ニュース

テクノ歌謡アイドル“キララとウララ”の唯一作が復刻!細野晴臣、所ジョージら参加

2007/01/24掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 メンバーのキララがかつて小室哲哉と結婚していたことでも知られる、アイドル・デュオ“キララとウララ”の唯一作『ダブル・ファンタジー』(写真)がついに復刻決定! 中古市場でかなりの額で取り引きされているという“お宝盤”がいよいよ復刻されます。

 “キララとウララ”は、大谷香奈子(キララ)と天野なぎさ(ウララ)によるアイドル・デュオで1984年にデビュー。活動期間は約3年で、当時清涼飲料のCM曲となった「多感期のフラミンゴ」のほか、加護亜依と辻希美によるW(ダブルユー)がカヴァーしたことで知られる「センチ・メタル・ボーイ」など、テクノ歌謡スタイルのアイドルとして活躍していました。

 今回発売される『ダブル・ファンタジー』は85年に発表された唯一のアルバムで、作家陣には、細野晴臣EPO井上大輔所ジョージが参加。またバック・ミュージシャンにはティン・パン・アレー系の吉川忠英浜口茂外也などが参加しています。今回の復刻盤(VSCD-3745 \2,625(税込))では、アルバム未収録のシングル収録曲をボーナス・トラックとして追加し“キララとウララ”のコンプリート盤として発売します。リリースは3月21日に予定されていますので、テクノ歌謡/アイドル・ファンならぜひ!


『ダブル・ファンタジー』(VSCD-3745 \2,625(税込))
01. スターダスト・ハリケーン
02. 夢・不思議いかが
03. ピュア・ドロップス
04. タキシード・ムーンで朝食を
05. バイキング
06. センチ・メタル・ボーイ
07. 多感期のフラミンゴ (Version2)
08. 素敵なラジオスター
09. 夢の近くで
10. さよならにグッド・ラック

≪ボーナス・トラック≫
11. 恋のアドリヴ
12. 多感期のフラミンゴ
13. バイキング
14. ラブ・アドベンチャー
15. Love Adventure (English Version)
16. パックンたまご!〜空からたまごが降ってきた〜
17. パックンたまご!〜空からたまごが降ってきた〜 (インストルメンタル・バージョン)
18. ブインブインブイン
19. BINBO’86
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015