ニュース

新世代シンセ・ポップ・アーティスト、ジョージアがロスタムをプロデューサーに迎えた新作を発表

ジョージア(ELECTRO POP / GBR)   2023/03/31 16:31掲載
はてなブックマークに追加
新世代シンセ・ポップ・アーティスト、ジョージアがロスタムをプロデューサーに迎えた新作を発表
 ゴリラズムラ・マサとのコラボレーションでも知られる新世代エレクトロ / シンセ・ポップ・アーティスト、ジョージア(Georgia)が、ニュー・アルバム『Euphoric』を7月28日(金)に発表します。ハイムチャーリーXCXなどを手がけ、元ヴァンパイア・ウィークエンドのメンバーでもあるロスタムがプロデュースを担当。ジョージアが外部プロデューサーを迎えるのは今回が初めてです。アルバムからの先行シングル「It's Euphoric」が公開中です。

 これまでに発表した2枚のアルバムをベッドルームで制作したジョージアにとって、今作で重要だったのは、物理的にも感情的にも新しい空間を見つけることでした。「セルフプロデュースのミュージシャンは、一つのことや一つの場所に固執してしまう」と語る彼女は、何より冒険を求めていました。そんな時期に、ムラ・マサとジョージアのコラボ・シングル「Live Like We're Dancing」を聴いたロスタムがジョージアにDMを送り、ジョージアはロスタムのいるロサンゼルスに向かいました。

 長年、セルフプロデュースで活動してきたジョージアは、ロスタムとの共同作業の中で、作曲のプロセスで重要なのは、コントロールを放棄する術を身につけることだと知りました。ジョージアは、新作を一言で表せば「surrender(降伏)」だと言います。「自分の問題、過去、欠点」を受け入れ、「癒し」に身を委ねることで、アルバムの制作を通して、自分をあらゆる制約のない完全なる解放へと導くことができたと語っています。

 公開された先行シングル「It's Euphoric」のミュージック・ビデオは、双子のクリエイティヴ・デザイナー、ファ&フォン(Fa & Fon)が監督を手がけました。印象的なベースラインから始まり、穏やかな快感に導かれながら、ジョージアの遊び心とメロディ・センスが楽しめるこの曲は、ロスタムとジョージアが初めて一緒に書いた曲で、アルバムを包み込む色彩豊かなサウンドスケープは、この曲で方向付けられました。


Photo by Will Spooner
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] CYPRUS オーストラリア出身のバイリンガルラッパー メロウでポップなEPをリリース[インタビュー] 橋本徹(SUBURBIA)コンパイラー人生30周年記念 ベスト・オブ・ベスト・コンピレーション
[インタビュー] マイアミ・ソウルの秘宝クラレンス・リード TKプロダクション期をコンパイル [対談]黒田大介×the Shark[インタビュー] kiki vivi lily 豪華メンバーが集結した待望のニューEP
[インタビュー] 今、最も目が離せない!ガールズ・バンドの急先鋒、THE LET[インタビュー] “沖縄の音楽”を今の視点でアーカイヴ化。5枚組ボックス・セット『沖縄の音楽 記憶と記録』
[インタビュー] 浅利史花  気鋭のジャズ・ギタリストが、伝説のギタリスト、エミリー・レムラーに捧げる新作を発表[インタビュー] 紫 日本のロックの礎を築いた沖縄のバンドが、Char、BOWWOW G2とともに伝説のライヴを再現
[インタビュー] 走り続けるtha BOSS、2作目のソロ・アルバム完成[インタビュー] KERA、還暦記念ライブ直前インタビュー(よりぬき版)
[インタビュー] illiomote 新たなモードのサウンドを詰め込んだEP[インタビュー] ピアノYouTuberみやけん 待望の3rdアルバム!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015