ニュース

ビル・エヴァンスの未発表ライヴ音源が登場!

ビル・エヴァンス(p)(Bill Evans)   2012/04/06 17:48掲載
はてなブックマークに追加
ビル・エヴァンスの未発表ライヴ音源が登場!
 名盤『ワルツ・フォー・デビイ』の録音50周年を記念して、CD3枚組の『ワルツ・フォー・デビイ【完全盤】』やトリビュート作、チック・コリアエディ・ゴメスポール・モチアンによるトリビュート・ライヴのCDなどがリリースされたビル・エヴァンス・イヤーだった2011年の熱も冷めやらぬなか、なんとビル・エヴァンス(Bill Evans)の未発表ライヴ音源が発表されます。

 1968年10月23日にニューヨークのジャズ・クラブ、ヴィレッジ・ゲイトの上の階にあったトップ・オブ・ザ・ゲイトでのライヴを曲順もそのまま収録する『ライブ・アット・トップ・オブ・ザ・ゲイト』(KKJ-1003 税込み3,200円)は5月20日の発売。メンバーは、エヴァンスのほかスコット・ラファロの後を継ぎ、11年にわたってエヴァンスを支えたエディ・ゴメスと、マーティ・モレル。73年の初来日公演時と同じメンバーで、「枯葉」や「イン・ア・センチメンタル・ムード」といったスタンダード・ナンバーをはじめ、自作曲や66年に発表されたばかりだったバート・バカラックの「アルフィー」など、多彩な楽曲を演奏しています。

 また、CDの発売に先がけて4月25日に発売されるアルバムから4曲を抜粋して収録する1500枚限定の10インチ・アナログ盤と、CDと同時発売でバーニー・グランドマンがマスタリングした3000枚限定の3枚組LPも発売される予定です。


※5月20日発売
ビル・エヴァンス
『ライブ・アット・トップ・オブ・ザ・ゲイト』
(KKJ-1003 税込み3,200円)

[収録曲]
DISC-1
01.Emily
02.Witchcraft
03.Yesterdays
04.Round Midnight
05.My Funny Valentine
06.California Here I Come
07.Gone With The Wind
08.Alfie
09.Turn Out The Stars

DISC-2
01.Yesterdays
02.Emily
03.Round Midnight
04.In A Sentimental Mood
05.Autumn Leaves
06.Someday My Prince Will Come
07.Mother Of Earl
08.Here's That Rainy Day

[演奏]
ビル・エヴァンス(p)
エディ・ゴメス(b)
マーティ・モレル(ds)

[収録]
1968年10月23日 ニューヨーク“トップ・オブ・ザ・ゲイト”
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015