2022年12月14日(水)
  
“スター”錦野旦が誕生
にしきのあきら / 1948年)
“スター”錦野旦が誕生
歌手・タレントの錦野旦(にしきのあきら)が大分県に生まれる。スカウトをきっかけとし、1970年に歌手デビュー。「空に太陽があるかぎり」の大ヒットやブロマイドの驚異的な売上など、70年代を通じてトップ・アイドルとして大活躍した。80年代は低迷するも、90年代に入ってバラエティ番組で再ブレイク。かつての人気ぶりを自らパロディにするかのような、“スターにしきの”というキャラクターで幅広い人気を得ることになる。
−2006年11月28日作成−
世良公則が誕生
世良公則 / 1955年)
世良公則が誕生
ツイストでの活動のほか、俳優としても知られる世良公則が広島県に生まれる。幼い頃はヴァイオリンを習うなどクラシックに親しんでいたが、中学生の時に出会ったロックで彼の人生は決まった。バンド活動をはじめた当初はベースをプレイしていたそうだが、後にシンガーに転向。あの凄まじいインパクトを残すハスキーな声を活かし、数々のヒットを飛ばす。ドラマ『太陽にほえろ!』のボギー、映画『極道の妻たち』シリーズでもお馴染みだ。
−2007年11月28日作成−
〈オシャレ系〉の代名詞、ジェーン・バーキン誕生
ジェーン・バーキン / 1947年)
〈オシャレ系〉の代名詞、ジェーン・バーキン誕生
セルジュ・ゲンズブールの妻であり、女優にして歌手のジェーン・バーキンがロンドンに生まれる。1999年、野島伸司脚本の『美しい人』の主題曲となり話題となった「無造作紳士」を含むベスト盤の売り上げが30万枚を超え、久々にその囁くような甘い歌声が巷を流れた。ちなみに、野島ドラマの中で使用されたかつての名曲は「冬の散歩道」(サイモン&ガーファンクル/『人間・失格』)、「トップ・オブ・ザ・ワールド」(カーペンターズ/『未成年』)など。
−2000年11月29日作成−
ケツメイシのRyojiが誕生
RYOJI(ケツメイシ) / 1974年)
ケツメイシのRyojiが誕生
ケツメイシのラッパー兼シンガー、Ryojiこと大塚亮二が生まれる。1993年に結成されたケツメイシ(古来から中国で下剤などに使われている薬草がグループ名の由来)は、2000年に自動車のCMで使われた「こっちおいで」でブレイク。その後も「手紙」のヒットや、浜崎あゆみ、CHEMISTRYらのアルバムにリミックスで参加したりと活動の幅を広げている。そのなかで大塚は大のパチンコ好き。開店待ちをし、好きな言葉が“確率変動”というツワモノである。
−2001年11月26日作成−
高橋幸宏、鈴木慶一etc.……玄人ウケする高野寛、誕生
高野寛 / 1964年)
高橋幸宏、鈴木慶一etc.……玄人ウケする高野寛、誕生
シンガーソングライターにして、屈指のセッション・ギタリストでもある高野寛、静岡に生まれる。中学生の時ギターを独学で学びはじめ、ラジオでYMOのワールドツアーを聞き、衝撃を受ける。その後、オーディションに送ったデモテープが高橋幸宏とムーンライダーズの目にとまり、'88年高橋幸宏のプロデュースによりデビュー。その爽やかな容姿も手伝って、「虹の都」は大ヒットする。'90年代後半からは他アーティストへの詞曲提供や、中村一義のアルバムなどへのギタリストとしての参加、アレンジャー、プロデューサーなどマイペースに多岐な活動を続ける。
−2002年11月25日作成−
マルチに活躍、モモーイこと桃井はるこ、誕生
桃井はるこ / 1977年)
マルチに活躍、モモーイこと桃井はるこ、誕生
1977年12月14日、マルチに活躍する桃井はるこが東京都に生まれる。通称モモーイ。インターネット日記をきっかけにライターとしての活動をはじめ、後に声優や歌手としても人気を獲得。小池雅也とのユニット、UNDER17の解散(2004年)以降は、ソロ・アーティストとして精力的な活動を行なっている。なお、声優デビューは、2001年の『The Soul Taker 〜魂狩〜』。以後、舌足らずの声を活かした天然系の女の子役を多く演じている。
−2008年12月11日作成−
健康のためなら死んでもいい!?ケロッグ博士、死す!
コーンフレークの産みの親として知られる“ケロッグ博士”ことジョン・ハーヴェイ・ケロッグが逝去。怪優アンソニー・ホプキンスが主演で映画化された実在の人物だ。映画『ケロッグ博士』はミシガン州バトルクリークに実在したサナトリウムを舞台にしたブラック・コメディ。「極端な菜食主義と禁欲生活が健康をもたらす」という博士の哲学に則って運営された施設が描かれている。
−2007年11月30日作成−
ビートルズ365:リンゴ、ジョージ・マーティンによるクリスマス番組の収録に参加。
ザ・ビートルズ / 1969年)
ビートルズ365:リンゴ、ジョージ・マーティンによるクリスマス番組の収録に参加。
ジョージ・マーティンの特別テレビ番組『ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ』が、イギリス北部に新設されたITV系列のヨークシャー・テレビのスタジオでカラー収録された。リンゴは新たなヴォーカルを入れた「オクトパス・ガーデン」を擬似演奏した。「音楽とコメディを一緒にしたファミリー・エンターテインメント、カラフルでおかしなミュージカル・ショー」という歌い文句がついたこの特別番組は、クリスマス・イヴの12月24日午後6時から7時にヨークシャー・テレビで放送され、全国のほとんどのITV系列局でも放送された。リンゴの他には、ダドリー・ムーア、ホリーズ、ルル、スパイク・ミリガンなどがゲスト出演し、ジョージ・マーティン自身も40人からなるジョージ・マーティン・オーケストラを指揮した。
−2006年11月28日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ
[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝!
[インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム
[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015