ニュース

萩原健一が主演、サスペンス映画の傑作『誘拐報道』初DVD化

萩原健一   2015/08/25 14:35掲載
はてなブックマークに追加
萩原健一が主演、サスペンス映画の傑作『誘拐報道』初DVD化
 公開から33年を経て“幻の傑作”がHDリマスターで甦る、萩原健一の主演作『誘拐報道』(1982年)が初DVD化を果たし10月21日(水)に発売されます。レンタルも同日よりスタート。

 ――少年が学校の帰り道で誘拐された。犯人は少年と同じクラスの少女の父だった。商売に失敗し、サラ金に手を出した彼は、思い余って医者である少年の親から身代金を奪うために少年を誘拐してしまう。犯人は、警察や家族には“少年を殺す”と脅していたが、実際には少年を傷つける事はできず、刻々と追い詰められていった――。

 実際の誘拐事件を読売新聞大阪本社社会部が取材したドキュメントが原作となった、サスペンス映画『誘拐報道』。誘拐した犯人側の家族、被害者側の家族、さらには警察と報道機関の間で交差するそれぞれの思惑までをも描き、事件のやりきれなさが迫りくる傑作。主演の萩原健一は役作りのために10キロ減量、追い詰められた誘拐犯を鬼気迫る演技で表現しています。

(C)日本テレビ・東映
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015