ニュース

あの名曲をパンク・ヴァージョンで!『PUNK IT BEST』第2弾

2005/11/01掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 世に歌い継がれる数々の名曲を“パンク・ヴァージョン”で楽しめる『PUNK IT』シリーズ。7枚目となる最新作、ベスト・アルバム第2弾がいよいよ完成!『PUNK IT BEST』(TECI-24329 \2,520(税込) )は12月16日の発売です。もはや常連というより、大御所と呼んでも過言ではないパンクルズをはじめ、ダイナソーJR.キュアーのカヴァー)、ディー・ディー・ラモーン(メタリカのカヴァー)、ヴァイブレーターズAC/DCのカヴァー)、ザ・ハイ・ファイヴスソフト・セルのカヴァー)……などなど、各アーティスト/バンドのバックグラウンドや思い入れも透けて見える好面子&好選曲が嬉し! ぜひぜひお手元へ。

●V.A.『PUNK IT BEST』
(TECI-24329 \2,520(税込) )
1. マジカル・ミステリー・ツアー (Punkles)
2. マイ・ブレイブ・フェイス (SR-71)
3. 汚れなき愛 (Hi-Fives)
4. ジャスト・ライク・ヘブン (Dinasaur Jr.)
5. ジャンプ・イン・ザ・ファイアー (Dee Dee Ramone)
6. カッツ・ライク・ア・ナイフ (Four Square)
7. スメルズ・ライク・ア・ティーン・スピリット (Blanks77)
8. レディオ・レディオ (Marble Index)
9. バスケット・ケイス (Among All Tragedies)
10. ロッカー (Vibrators)
11. ルッキング・アット・ユー (Damned)
12. ホワイト・フラッグ (0 Eight 5 Teens)
...and more(全28曲収録予定)
続報
『PUNK IT BEST』第2弾、収録曲

V.A.『PUNK IT BEST』の収録曲が発表されました。詳細は以下。

※カッコ内はオリジナルのアーティスト

●The Dollyrots「Be My Baby」(ロネッツ)
●The Punkles「Help」(ビートルズ)
●SR-71「My Brave Face」(ポール・マッカートニー)
●Skin Of Tears「Suburbia」(ペット・ショップ・ボーイズ)
●Gwyllions「I Can Hear Music」(ビーチ・ボーイズ)
●The Wynona Riders「Kids in America」(キム・ワイルド)
●The Donnas「Living After Midnight」(ジューダス・プリースト)
●The Hi-Fives「Tainted Love」(ソフト・セル)
●0 Eight 5Teens「White Flag」(ダイド)
●The Marble Index「Radio Radio」(エルヴィス・コステロ)
●Turbonegro「Suffragette City」(デビッド・ボウイ)
●Dinosaur Jr.「Just Like Heaven」(キュアー)
●Turtlehead「Video Killed The Radiostar」(バグルズ)
●Vulture Culture「Take Me Home, Country Roads」(ジョン・デンバー)
●The Vibrators「Jumpin' Jack Flash」(ローリング・ストーンズ)
●The Weekend「Workin' For The Weekend」(ラバー・ボーイ)
●Scorefor「Moonlight Shadow」(マイク・オールドフィールド)
●The Mr T Experience duet with Kim from The Muffs
「Don't Go Breakin' My Heart」(エルトン・ジョン・ウィズ・キキ・ディー)
●SFH「The Boxer」(サイモン&ガーファンクル)
●Psycho Bunnies「Jolene」(オリビア・ニュートンジョン)
●The Donnas「Drive In」(ビーチ・ボーイズ)
●The Wall「Day Tripper」(ビートルズ)
●The Mr T Experience
「Is There Something I Should Know?」(デュラン・デュラン)
●In A Million「Karma Chameleon」(カルチャー・クラブ)
●Four Square「Cuts Like A Knife」(ブライアン・アダムス)
●0 Eight 5Teens「Easy Rider」(奥田民生)
[ 2005/11/22掲載 ]
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』
[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」
[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015