ニュース

原 雅明が手がける新番組「Tokyo Tangents」がRed Bull Radioでスタート

2018/07/20 12:26掲載
はてなブックマークに追加
原 雅明が手がける新番組「Tokyo Tangents」がRed Bull Radioでスタート
 ワールドワイドに良質な音楽を紹介するネットラジオ「Red Bull Radio」にて、音楽ライター・原 雅明による新プログラム「Tokyo Tangents」がスタート。日本時間7月26日(木)午前8:00より配信が開始されます。

 日本の音楽への関心が高まる中、海外に向けて日本の音楽を紹介する同番組は、毎回異なるテーマを設けて様々な角度から日本の音楽シーンを掘り下げます。番組は毎月1回更新。2時間のプログラムがオンラインで常時視聴可能です。

 番組を担当する原 雅明は、これまでにレーベル「HEADZ」の設立や雑誌「FADER」の創刊、トータスをはじめとする海外アーティストの招聘、〈Low End Theory〉などの音楽イベント、ワークショップの開催を手がけ、現在は各種音楽雑誌、ライナーノーツ等に寄稿する傍ら、レーベル「rings」のプロデューサーとして、rei harakamiの主要アルバムの再発などを手がけるほか、LAの非営利ネットラジオ局「dublab」の日本ブランチ「dublab.jp」の運営やDJ / 選曲活動を通して、都市や街と音楽との新たなマッチングも追求しています。2018年3月には“80年代以降のジャズ”について掘り下げた論考集『Jazz Thing ジャズという何か〜ジャズが追い求めたサウンドをめぐって 』(DU BOOKS)を刊行。

 番組第1回目のテーマは“日本のアンビエント / サウンドスケープの系譜”。現代音楽、ジャズ、ポップ、テクノ、エレクトロニカなど様々なジャンルのアーティストがアプローチし、独自の進化を遂げた日本のアンビエント。番組ではその系譜を辿ります。

Red Bull Radio
「Tokyo Tangents」

2018年7月26日(木)
8:00〜
※日本時間
www.redbullradio.com/shows/tokyo-tangents
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015