ニュース

BRATSが中心となった東アジアを結ぶオンライン・ライヴ開催

BRATS   2020/12/14 13:11掲載
はてなブックマークに追加
BRATSが中心となった東アジアを結ぶオンライン・ライヴ開催
 重いギター・サウンドに、鋭く伸びのあるヴォーカルが攻撃的な姿勢を貫くオルタナティブ・ロック・バンド“BRATS”(ブラッツ)が、2021年1月10日(日)に開催されるオンライン・イベント〈Ambitious Girls Rock〉に出演することを発表しています。

 BRATSは、ロック・スピリット溢れる10代のカリスマ・黒宮れいが、2011年8月、10歳の時にヴォーカルとなり、姉の黒宮あや(b)と立ち上げたオルタナティブ・ロック・バンド。バンド結成から6年後の2017年に、紆余曲折がありながらネオ・グランジを追求した次世代ガールズ・ロック・バンドとして覚醒し、重いギター・サウンドに、鋭く伸びのあるヴォーカルが攻撃的に迫る「アイニコイヨ / 脳内消去ゲーム」で同年6月にCDシングル・デビューしました。ライヴ動員も数を重ねるごとに増やしており、今年1月には初のアメリカ公演を成功させています。また、1月より毎月8ヵ月連続で怒涛の全世界デジタル・リリースを行ない、9月にはそれらの配信された楽曲を含むメジャー・デビュー・アルバム『Karma』をリリースしています。

 〈Ambitious Girls Rock〉は、東アジアの国々の女性ヴォーカルのロック・バンドが出演するオンライン・イベント。“アジアのバンドは凄い!”を欧米などへワールド・ワイドに発信することを目的に「avex entertainment」内に新設されたレーベル「Far East Monster Records」が開催するものです。第1回目は、韓国からRolling QuartzとVINCITの2組を迎え、日本からはBRATSとVelvet Sighsの2組、計4組が出演します。

 今回のストリーミング・ライヴは、YouTube Liveで無料配信され、第1回目は、韓国よりRolling Quartzのオフィシャル・チャンネルをメインに、同じく韓国の音楽番組『Rolling Star TV』でも配信予定。ライヴはそれぞれの国のライヴ・ハウスで交互に行なわれる2元中継となり、日本側のライヴは東京・渋谷TSUTAYA O-Crestとなります。第2回目は、2021年3月に開催予定で、もう1ヵ国、タイのガールズ・バンドの出演が予定されています。今後も、定期開催が予定されており、最終的には東アジアを網羅し世界進出を目指します。

拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


Ambitious Girls Rock 1(Korea-Japan ONLINE)
2021年1月10日(日)13:00(日本時間)より
www.youtube.com/c/ROLLINGQUARTZofficial
www.youtube.com/channel/UCo_CS0TknDlW2_yJDOv1lgA

〈Ambitious Girls Rock 1〉有観客生配信ライヴ
東京 渋谷 TSUTAYA O-Crest
開場 13:00 / 開演 13:30
入場チケット料金: 前売 3,800円(要ドリンク代)
入場チケット発売: 12月5日(土)昼12:00よりイープラス、ローソンチケットにて
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015