ニュース

阿久 悠が夏の甲子園“敗者”に向けて綴った連載「甲子園の詩」朗読CD化

阿久悠   2018/07/19 13:35掲載
はてなブックマークに追加
 作詞家・阿久 悠が、“夏の甲子園”こと〈全国高等学校野球選手権大会〉の期間中毎日、その日最も印象に残った試合の“敗者”に対してのメッセージを綴り、1979年から2006年に亘って「スポーツニッポン」紙に連載された「甲子園の詩」を朗読CD化した、5枚組BOX『甲子園の詩〜敗れざる君たちへ〜』(TECS-10745 10,000円 + 税)が7月18日にリリースされています。

 〈全国高等学校野球選手権大会〉が第100回を迎える2018年にリリースされる本作は、俳優 / 声優の神 太郎と渡辺克己による詩の朗読やナレーションに加え、フリー・アナウンサー山田 透による実況も交えたラジオ・ドキュメンタリー風の構成となっており、全55篇・試合を収録しています。

拡大表示拡大表示


■2018年7月18日発売
甲子園の詩〜敗れざる君たちへ〜
5CD TECS-10745 10,000円 + 税
構成台本: 野尻靖之 / 吉村幹彦
朗読 / ナレーション: 神 太郎 / 渡辺克己
実況: 山田 透

www.teichiku.co.jp/catalog/others/2018/TECS-10745.htm
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは
[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』
[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015