ニュース

竹内まりやがニューアルバムを発表! 大滝詠一とのデュエットも!!

2003/08/18掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 毎週日曜日の午後2時と言えば、東京FMの長寿番組『山下達郎のサンデーソングブック』! 山下達郎のレコード棚から、氏のセレクトでお届けする“棚から一掴み”のコーナーや、大滝詠一やエルヴィス・プレスリー、そして野球についてディープな世間話をお届けする毎年恒例の“新春放談”などなど、レコード・コレクターの日本代表、山下達郎が、絶対に他所では聴けない素敵なオールディーズを聴かせてくれるありがたい番組ですが、中でもファンに人気なのが、奥方の竹内まりやをゲストに招く “夫婦放談”です。ここではカラオケ素材を使って竹内まりやがオールディーズの曲を歌うといった、余興ではもったいない好企画があって、これが反響を呼び、なんと竹内まりやの全曲オールディーズのカヴァーアルバムが誕生することになりました!! 発売は10月29日。タイトルは『Longtime Favorites』(WPCL-10045 ¥2,940(税込))です。

 編曲、サウンドプロデュースはもちろん山下達郎。加えて服部克久先生も参加! 未だ収録曲は発表されていませんが、そもそも自作曲もオールディーズ・テイストに溢れている彼らだけに、選曲のセンスは抜群! さらに日本を代表するオールディーズ番長、大滝詠一先生(写真は新曲「恋するふたり」)とのデュエット曲「SOMETHIN’STUPID(恋のひとこと)」(オリジナルはフランク・シナトラ&ナンシー・シナトラ)も収録予定! なんだか凄いことになってますね! 

 単に“オールディーズ”と言っても、古い音楽を総称した呼び名なので(通常は米国の60年代のヒットソングを指しますが)ジャンルは様々。今回は日本語ヴァージョンを含む米国のヒットソングから、ボサノヴァ、カンツォーネまで、幅広くワールド・ミュージックとしてのオールディーズもカヴァーするとのことなので、今までにない竹内まりやが聴けそうです。なんでも、聞いた話によると竹内まりやは、自宅ではザ・バンド系しか聴かない渋線ロックファンらしいので、ぜひとも彼女が歌うカントリーロックを聴いてみたいものですがどうでしょうかね? とにもかくにも。ナイアガラファンには感涙のこのニュース。詳細が決まり次第、またこちらのページに掲載しますので、お楽しみに!!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015