2021年09月07日(火)
  
メガネのロックンローラー、バディ・ホリーが誕生
バディー・ホリー / 1936年)
メガネのロックンローラー、バディ・ホリーが誕生
ロックンロール創成期の人気ミュージシャン、バディ・ホリーが米国テキサス州に生まれる。初めてバンドを組んだのは高校生の時。もともとはカントリーを好んで演奏していたそうだ。その後、エルヴィス・プレスリーに感化されてロックンロールをプレイするようになるのだが、メガネにスーツという出で立ちでプレスリーらとは一線を画していた。“ウッ”“アッ”というアクセントが特徴的な歌唱も持ち味。ジョン・レノンが彼を敬愛していたのは有名な話だ。
−2006年08月28日作成−
ザ・フーのキース・ムーンが死去
キース・ムーン / 1978年)
ザ・フーのキース・ムーンが死去
ザ・フーのドラマーであるキース・ムーンが死去。死因はオーヴァードーズだとされている。32歳という若さだった。当日の彼は、ポール・マッカートニーが主催したバディ・ホリーの映画『The Buddy Holly Story』の試写パーティに参加していたという。そのパーティをガールフレンドとともに早めに切り上げるのだが、その直後に帰らぬ人となった。凄まじすぎるドラミング同様、私生活にも破天荒な面があったのは有名で、アルコールとドラッグの問題は深刻だったらしい。
−2007年08月28日作成−
衰え知らずの天才、ソニー・ロリンズ誕生
ソニー・ロリンズ / 1930年)
衰え知らずの天才、ソニー・ロリンズ誕生
ジャズ黄金期の50年代から、常に最前線に存在し続けるジャズの巨人がNYで誕生。そのテナー・サックスの音色は生命力にあふれ、時にユーモラスでさえある。同じく天才サックス・プレイヤーであるジョン・コルトレーンに比べ、小難しい理屈なしに音を楽しむことができ、また大の日本ひいきであるため、日本人にとって親しみやすい存在でもある。しかし、そんな巨人でも苦悩は多い。時代とともに変化するジャズ・スタイルの狭間で、自分の演奏方法への疑問から引退と復活を数度繰り返している。
−2000年08月28日作成−
DJテイ・トウワ、誕生
テイ・トウワ / 1964年)
DJテイ・トウワ、誕生
ゲイシャ・ガールズ、KOJI 1200の仕掛け人としても知られる在日韓国人DJテイ・トウワ、神奈川県横浜市に生まれる。ソロアルバム『フューチャー・リスニング!』をヒットさせ、また、ハイポジ、Charaなどなど数多くのアーティストのプロデュース&楽曲提供も行なうなど、その活動はまさに多彩。しかも、すでにアメリカ留学中にワールド・デビューは済ませており、在籍したバンド、ディー・ライトの「グルーヴ・イズ・イン・ザ・ハート」は、英1位、米ビルボードのポップチャート4位を記録している。
−2001年08月24日作成−
その昔は丸刈りでなくサラサラ・ヘアー。長渕剛、誕生
長渕剛 / 1956年)
その昔は丸刈りでなくサラサラ・ヘアー。長渕剛、誕生
フォークシンガー・長渕剛、鹿児島県に生まれる。'75年九州産業大入学と同時にライヴ活動を開始。翌年第15回ポプコンに「巡恋歌」で入賞。上京後はデパート屋上での弾き語りをしながら全国を回り、'80年「順子」が大ヒットとなる。後には坊主頭がトレードマークにもなる長渕であるが、デビュー当時はサラサラのストレートヘア。だが、ツアー名が「根性コンサート」だったり、とその熱いパフォーマンスは、一貫して変わってはいないのであった。
−2002年08月26日作成−
変幻自在の声の持ち主、声優・高橋広樹誕生
高橋広樹 / 1974年)
変幻自在の声の持ち主、声優・高橋広樹誕生
1974年9月7日生まれ。日本の男性声優、歌手。デビュー作は『マクロス7』。イケメン役を演じることが多いが、代表作でもある『HUNTER×HUNTER』のヒソカ、『テニスの王子様』の菊丸英二のようなキャラクターも担当しており、幅広い役を演じ分ける声優として知られている。また、7人の人気男性声優からなるユニット「謎の新ユニットSTA☆MEN」を組んでおり、多くの女性ファンを魅了している。
−2008年09月05日作成−
『エデンの東』を監督した名匠エリア・カザンの誕生日
エリア・カザン / 1909年)
映画監督のエリア・カザンがイスタンブールで生まれる。幼少期にアメリカに移住したカザンは、イェール大学で演劇を学び、舞台俳優として活躍する。 1944年に映画『ブルックリン横丁』で監督デビューし、その後『欲望という名の電車』やジェームス・ディーンの出世作『エデンの東』で確固たる地位を築いた。息子は『悪魔を憐れむ歌』『アンドリューNDR114』などの脚本を手掛けたニコラス・カザン。
−2007年08月28日作成−
ビートルズ365:BBCラジオ『サタデイ・クラブ』に出演。
ザ・ビートルズ / 1963年)
ビートルズ365:BBCラジオ『サタデイ・クラブ』に出演。
ロンドンのプレイハウス・シアターでBBCラジオ『サタデイ・クラブ』の5周年記念番組を収録。収録はリハーサルも含めて午後1時から4時まで行なわれた。ビートルズは、「アイ・ソ−・ハー・スタンディング・ゼア」「メンフィス・テネシー」「ハッピー・バースデー・サタデイ・クラブ」「アイル・ゲット・ユー」「シー・ラヴス・ユー」「ルシール」を演奏。「ハッピー・バースデー・サタデイ・クラブ」は、5周年を祝って演奏された番組ではおなじみの曲で、番組の記録には作曲クレジットが“Trad Arr.Lennon”となっている。この日の収録分は10月5日の午前10時から12時に放送され、午前11時31分から11時59分の間に放送された最後の3曲は、BBCの海外放送で同時放送された。また、この日演奏された「ルシール」がアルバム『ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC』に収録された。
−2006年08月28日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
[インタビュー] シバノソウ、少し大人になった彼女の「これから」を表明した新作EP[インタビュー] 広瀬咲楽、ナチュラルな歌声が魅力のSSW、真骨頂である春曲を集めたアルバム
[インタビュー] 橋本一子×藤本敦夫、スペシャル・ライヴ直前、マルチ・アーティスト対談[特集] 井上芳雄、デビュー20周年、スペシャルライヴを収めた豪華DVD + CD発売
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015