ニュース

劇場用アニメ『鉄人28号 白昼の残月』がDVD化!海洋堂製フィギュア付き限定盤もあり

2008/04/28 18:55掲載
はてなブックマークに追加
 “大人のためのアニメーション”として高い評価を得た、今川泰宏監督のTVアニメ版(2004年)のコンセプトを継承した劇場用アニメーション作品『鉄人28号 白昼の残月』がDVD作品としてリリース! キングレコードより5月21日に発売されます。

 数回にわたりアニメ化された『鉄人28号』ですが、今川泰宏監督のTVアニメ版では、横山光輝の原作漫画が連載された昭和30年代という時代性を取りいれ、また原作にない新しい解釈をストーリーに加え、重厚なドラマとして再構築。骨太のヒューマン・ドラマとして高い評価を得ています。

 本作はそのTV版のコンセプト/世界観を引き継ぎながら、オリジナル・ストーリーとして展開していくもので、少年探偵・金田正太郎と鉄人28号の前に現れた同姓同名の義兄“ショウタロウ”との哀しき運命が描かれています。

 DVDは通常盤(KIBA-1528 税込5,460円)と、数量限定のREVOLTECH SPECIAL EDITION(KIBA-91528 税込7,560円)の2タイプ。いずれも映像特典として予告編、特報、TVスポット、美術ボードのほか、TVシリーズの第1話イントロダクションや全予告編なども収められる予定。またREVOLTECH SPECIAL EDITIONには、海洋堂の人気アクション・フィギュア・シリーズ“REVOLTECH”の「鉄人28号 DVD Version」、完全徹底攻略本(シナリオ完全収録)、プレスシート(縮小復刻版)、上映プリント・フィルムが同梱されます。

 すべての劇中音楽を伊福部昭のクラシックを使用していることでも話題を呼んだ本作。鉄人ファンならぜひともお手元に!




●『鉄人28号 白昼の残月』
通常盤(KIBA-1528 税込5,460円)
数量限定のREVOLTECH SPECIAL EDITION(KIBA-91528 税込7,560円)

≪あらすじ≫
太平洋戦争が終結して約10年――日本人は哀しみを超え、力強い復興を続けていた。そして首都東京では少年探偵・金田正太郎と鉄人28号が活躍し、幾多の難事件を解決し続けていた。ある日、不発弾を狙う怪ロボットと激しい争奪戦のさなか、謎の男が現れて鉄人を見事に操縦し、敵を撃滅していった。それは敗戦後にずっと行方不明となっていた同姓同名の義兄“ショウタロウ”であった。正太郎とショウタロウの哀しき運命の歯車が回り始めた……。

≪仕様≫
石川晋吾 描き下ろしイラストジャケット

≪封入特典≫
・プレスシート(縮小復刻版オールカラー8ページ)

≪映像特典≫
〔劇場版〕予告編/特報/TVスポット/美術ボード
〔TVシリーズ〕第一話イントロダクション・ノンテロップOP/番宣スポット/全予告編

≪初回特典:通常盤≫
・装丁:石川晋吾 豪華描き下ろしボックスパッケージ/ピクチャーレーベル
・封入:白昼の残月・完全徹底攻略本(シナリオ完全収録・全110ページ)/上映プリントフィルム

≪封入特典:REVOLTECH SPECIAL EDITION≫
・REVOLTECH 鉄人28号 DVD Version
・白昼の残月・完全徹底攻略本(シナリオ完全収録・全110ページ)
・プレスシート(縮小復刻版オールカラー8ページ)
・上映プリントフィルム

≪スタッフ≫
監督・脚本・絵コンテ : 今川泰宏
原作 : 横山光輝
キャラクターデザイン・作画監督 : 石川晋吾
キャラクターデザイン : なかむらたかし
作画監督 : 櫻井邦彦
美術監督 : 松本浩樹
撮影監督 : 土田栄司
企画 : 大月俊倫 / 真木太郎
音響監督 : 本田保則
音楽 : 伊福部昭

≪声の出演≫
くまいもとこ粟野史浩牛山茂稲葉実石塚理恵幹本雄之若本規夫中村正西村知道内海賢二鈴木弘子 麦人仲木隆司関智一石森達幸鈴木勝美

(c)光プロダクション/鉄人計画2007
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015