ニュース

<情熱大陸 SPECIAL LIVE>東京公演をレポート!

葉加瀬太郎   2012/08/13 16:16掲載
はてなブックマークに追加
<情熱大陸 SPECIAL LIVE>東京公演をレポート!
 今年で11年目を迎えるフェス、<情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA'12>が8月11日(土)、東京都・夢の島公演陸上競技場で開催。愛知、大阪に続いて3ヵ所目となる東京では、全16組のアーティストが登場。情熱大陸だからこそ実現したコラボなど、見どころ満載のパフォーマンスに!

 オープニング・アクトをつとめるのは沖縄・石垣島出身の女性ユニット、やなわらばー。透明感ある歌声にギターと三線が創りだす音楽で「空をこえて 海をこえて」など3曲、まるで沖縄の海を思い起こさせる演奏でオーディエンスの心を晴れやかに。

 オープニング・アクト後に現れたのは情熱大陸フェスのオーガナイザー、葉加瀬太郎。ビールを片手に「ちぃーっす!」と登場、「昨年は10周年、皆さんのお陰で新たな10年を迎えることができます!」と感謝の気持を語り、ほぼ初回から参加しているSing Like Talking佐藤竹善押尾コータローをステージに呼び込み「今日は思いっきり楽しんでいって下さい!」と乾杯の音頭が合図となって、フェスはスタート!

情熱大陸 SPECIAL LIVE

 トップは、夏のイベントの女王こと渡辺美里。会場アナウンスでアーティスト名がコールされた途端、会場は総立ち! そして1曲目「My Revolution」の前奏が流れるとオーディエンスは早くも興奮。初参加となった渡辺美里でしたが、「夏、野外、情熱といったら、私が伺わなくてどうする?」とパワフルなステージで本領発揮。「一度出たら最後。来年、再来年もよろしくお願いします(笑)!」との葉加瀬の呼びかけに、「今日からこのご縁が始まるという嬉しい思いと共に!」と、「始まりの詩、あなたへ」を熱唱。ラスト・ナンバーでは葉加瀬と竹善が参加し、夏の定番ソング「サマータイムブルース」。

渡辺美里

 情熱大陸フェス2回目の出演となるRakeは、ヒット曲「100万回の「I love you」」をはじめ3曲を熱唱し、力強いメッセージと歌声はオーディエンスを一気に惹き込む。MCでは「震災もそうだけど、仕事や人間関係で上手くいかないことがたくさんある。そんな時にたくさんの仲間に囲まれ、つながっているということを思い出して欲しい」と熱いメッセージをおくりました。

Rake

 情熱大陸フェス最多出場記録を持つSing Like Talking。抜群の安定感で大人のステージを披露。初っぱなから、代表曲「Joy」を葉加瀬と共に演奏し、大人の魅力全開で会場をクールダウン。3曲目には再び葉加瀬を招き入れ、東日本大震災復興支援ソング「Luz」を披露。演奏前には青森の復興が遅れていることを訴え、「復興が遅れている中、毎日を力強く生きている人や、義援金を送ってくれたアフリカの人たちを思って作った」と楽曲への思いを語り、軽快なアフリカのビートに乗せて演奏がスタート。楽曲のスケールの大きさと、竹善の包容力ある歌声、そして珍しくコーラスで参加した葉加瀬の力強いボイスが優しく会場を包み込みました。

Sing Like Talking

 昨年に引き続き5回目の出演となる元ちとせは、葉加瀬と共に、名曲「ワダツミの木」。独特のこぶしを効かせたファルセットと伸びのある歌声、そして葉加瀬の奏でるヴァイオリンに会場が魅せられ、穏やかながらも熱いステージ。

