ニュース

ノルウェーのピアノ・トリオ、エスペン・バルグ・トリオが新作を携えて来日公演を開催

エスペン・バルグ・トリオ   2019/03/18 12:24掲載
はてなブックマークに追加
ノルウェーのピアノ・トリオ、エスペン・バルグ・トリオが新作を携えて来日公演を開催
 ノルウェーで今最も注目を浴びるピアニストのひとり、エスペン・バルグ(ESPEN BERG)が、バルー・ライナット・ポウルセン(b)、シーモン・オルダシュクーグ・アルバートシェン(ds)と組むエスペン・バルグ・トリオによる3rdアルバム『フリー・トゥ・プレイ』(BG-011 2,400円 + 税)を3月27日(水)にリリース。同作を携えて、5月31日(金)神奈川・藤沢市民会館 第1展示集会ホール、6月1日(土)東京・新宿文化センター 小ホールにて来日公演を開催します。

 エスペン・バルグ・トリオは、2015年に1stアルバム『モンステル』をリリース。リーダーのバルクは、2016年にノルウェー最大のミュージック・アワード〈JazZtipendiatet〉を受賞するなど、国内外で高い評価を得ています。最新作は、トリオのコンセプトである美しい旋律の創造とリズムの探求を継承しつつ、よりダイナミックなコンビネーションとインタープレイを披露。チェレスタを用いた幻想的でアンビエントなオープニング・ナンバー「MONOLITT」や、アルメニアのピアニスト、ティグラン・ハマシアンにインスパイアされたアグレッシブなリズムの「MEANWHILE IN ARMENIA」、初のスタンダード・カヴァーとなった、日本盤限定ボーナストラック「BODY AND SOUL」など全10曲を収録しています。録音はスウェーデンにある世界屈指のレコーディング・スタジオ“Nilent Studio”で行なわれ、メイン・エンジニアはドイツの高質レーベル「ACT」の作品などを多数手がけるラーシュ・ニルソンが担当。北欧特有の透明度の高い美しいパフォーマンスを通して、北欧文化とトリオの世界観を表現しています。

拡大表示

Photo by Christina Undrum Andersen

■2019年3月27日(水)発売
エスペン・バルグ・トリオ
フリー・トゥ・プレイ

CD BG-011 2,400円 + 税

[収録曲]
01. MONOLITT
02. SKRIVARNESET
03. KESTREL
04. CAMILLAS SANG
05. GOSSIPEL
06. EPISK - AGGRESSIV SYNDROM
07. 'OUMUAMUA
08. MEANWHILE IN ARMENIA
09. FURUBERGET
10. BODY AND SOUL


エスペン・バルグ・トリオ ジャパン・ツアー 2019
〜北欧の透明なときを求めて〜


5月31日(金)
神奈川 藤沢市民会館 第1展示集会ホール
※お問い合わせ: 藤沢市民会館 0466-23-2415

6月1日(土)
東京 新宿文化センター 小ホール
※お問い合わせ: 新宿文化センター 03-3350-1141

[メンバー]
エスペン・バルグ(p)
バルー・ライナット・ポウルセン(b)
シーモン・オルダシュクーグ・アルバートシェン(ds)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015