ニュース

ジャズ・ピアニスト、小川理子の2018年作『Balluchon』がSACDに

小川理子   2024/05/20 13:03掲載
はてなブックマークに追加
ジャズ・ピアニスト、小川理子の2018年作『Balluchon』がSACDに
 ジャズ・ピアニストで、日本オーディオ協会会長を務めるなど、多くの顔を持つ小川理子の2018年のアルバム『Balluchon』が、ハイブリッドSACDで5月21日(火)にウルトラアートレコードから発売されます。手直し編集のないワンテイクの演奏をDXD(384kHz / 32bit)でレコーディングした音源を、今回のSACD化にあたってハーフインチのアナログ・マスターテープに録音。そこから2.8MHzのDSDレイヤー用と、44.1kHz/16bitのCDレイヤー用のオーディオ・データをそれぞれ作成しました。

 『Balluchon』はウルトラアートレコードの代表を務める潮春男と副代表を務める麻倉怜士、オーディオ評論家でもある2人が、A面(朝倉)とB面(潮)をそれぞれプロデュース。A面は田辺充邦(g)、山村隆一(b)、バイソン片山(ds)、B面は浜崎航(ts,fl)、中平薫平(b)、吉良創太(ds)と参加ミュージシャンが異なるカルテットで録音しています。

 A面をプロデュースした麻倉はこの作品のSACD化について、「ウルトラアートレコードの第2弾SACDです。第1弾の“情家みえ・エトレーヌSACD”はアナログテープからDSDにしましたが、“バリューション”では、ピラミクスによるハイレゾデータをいったん、アナログ化して、次にDSDに変換しました。デジタルの中にアナログのフレーバーを含有させたわけです。結果は、音場密度が緻密になり、音の輪郭が丁寧な音調が得られました。心地の良いヒューマンなグルーブです。これからの音展、インターナショナルオーディオ・ショーでご披露したいと思います」と語っています。

ウルトラアートレコード
ultra-art.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015