元ちとせ

 昨年に引き続き2度目の出場となるナオト・インティライミは「今日は曇っているから、遠慮なく皆さんをぶち上げちゃっていいですか?」の言葉の通り、真夏の太陽を思わせるアッパー・チューン「おまかせピーターパン」で会場を一気にヒートアップ。3曲目の「愛してた」の前には「僕の大好きなアニキ、タロウ・インティライミ」と葉加瀬をステージに呼び込むと、今日のナオトと同じく、テンガロンハットに白シャツ、ベストを着た葉加瀬が登場! 会場を笑いの渦へ。ただ、演奏がはじまれば、美しくも切ないメロディとナオトの優しい歌声、そして葉加瀬が奏でる繊細で優しい音色がオーディエンスを飲み込んでいく。最後の楽曲「カーニバる?」では、明るく軽快なリズムにのった歌声が涼やかな風となって会場へ。

ナオト・インティライミ

 今年が初参加となるNIKIIEは、透明感のある歌声と軽快なピアノが爽やかな空気を作り出し、デビュー曲「春夏秋冬」や「カナリア」など3曲を演奏。夏の熱さを忘れるほどに涼しげなパフォーマンスにうっとり。

NIKIIE

 東京では初参加となるJUJU、1曲目からヒット曲「素直になれたら」でその世界観にオーディエンスを引き込む。MCでは「このステージに入れることが嬉しい」と情熱大陸フェスに参加できる喜びを語り、そして葉加瀬がステージに登場。2人はコラボで「明日がくるなら」をパフォーマンス。R&Bテイストのメロディに、切ないほどに愛情溢れるJUJUの歌声、そして葉加瀬のヴァイオリンが化学反応をおこし、甘く切ない大人の演奏を披露。

JUJU

 今年で2度目の参加となるKREVA、「音色」「アグレッシ部」など代表曲を葉加瀬とのコラボで次々と繰り出す。また「OH YEAH」ではナオトも参加し、コール&レスポンスでオーディエンスと一体になり、会場を盛り上げました!

KREVA

KREVA

 続いてはスペシャル企画として押尾コータローと、情熱大陸バンドのバンド・マスター佐橋佳幸がアコースティック・ギターを持って登場。葉加瀬から「ビールが美味しくなるセッションやってよ!」との一言で実現したこのスペシャル・セッションで飛び出したのは、サイモン&ガーファンクル「Mrs.Robinson」のカヴァー。まるで歌っているかのようにギターの音色が心地よいハーモニーを奏でる。途中からナオトと竹善が加わり、美しいハーモニーやヴォーカルのインプロビゼーションの応酬で、さらにその魅力は倍増!

スペシャル・セッション

 真っ白なジャケットにブルーデニムの出で立ちで登場したゴスペラーズ、まずはヒット曲「ひとり」。しっとりとした伸びのある歌声で、会場は落ち着いた大人の雰囲気に一変。そんな中、3曲目「It's Alright〜君といるだけで〜」の前には葉加瀬がお笑い芸人・スギちゃんの衣装で登場し、会場を沸かせる! 「ゴスペラーズとのセッションを楽しみにしていた」とのことで、この曲では葉加瀬がまさかの手拍子のみで参加。4曲目「Soul Ballad-1,2,3 for 5-」はソウルフルに歌いながら踊りまくるゴスペラーズと、葉加瀬の情熱的に奏でるヴァイオリンが絡み合い、ラスト「ラヴ・ノーツ」では押尾コータローも加わり、重厚感溢れるハーモニーが大人のための空間を作り出す。

ゴスペラーズ

 今や常連メンバーとなった藤井フミヤ、情熱大陸フェス定番となった名曲「TRUE LOVE」で一気に会場の雰囲気を変えると、「突然に完全な空前の一目惚れ」。大人の魅力満載なアッパー・チューンでダンス! ファンにとってビッグ・サプライズとなったのは4曲目「ミセスマーメイド」。この懐かしの名曲ではベースとドラムのグルーヴにファルセットのコーラスとフミヤの甘い歌声、完璧なまでのエンタテインメントがそこに。最後は自身の50歳の誕生日、7月11日にリリースしたニュー・アルバム『Life is Beautiful』収録曲を葉加瀬と共に。

