ニュース

妻夫木聡、池松壮亮、石井裕也監督が登壇、『ぼくたちの家族』日本外国特派員協会試写会が開催

妻夫木聡   2014/05/14 14:51掲載
はてなブックマークに追加
妻夫木聡、池松壮亮、石井裕也監督が登壇、『ぼくたちの家族』日本外国特派員協会試写会が開催
 さる5月13日(火)、映画『ぼくたちの家族』(5月24日公開)の日本外国特派員協会試写会が開催。会場には、会見直前に作品を鑑賞した記者約100名が待つ中、本作の主演をつとめた妻夫木 聡池松壮亮、そして石井裕也監督の3人が登場。盛大な拍手によって迎えられた3人は、「日本の家族がテーマとなっている作品を海外の人々がどう捉えるのか、楽しみにしていた」と、会見を開くことができた喜びを語りました。

 記者からの質問の中でも、やはりメインで質問に上がるのは“日本の家族”というテーマ。そもそも、なぜ今回“家族”というテーマでの映画作りを思いついたのかについて石井監督は、「良くも悪くも、家族というのは、今の日本社会の縮図になっていると思うんです」と、石井監督。「家族=日本社会ということは、今、日本で家族と共に暮らしている自分自身に向き合うということにもつながると思うんです。20代最後の総決算として、この映画を撮らなければならないと思いました」と語る。

 また、妻夫木は、「人って、やっぱり理想の家族に向って進もうと頑張るけど、完璧な家族なんてどこにもいなくて。どこかに何かしら問題を抱えていると思うんです。でも、この映画に参加させていただいたことで、“それでもいいんだ”と言ってもらえた気がしまして……救われました」と、演じた側からの気持ちを明かしています。

 また今回〈モントリオール世界映画祭〉への出品が決定、意気込みを聞かれると「行きたいですね!」と、妻夫木は興奮気味にコメント。「この映画、本当に大好きな作品なんです! 描かれているテーマも日本の家族というところで、海外の人がどんな反応なのか、気になりますね」と言いつつも、まだ参加については言葉を濁す様子に、池松は「兄貴(妻夫木)が行かないなら自分も行かない」と会場の笑いを誘いながら、「作り手側にも家族がいて、映画を観る側にも家族がいて。その家族のつながりが、海外ではどうやって広がっていくのか、楽しみだと思います」(池松)。石井監督は、「海外という外の世界から日本を見つめ直す、いい機会になると思います」とコメントしています。

最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作
[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作
[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝![インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作
[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015