ニュース

ゲイリー・ムーアの新作、日本発売決定

ゲイリー・ムーア   2006/05/02掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ゲイリー・ムーアの新作『オールド・ニュー・バラッズ・ブルース』(写真)が、日本でも発売されることになりました。国内盤(VICP-63480 税込\2,520)はビクターエンタテインメントより6月21日の発売予定です。

 今回もブルース・アルバムとなっているこの新作、海外ではUS盤UK盤ともに発売済み。オリジナル曲とカヴァーがほぼ半々の割合で構成されており、『スティル・ゴット・ザ・ブルーズ』(90年)収録の「ミッドナイト・ブルーズ」と「オール・ユア・ラヴ」をリメイクしていることも話題のひとつです。基本的なレコーディング・メンバーはジョン・ノイス(b)、ダリン・ムーニー(ds)、ドン・エイリー(key/ディープ・パープル)。あの素晴らしいギターのトーンはまだまだ健在ですので、日本発売を待っていた方はチェックをお忘れなく。

 ところで国内盤も発売されることですし、どこかのプロモーターさん、日本に呼んでもらえませんか?

●『オールド・ニュー・バラッズ・ブルース』収録曲
※( )内は作者
01. Done Somebody Wrong (Elmore James)
02. You Know My Love (Willie Dixon)
03. Midnight Blues 2006 (Gary Moore)
04. Ain't Nobody (Gary Moore)
05. Gonna Rain Today (Gary Moore)
06. All Your Love 2006 (Otis Rush)
07. Flesh And Blood (Gary Moore)
08. Cut It Out (Gary Moore)
09. No Reason To Cry (Gary Moore)
10. I'll Play The Blues For You (Jerry Beech)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015