藤井フミヤ

 奄美大島出身の男性ユニット、カサリンチュは、タツヒロの優しく美しい声が印象的なヴォーカル&アコースティック・ギター、コウスケのスピード感溢れるヒューマン・ビートボックスで「瞳を閉じれば」など代表曲3曲。「この街に生まれて」ではRake、押尾コータローとのセッションを披露し、彼らのサウンドの可能性をさらに広げるステージとなりました。

カサリンチュ

 鈴木雅之は、野外フェスには不釣り合いな3ピースのスーツにエナメル・シューズの出で立ちで、盟友・桑野信義を伴ってステージに! ここまで数々の七変化を見せた葉加瀬太郎は「Endless Love Eternal Love」のセッションで“鈴木雅之仕様”の出で立ちで登場! 会場へ響き渡る鈴木雅之の切ないほどに甘く優しい歌声は、5曲目「夢で遭えたら」ではスペシャル・コーラスとして参加したフミヤ、竹善、JUJU、NIKIIEらとともに幾重もの表情を作り出し、“大人のための夏フェス”たる真骨頂のステージに!

鈴木雅之

鈴木雅之

 ピアノとカホン(パーカッション)の二人組ユニット、→Pia-no-jaC←は昨年に続き登場、圧巻のステージはもちろん今年も健在! 嵐の如く音の雨をオーディエンスに浴びせたと思えば、繊細で美しいメロディでじっくりと聴かせる。途中から→Pia-no-jaC←そっくりのツナギを着た葉加瀬と共に息のあったカルテットで、最新アルバム『BATTLE NOTES』の収録曲を次々と演奏。彼らのパワフルな演奏は今年もオーディエンスの目にその存在を焼き付けました。

→Pia-no-jaC←

 そして、今年で3回目の出場となる、満を持しての小田和正。そのパワフルなステージで、出演する度に伝説を生み出していますが、今年も、葉加瀬が参加した「ラブ・ストーリーは突然に」ではハンドマイクを持ち客席に降りてオーディエンスとコラボするパワフルなパフォーマンス! 「言葉にできない」ではJUJUと共演、さすがの歌声を響かせました。

小田和正

小田和正

 竹善に次ぐ参加回数となる押尾コータロー、今年はデビュー10周年の全国ツアー中ともあって、先日リリースしたベスト・アルバムの楽曲を中心にオーディエンスを魅了。3曲目の「MOTHER」では“アラフォー・フレンズ”として、葉加瀬、柏木弘樹が登場。3人の匠の技が奏でる妙なる音色。熱いステージが続くなかの、優しいひととき。

押尾コータロー

 そしてオオトリは、情熱大陸のオーガナイザーをつとめた葉加瀬太郎! ほとんどの出演者のステージにゲスト参加した葉加瀬ですが、MCで「もう一度、情熱大陸フェスへの愛を再確認するステージに」と語っただけに、今まで以上にパワフルなステージ! 3曲目「エトピリカ」ではKREVAが途中から参加。ヴァイオリンの音色にKREVAのラップが心地よいほどにハマり、葉加瀬をして「斬新な“エピトリカ”!」と言わしめたそのアレンジは、情熱大陸フェスのこれからの新たな十年を迎えるにふさわしいものへ。そしてラスト・ナンバー「情熱大陸」はラテン・ロック調にアレンジ。その激しいリズムに会場は総立ち!

 ラストは、出演者全員がステージに再び登場し「タイトルのない歌」を合唱、約8時間にも及ぶ熱いステージは無事フィナーレへ。なお、この楽曲は昨年の10周年記念に作曲・葉加瀬、作詞・フミヤで制作された情熱大陸フェスのテーマ曲。葉加瀬の呼びかけにより、過去に情熱大陸フェスに参加したアーティストが再び集結し新たに録音されたもので、現在は各音楽サイトにて配信中。集まった収益は東日本大震災義援金として寄付されるとのこと。

 2012年の情熱大陸フェスはすでに名古屋、大阪、そして東京が終了。残すは8月25日の北海道のみ。こちらもご期待ください!

葉加瀬太郎
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪[特集] アルチザン・筒美京平の魅力 [対論]萩原健太×湯浅 学
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015