し、頭角を現していく。モッズといえばザ・フーやスモール・フェイセスを思い起こすが、彼の出すサウンドはジャジィかつポップで、より本格的なR&Bに踏み込んだスタイル。それゆえ、後にはクラブ・ミュージックやアシッド・ジャズの方面からも支持を得るなど、意外なところからも注目を浴びた。
−2007年05月29日作成−
ジェリー藤尾が誕生
ジェリー藤尾 / 1940年)
ジェリー藤尾が誕生
NHKの人気番組『夢で逢いましょう』から生まれた「遠くへ行きたい」が大ヒットした歌手、ジェリー藤尾が上海に生まれる。当時としては異色の“黒っぽさ”で人気を集め、あの沢田研二の“ジュリー”という呼び名も彼にちなんだものとも言われているほど。また役者としても黒澤明の『用心棒』やドラマ『キーハンター』などに出演。しかし後年は離婚騒動や自己破産、ひいては道すがら「あ、バラが咲いたの人だ(←それはマイク真木)」と言われることも。ガンバレ、ジェリー!
−2001年05月25日作成−
不世出のトランペッター、スウィート・ブラウニー死去
不世出のトランペッター、スウィート・ブラウニー死去
ジャズ・トランペッターのクリフォード・ブラウンが乗車していた車が土手に激突。同乗者は全員死亡という悲劇的な事故となった。車の中にはジャズ・ピアニストの巨匠バド・パウエルの弟リッチ・パウエルも乗っていた。クリフォードは当時26歳。そのホットな演奏と、“スウィート・ブラウニー”と呼ばれる清く正しく温厚な性格は多くの人に愛され、ベニー・ゴルソンによって「I Remember Clifford」という曲までも作られた。同曲はソニー・ロリンズをはじめ、多くの人によって演奏されている。
−2002年05月27日作成−
スティッチの日〜『リロ&スティッチ』
(2008年)
スティッチの日〜『リロ&スティッチ』
映画はもとより、TVシリーズでも好評を博すディズニーの大人気アニメーション『リロ&スティッチ』。スティッチが、悪の天才科学者ジャンバ博士によって生み出されたエイリアン試作品626号であることにちなみ、6月26日を“スティッチの日”とすることが2008年に日本記念日協会により認定された。そのほか協会認定アニメ関連の記念日としては、29日が金曜日になる日=“キン肉マンの日”がある。
−2008年06月25日作成−
映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』公開
映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』公開
これまでとはまったく異なる新しい世界を切り拓き、さらなる伝説に挑んだ人気シリーズ「ハリー・ポッター」第3章が公開される。主演のダニエル・ラドクリフを始めとするレギュラー陣の成長も見どころだが、ゲイリー・オールドマン演じる脱獄囚ブラックや、デイビッド・シューリス演じる新任教師ルーピンなどなど、個性的な魅力を放つキャラにも注目して観てほしい一作。
−2007年05月22日作成−
ビートルズ365:NEMSエンタープライズ設立
ザ・ビートルズ / 1962年)
ビートルズ365:NEMSエンタープライズ設立
ブライアン・エプスタインが弟のクライヴ・エプスタインとともに、ビートルズのマネージメント実務を処理する組織として資本金100ポンドで会社を設立。ブライアン、クライヴの二人で各50%の株を持った(その後、増資し、ビートルズも株を保有する)。この日、NEMSエンタープライズは株式会社として登録された。64年3月9日には、リヴァプールにあった本部とロンドンの広報部門を統合、ロンドンの中心地ソーホー、ロンドン・パラディアムの隣にNEMSの本部をかまえた。6階の全フロアが事務所になっていて、記者会見やインタビューなどの会場としても使用された。
−2006年05月26日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015