2021年05月25日(火)
  
ローリン・ヒル(フージーズ)、誕生
ローリン・ヒル / 1975年)
ローリン・ヒル(フージーズ)、誕生
ローリン・ヒルが米国ニュージャージーに生まれる。彼女のキャリアは子役としてスタートしており、テレビや映画出演を経験している。10代の早い時期にフージーズを結成するも、女優業が忙しく、活動は捗らなかったようだ。グループがデビューするや、その実力、存在感、美貌、すべてでシーンを圧倒。ソロとしても大成功を収め、ヒップホップ/R&Bシーンで、女性ファン羨望の眼差しを独り占めにした。才能に裏打ちされたカリスマ性溢れる才女だ。
−2006年04月24日作成−
スコーピオンズのクラウス・マイネが誕生
スコーピオンズ / 1948年)
スコーピオンズのクラウス・マイネが誕生
スコーピオンズのシンガーであるクラウス・マイネが、ドイツのハノーヴァーに生まれる。ギタリストのルドルフ・シェンカーとともに看板を張り、長年にわたりバンドを牽引している。81年には喉の病気でヴォーカリスト生命の危機に立たされたが、見事に克服。バンドを世界的な人気に導いた。「ブラックアウト」のようなハード・ロックで聴かせるハイトーン、「ウィンド・オブ・チェンジ」などの美しいバラードでの囁くような歌声など、シンガーとしては天才的だ。
−2007年04月26日作成−
trf、オリコン初の1位「survival dAnce」発売
trf / 1994年)
trf、オリコン初の1位「survival dAnce」発売
'96年にはグループ名を大文字に変えたtrf(現:TRF)の大ヒット曲「survival dAnce」が、発売。「EZ DO DANCE」で注目を浴び、「寒い夜だから…」などもヒットしたが、1位となったのは同曲が初めて。「テツヤ・コムロ・レイブ・ファクトリー」の名にふさわしい、みんなで踊れるダンスナンバーは大ヒットを記録した。また、グループは'94年そして'95年と連続して「日本レコード大賞」も受賞。まさに絶頂期の幕開けだった。
−2002年04月24日作成−
陣内大蔵が誕生
陣内大蔵 / 1965年)
陣内大蔵が誕生
陣内大蔵、山口県宇部市にて生まれる。'88年、シングル「いと小さき君の為に」、アルバム『Moratorium』でデビュー。深い声質とスケールの大きな歌で人気を博す。またファンとの交流も大切にし、ファンクラブの会員たちと上諏訪温泉に行き、温泉に入ったりオルゴール作ったりと盛り上がったとか。混浴だったかどうかは定かではない(残念)。
−2003年04月25日作成−
『のだめカンタービレ』の作者、二ノ宮知子が生まれる
二ノ宮知子 / 1969年)
『のだめカンタービレ』の作者、二ノ宮知子が生まれる
1969年、漫画家の二ノ宮知子が埼玉県に生まれる。代表作はTVアニメ、実写ドラマ、小説、そして題材となっているクラシックのCDとメディアミックス展開され、社会現象とまで言える人気を博した『のだめカンタービレ』(講談社 刊「Kiss」連載)。同作にて講談社漫画賞少女部門を受賞。自身の体験を基に描かれる作品『平成よっぱらい研究所』で明かされるように、大の酒好きとして知られる。
−2009年05月20日作成−
じゅりっぺこと上野樹里誕生
上野樹里 / 1986年)
じゅりっぺこと上野樹里誕生
女優・上野樹里が兵庫県加古川市に生まれる。田舎の落ちこぼれ女子高校生がジャズを演奏する青春映画『スウィングガールズ』(2004年)に主演、一躍脚光を浴びる存在に。特技は陸上短距離で、小学校・中学校時代は陸上部に所属。プライベートは意外にも天然キャラで、ドラマ『のだめカンタービレ』でみせた野田恵役は本人そっくりという声も。
−2007年04月25日作成−
ビートルズ365:ジョン、愛車のロールスロイスにサイケデリック・ペイントを施す。
ザ・ビートルズ / 1967年)
ビートルズ365:ジョン、愛車のロールスロイスにサイケデリック・ペイントを施す。
ジョン、愛車のロールスロイス『ファンタムV』にサイケデリック・ペイントを施した。これに対して、ロールスロイス社からはクレームがついたとか・・・。このロールスロイスは85年にサザビーのオークションにて229万ドルという高額でカナダ人の実業家に落札された。その実業家は購入の動機を「バンクーバーの万博の客寄せのため」と語った。その後、何人かの持ち主を経て、カナダのバンクーバーの交通博物館に展示されていたが、現在はさらに人の手に渡りカナダのカーマニアの元にあるそうだ。
−2006年04月24日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015