ニュース

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ、1961年の初来日公演最終日の模様を収録するライヴ盤が発売

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ   2021/09/15 13:52掲載
はてなブックマークに追加
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ、1961年の初来日公演最終日の模様を収録するライヴ盤が発売
 アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ(Art Blakey & The Jazz Messengers)が1961年に行なった初来日公演の模様を収録する未発表ライヴ・アルバム『ファースト・フライト・トゥ・トーキョー』が、11月5日(金)に全世界同時発売されます。発売に先がけ、先行トラック「モーニン」が配信中。

 アルバムはツアー最終日の1月14日、東京・日比谷公会堂公演を収録したもので、メンバーはアート・ブレイキー(ds)とリー・モーガン(tp)、ウェイン・ショーター(ts)、ボビー・ティモンズ(p)、ジミー・メリット(b)という最強の布陣。「モーニン」「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」「チュニジアの夜」などを演奏しています。

 収録音源は、来日公演を追ったドキュメンタリー映画『黒いさくれつ』用に記録されたもので、映画は権利の問題でお蔵入りとなってフィルムが破棄され、それ以降マスターテープの所在も不明となっていましたが、2017年に映画スタッフの遺品からテープが発見。数年間にわたるリサーチの末、米国ブルーノート・レコードから全世界リリースされることとなりました。

 ブックレットには、ブルーノート・レコード社長のドン・ウォズよるウェイン・ショーターへのインタビューのほか、当時を知るサックス奏者の渡辺貞夫や音楽評論家の湯川れい子のインタビュー、テープ発掘者である根本隆一郎の寄稿などが掲載されます。日本盤はSHM-CD 2枚組と高音質SA-CD〜SHM仕様〜の2形態でのリリースです。



拡大表示

©Hozumi Nakadaira

ユニバーサル ミュージック
www.universal-music.co.jp/art-blakey
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015