2021年10月15日(金)
  
“あのねのね”でもお馴染み、清水國明が誕生
清水國明 / 1950年)
アウトドア愛好家として有名な、清水國明が福井県に生まれる。73年に原田伸郎とのフォーク・デュオ“あのねのね”でデビュー。「赤とんぼの唄」「魚屋のオッサンの歌」など、コミック・ソングをヒットさせたことで知られているが、真面目な曲も作っている。90年代以降、アウトドアの素晴らしさを伝える活動を主に行なっているが、その前にはバイク・レーサーとしても活躍。スポーツ・フィッシングもこよなく愛し、その活発な行動力は年齢を感じさせない。
−2006年09月28日作成−
演歌歌手の山川豊が誕生
山川豊 / 1958年)
演歌歌手の山川豊が誕生
演歌歌手の山川豊が三重県鳥羽市に生まれる。本名は木村春次。1981年に「函館本線」でデビュー。旅情に溢れる楽曲を次々とヒットさせ、人気歌手の仲間入りを果たした。常にしっかりとセットされた髪型が印象的で、精悍な顔立ちと引き締まった体格は、スポーツ選手を想起させるほど。実際ボクシングに関しては、趣味の範囲を超えるほどの腕前だとか。なお、同じく演歌歌手の鳥羽一郎は実の兄だが、デビューは山川の方が1年ほど早い。
−2007年09月27日作成−
カーペンターズのリチャード、誕生
カレン亡き後も、人々のハートを温めつづけるカーペンターズの兄、リチャード・カーペンターが米コネチカット州ニューヘヴンに生まれる。メイン・ヴォーカルであるカレンの陰に隠れ、やや印象の薄いリチャードであるが、実はわずか12歳でエール大学のミュージック・スクールに通い、16歳で初レコーディングを経験するなどした天才少年であった。音楽的な主導権はもちろん、作曲、編曲だけでなく、選曲もカレンの魅力が最も出る曲を選んでプロデュース。やり手なんだけど……やっぱりどこか影が薄い?
−2001年09月26日作成−
ポルノグラフィティのアキヒトが誕生
ポルノグラフィティのアキヒトが誕生
ポルノグラフィティのシンガー、アキヒトが広島県因島に生まれる。メンバーのハルイチ(g)とは高校の同級生で、ハルイチの小・中学校の同級生であったタマ(b)と一緒に高校の文化祭でZIGGYやBOOWYなどをカヴァーしたことがポルノの原点となっている。高校卒業後、いったんはバラバラになったものの、1年後に大阪で再会し、バンド活動を開始。無名だった彼らは、大阪で少しでも自分達を印象づけるために、出身地・因島のアピールをするラップや、田舎であることをネタにしたMCなども行なっていたという。
−2002年09月27日作成−
アニメ『一休さん』放送開始
(1975年)
アニメ『一休さん』放送開始
1975年10月15日、NETテレビ(現:テレビ朝日)にて放送開始。1982年6月28日まで全296話が放送された。「一休さん」は、室町時代に実在した臨済宗の禅僧「一休宗純」の愛称で、アニメ版はその一休をモデルとする読物「一休咄」などの頓智咄(とんちばなし)を原作としている。作品では、次々と出される難題を得意のトンチで解決していく一休さんの活躍と、お寺の仲間たちとの日々をユーモアに描き出していた。CM前のアイキャッチ「「あわてない あわてない。一休み一休み」は誰もが知る名フレーズ。
−2008年10月14日作成−
田宮二郎主演の映画版『白い巨塔』が公開
田宮二郎 / 1966年)
幾度も映像化されている『白い巨塔』の原点、田宮二郎出演の映画版『白い巨塔』が公開される。原作は山崎豊子のベストセラー小説で、大学付属病院を舞台に、欲望と利害が渦巻く医学界の内幕を赤裸々に描いた傑作。後にTVドラマ・シリーズにもなり高視聴率を記録するなど、主演・田宮二郎の代表作になった。
−2007年09月28日作成−
ビートルズ365:ポールとマイケル・ジャクソンとのデュエット曲「セイ・セイ・セイ」英国発売。
ザ・ビートルズ / 1983年)
ビートルズ365:ポールとマイケル・ジャクソンとのデュエット曲「セイ・セイ・セイ」英国発売。
ポールとマイケル・ジャクソンの共作曲である「セイ・セイ・セイ」が英国で発売(米国では10月3日、日本では11月1日)。全英では2週連続2位、全米では6週連続1位を記録。日本でも最高16位を記録した。「セイ・セイ・セイ」が収録されたアルバム『パイプス・オブ・ピース』には、もう1曲の共作曲「ザ・マン」が収録されている。これらの曲はアルバム『タッグ・オブ・ウォー』のセッションにてレコーディングされている。その後、版権問題で争うことになるとは、この時は誰も想像できなかったことだろう。
−2006年09月28日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015