ニュース

ジェラルド・クレイトン、ヴィレッジ・ヴァンガードで収録のライヴ盤をリリース

ジェラルド・クレイトン   2020/06/01 13:32掲載
はてなブックマークに追加
ジェラルド・クレイトン、ヴィレッジ・ヴァンガードで収録のライヴ盤をリリース
 ジャズ・ピアニストのジェラルド・クレイトン(Gerald Clayton)が名門レーベル「ブルーノート」に移籍後初のアルバム『ハプニング 〜ライブ・アット・ジ・ヴィレッジ・ヴァンガード』(CD UCCQ-1126 2,600円 + 税)を7月10日(金)に発表します。米ニューヨークの伝説のジャズ・クラブ、ヴィレッジ・ヴァンガードで2019年4月に行なわれた6日間、計12セットのライヴからオリジナル曲とカヴァーの計7曲を収録。収録曲の「リジューヴァネイション・アジェンダ」が先行配信されています。

 カヴァーで収録されるのは、デューク・エリントンの「テイク・ザ・コルトレーン」、バド・パウエルの「セリア」、スタンダードの「ボディ・アンド・ソウル」で、ジェラルド・クレイトン(p)のほか、ローガン・リチャードソン(as)、ウォルター・スミス3世(ts)、ジョー・サンダース(b)、マーカス・ギルモア(ds)が演奏しています。

 ビル・エヴァンスジョン・コルトレーンらが名盤を録音したことでも知られるヴィレッジ・ヴァンガードと『ハプニング』というアルバム・タイトルについて、クレイトンは「ここは音楽にとってとても特別で神聖な場所。不思議なことにここにいると、これまでここで起こったことを肌で感じられるような気がする」「この音楽が生きていること、一年を通してたくさんの出来事が起きていること、そしてヴィレッジ・ヴァンガードでの演奏がそれらの出来事の中でも特に特別なものであることを強調するために、私はこれをハプニングと呼んだ」と語っています。

 また、ブルーノートの社長、ドン・ウォズは「ジェラルド・クレイトンは今日活動する中で最も優れた個性的で革新的なピアニストの一人です。彼はロイ・ハーグローヴからチャールズ・ロイドまで、さまざまなジャズの伝説とのレコーディングを経験していて、また、ハーモニーの達人でもある彼のソロ作品は、想像力に富んだ好奇心が旺盛で、とても面白いと感じています。私たちは彼をブルーノート・ファミリーに迎えることができてわくわくしています」とコメントしています。

©Lauren Desberg



ユニバーサル ミュージック
www.universal-music.co.jp/gerald-clayton
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015