ニュース

『闘士ゴーディアン』のサントラがついに発売!音楽担当は山本正之

2006/07/14掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 主人公が小型ロボットのプロテッサーに乗り込み、デリンガー(中型ロボット)、ガービン(大型ロボット)の順に入れ子式で分身合体する戦闘ロボ「ゴーディアン」の活躍を描いた、タツノコプロ制作のTVアニメ『闘士ゴーディアン』。そのオリジナル・サウンドトラックが番組放送から25年の月日を経て、ついに発売されることになりました!

 『闘士ゴーディアン』は1979年から翌81年にかけて東京12チャンネル(現・テレビ東京)系にて放送。アニメ同様に合体する玩具が大ヒットし、全73話という長期シリーズとして放送されていました。

 今年3月から待望のDVD化も開始され(写真はDVD-BOX第1弾)、かつての“ゴーディアン・フリーク”から熱い支持を得ていましたが、ついに番組のオリジナル・サウンドトラック(BSCH-30048 \2,600(税込))の発売が決定! 音楽を手がけたのは、山本正之×神保正明というタイムボカン・シリーズでお馴染みの黄金コンビ。つい先日に発売完了したタイムボカン・シリーズの“オリジナル・サウンドトラック全集”に続くもので、これまで制作プロダクションの保管倉庫に眠っていたマスター音源を新たに発掘。オープニング・テーマ「闘士ゴーディアン」とエンディング・テーマ「明日に向かって走れ」のTVサイズのほか、劇中で使われたBGMなど、すべて初CD化となる100曲前後の収録を予定しています。なお付属のブックレットには山本正之×神保正明による最新対談のほか、作品解説、音楽解説なども掲載予定。発売は9月13日に予定されていますので、当時心弾ませていたアナタなら本作もぜひ!


『闘士ゴーディアン』オリジナル・サウンドトラック(BSCH-30048 \2,600(税込))
01. 闘士ゴーディアン (TVサイズ) (塩見大治郎)
02. 明日に向かって走れ (TVサイズ) (塩見大治郎)

オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自己の確立とムードの追求――KIKUMARU『711』[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』
[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現
[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』
[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015